7月, 2013年

ラジオNIKKEI 第1【日曜患者学校】に安保雅博教授がラジオ出演いたします。

2013-07-26

ラジオNIKKEI第1【日曜患者学校】
毎月第3・4週の日曜日 21:00~21:30

この番組は、脳卒中からのリハビリテーションに取り組む患者、及び、家族・支援者・医療従事者が集い、自らの経験を語りあい、学びあう学び舎として放送している番組です。

出演日時:平成25年7月21日(日)・7月28日(日)21:00~21:30
放送内容:「脳卒中のリハビリテーション」をテーマにお話しいたします。

※こちらのラジオ番組はインターネット パソコン、スマートフォンなどでお聴きいただけます。

 こちらからご確認ください。

8月もやります!! 入局説明会のご案内

2013-07-23

日時:平成25年8月7日(水)18:00より
場所:慈恵医大 外来棟6階 リハビリテーション科スタッフルーム
申込方法:メールかお電話にてお申込みください。
     E-mail:rehabilika@jikei.ac.jp(リハビリテーション科医局アドレス)
     TEL:03-3433-1111(代)リハビリテーション科医局 内線3651

最も必要とされる医師になりませんか?(日本全国でリハビリ専門医が必要とされています。)

 

現員医師数に対する倍率(必要医師数)            (平成22年厚労省による必要医師実態調査より)

必要医師実態調査

平成25年7月12日(金) 渡邉修教授が多摩神経外傷カンファレンスにて講演を行います。

2013-07-10

日時:平成25年7月12日(金)19:00より
会場:パレスホテル立川3階
   〒190-0012
   東京都立川市曙町2-40-15
   TEL:042-527-1111

【特別講演】
渡邉修 『認知リハビリテーションのエビデンス』

「平成25年7月13日(土) 第10回Neurorehabilitation Conferenceのご案内

2013-07-10

日時:2013年7月13日(土) 16:45~19:00
会場:東京慈恵会医科大学 西講堂
東京都港区西新橋3-19-18
対象:医師、医療関係者
事前申し込み:不要
問い合わせ:東京慈恵会医科大学リハビリテーション医学講座
TEL.03-3433-1111 内線3651

詳しくはチラシをご覧ください。

「平成25年7月17日(水) 渡邉修教授が高次脳機能障害者相談支援研修会にて講演を行います。」

2013-07-10

平成25年度 第1回 高次脳機能障害者相談支援研修会
日時:平成25年7月17日(水)13:50~16:30
会場:牛込箪笥区民ホール(新宿区箪笥町15番地)
講演:「高次脳機能障害者の基礎知識について」
演者:渡邉修

「平成25年7月18日(木) 岡本隆嗣医師が国際モダンホスピタルショウ2013にて講演を行います。」

2013-07-05

日にち:平成25年7月18日(木)
会場:東京ビッグサイト
演題:「新評価体系での受審を終えて(リハビリテーション病院)」
演者:岡本隆嗣

「平成25年7月20日(土) 岡本隆嗣医師が瀬戸内痙縮フォーラムにて講演を行います。」

2013-07-04

日にち:平成25年7月20日(土)
会場:広島大学霞キャンパス内「広仁会館」
演題:「TMSとボツリヌス治療」
演者:岡本隆嗣

「平成25年7月21日(日) 渡邉修教授が第11回 奈良高次脳機能障害 リハビリテーション講習会にて講演を行います。」

2013-07-04

第11回 奈良高次脳機能障害 リハビリテーション講習会 ~発症から社会参加に向けて~

日時:平成25年7月21日(日)12:30 開場・13:00 開演
会場:奈良教育大学 講堂
対象者:当事者・家族・医療関係者・福祉関係者・教育関係者・行政関係者・その他
参加費:無料

講演:「事例から学ぶ高次脳機能障害者への支援」
演者:渡邉修

「平成25年7月23日(火) 岡本隆嗣医師が広島脳卒中地域連携の会にて講演を行います。」

2013-07-04

平成25年度 第6回 広島脳卒中地域連携の会 ミニレクチャー

日にち:平成25年7月23日(火)
会場:広島市民病院
演題:「脳卒中患者のリハビリテーション」
演者:岡本隆嗣

「平成25年6月13日(木)、14日(金) 山陰中央新報に磁気刺激療法NEUROについて掲載されました。」

2013-07-03

掲載紙:山陰中央新報

掲載日:2013年6月13日(木)、14日(金)

脳梗塞リハビリ記で患者さんが体験された磁気刺激治療について記載いただいております。

当院の関連病院であります清水病院にて医局員の橋本弦太郎医師が治療している様子なども

記載していただいております。

 

 

 

« Older Entries

Copyright(C) 2007 Department of Rehabilitation Medicine.The Jikei University, School of Medicine. All rights reserved.