11月, 2016年

平成29年9月17日(日) 渡邉修教授が和歌山 高次脳機能障害リハビリテーション講習会で「高次の機能障害 もっと理解の輪を広げて」について講演会を行います。

2016-11-30

和歌山 高次脳機能障害リハビリテーション講習会

日時:2017年9月17日(日)

時間:13時30分~(受付13:00から)

場所:和歌山県勤労福祉会館 プラザホープ4階ホール

和歌山県和歌山市北出島1-5-47

電話番号:073-425-3335(代表)

お問い合わせ:和歌山高次脳機能障害リハビリテーション講習会実行委員会

事務局:(ワークショップフラット)

和歌山市中之島1809

◎電話・FAX:073-423-5838

◎E-Mail:w-flat@joy.ocn.ne.jp

参加費:無料 定員150名(先着順 申込締切9月8日(金))

第一部:渡邉修教授の「高次脳機能障害 もっと理解の輪を広げて」

第二部:GOMA氏の「失った記憶、ひかりはじめた僕の世界」についてミニライブ、講演、渡邉修教授と対談

第三部:家族交流会

 

詳細はこちら

平成29年9月30日(土)、渡邉修教授が高次脳機能障害講演会で「家族の役割と家族の支援~当事者も家族も再び輝くために」の講演を行います。

2016-11-30

脳外傷友の会コロポックル 高次脳機能障害講演会
「家族の役割と家族の支援~当事者も家族も再び輝くために」

日時:平成29年9月30日(土) 13:00~15:00

場所:札幌市教育文化会館 研修室301
   札幌市中央区北1条西13丁目)

参加費:無料

お問い合わせ先:「主催」脳外傷友の会コロポックル
         札幌市豊平区寒東1条17丁目5-39
         TEL011-858-5600

詳細はこちら

平成29年10月22日(日) 新見昌央先生が市民公開講座in松戸で「脳卒中のリハビリテーション~最新の知見から~」の講演を行います。

2016-11-30

市民公開講座in松戸
簡単にはあきらめない!「脳卒中の後遺症治療」

日時:平成29年10月22日(日) 13時受付開始 14時~16時
会場:松戸商工会議所 会議室 4階
定員:80名
参加費:無料

内容:【開会の挨拶】座長:三枝 邦康先生 東京ベイ・浦安市川医療センター 脳神経外科部長
    講演1:「脳卒中のリハビリテーション~最新の知見から~」
        演者:新見昌央先生 東京慈恵会医科大学附属柏病院 リハビリテーション科
    講演2:「手足のつっぱり、すなわち痙縮は時間がたってからでも治せる!」
        演者:角田亘先生 国際医療福祉大学市川病院 副院長 
                              リハビリテーション科 部長

    パネルディスカッション:「あきらめない!脳卒中の後遺症(手足のまひ・つっぱり)治療」
        パネラー:三枝 邦康先生
             角田 亘先生
             新見 昌央先生

    【閉会の挨拶】サマリースピーチ:三枝 邦康先生

 詳細はこちら

平成29年10月28日(土)第1回日本リハビリテーション医学会秋季学術集会で、安保雅博教授が「脳卒中後遺症の痙縮に対するボツリヌス治療」の講演をします。

2016-11-30

第1回日本リハビリテーション医学会秋季学術集会

日時:平成29年10月28日(土)
会場:大阪府立国際会議場 第2会場 8:30~9:30
教育講演4:脳脊髄疾患による痙縮に対する治療
      「脳卒中後遺症の痙縮に対するボツリヌス治療」・・・・安保雅博教授

平成29年10月28日(土)第1回日本リハビリテーション医学会秋季学術集会で、岡本隆嗣先生が「回復期リハビリテーション病棟とチームアプローチ -病棟におけるチームアプローチの実践ーの講演を行います。

2016-11-30

第1回日本リハビリテーション医学会秋季学術集会

日時:平成29年10月28日(土) 
会場:大阪府立国際会議場 第2会場 14:40~15:40
講演内容:教育講演7
     回復期リハビリテーション病棟とチームアプローチ
     「回復期リハビリテーション病棟とチームアプローチー病棟におけるチームアプローチの実践ー」 岡本隆嗣先生 

