10月, 2014年

平成26年10月13日(月)の北國新聞に安保雅博教授の記事が掲載されました

2014-10-20

平成26年10月13日(月)の北國新聞に安保雅博教授の記事が掲載されました

【内容】脳卒中は脳の血管が詰まったり破れたりして起こり、命を取り留めても左右どちらかの側の
手や脚に麻痺が残ることが少なくない。回復のためには良質なリハビリテーションが不可欠だ。
特に難しいとされる腕や手など「上肢」のまひの治療についてお話しています。

Copyright(C) 2007 Department of Rehabilitation Medicine.The Jikei University, School of Medicine. All rights reserved.