平成29年10月28日(土)第1回日本リハビリテーション医学会秋季学術集会で佐々木信行先生が「急性期重症者治療に必要なリハ的想像力」の講演を行います。

2016-11-30

第1回リハビリテーション医学会秋季学術集会

日時:平成29年10月28日(土) 16:20~17:50
会場:大阪府立国際会議場 第3会場
講演内容:シンポジウム4 
     リハ医が先導するICUリハビリテーション
     「急性期重症者治療に必要なリハ的想像力」 佐々木信幸先生

 

平成29年11月5日(日) 渡邉修教授が障がい者支援フォーラムで「高次脳機能障害」になっても自分らしく生きることができる支援へについて講演会を行います。

2016-11-30

障がい者支援フォーラム
「高次脳機能障害」になっても自分らしく生きる事ができる支援へ

日時:平成29年11月5日(日) 13時~16時45分(開場12:30~)
場所:九州大学医学部 百年講堂
〒812-8582 福岡市東区馬出3-1-1
目的:高次脳機能障害者の支援に携わる方々に、即役立つよう各分野の専門家の方に事例を含めてお話しいただくと共に、医療と介護・福祉の支援連携の視点を加えて、障がい者福祉のより一層の充実につなげたいと考え開催するものです。
内容:13:00~ 主催者挨拶、来賓紹介等
13:20~ <第1部>講演:「自分らしく生きられる支援へ(仮)」 渡邉 修教授
15:00~ <第2部>シンポジウム:「高次脳機能障害者と家族への支援」
パネリスト 渡邉 修教授
永吉 美砂子氏(福岡県障がい者リハビリテーションセンター長)
松野 浩二氏(福岡市障がい者基幹相談支援センター相談支援員)
石蔵 礼二氏(石蔵病院 院長 精神保健指定医)
コーディネーター 森 あやこ(福岡高次脳機能障害支援ネットワーク)
16:40~ 閉会の挨拶
資料代:500円(当日徴収します)
申込・問合せ:福岡高次脳機能障害支援ネットワーク事務局(NPO法人福岡・翼の会)
Web:(http://www.f-tsubasa.org)
mail:koujinoukinousien@gmail.com
tel:092-662-5077 fax:092-662-5097

平成29年11月23日(木) 渡邉修先生が第33回ドリームサロンで「事例に学ぶ高次脳機能障害のある方への支援」~病歴や画像、心理検査の実例から〜を講演します。

2016-11-30

高次脳機能障害を知ろう 語ろう もっと身近に!
第33回ドリームサロン

日時:平成29年11月23日(木) PM13:00~16:30
会場:高次脳機能障がい者活動センタ~ 調布ドリーム
   (京王線飛田給駅南口 徒歩1分)
内容:1部 講演:事例に学ぶ高次脳機能障害のある方への支援」
         ~病歴や画像、心理検査の実例から〜
   2部 当事者と共に語り合おう!

問合わせ先:NPO法人 高次脳機能障がい者活動センター 調布ドリーム
      〒182-0036 調布市飛田給2-22-7 TBKビル1階
      FAX送信先:042-444-3068
詳細はこちら

平成29年11月23日(木・祝) 安保雅博教授がリハビリテーション公開講座in京都大原で「生活の質を取り戻せ脳卒中後遺症に対するリハビリテーション」の講演を行います。

2016-11-30

リハビリテーション公開講座in京都大原
「生活の質を取り戻せ!脳卒中後遺症に対するリハビリテーション」

日時:平成29年11月23日(木・祝)
場所:京都大原記念病院 地域交流スペース
時間:午前の部10:00~12:00(受付9:30~)
   午後の部13:30~16:00(受付13:00~)
   ※いずれかご希望の時間をお申し出ください。
    当日は会場外パブリックビューイングも予定しております。
内容:【午前の部】10:00~12:00
    基調報告:「脳梗塞なんかに負けてたまるか!!~大原でのリハビリ奮闘75日~」・・・元患者 浅井 努氏
    特別講演:「生活の質を取り戻せ!脳卒中後遺症に対するリハビリテーション」
                          ・・・慈恵会医科大学 安保雅博教授
   【午後の部】13:30~16:00
    特別講演「寿命100年時代、あなたはどう『元気』に生きますか?足腰鍛えて超高齢社会を楽しみましょう」
                          ・・・大阪医科大学 佐浦隆一先生

    特別講演「花と緑によるリ(再び)・ハビリ(生きる):グリーンファーム・リハビリテーション®の挑戦」
                          ・・・京都府立医科大学総合医療 山脇正永先生
詳細はこちら

平成29年11月26日(日) 渡邉修教授が2017年度 第2回高次脳機能障害実践的アプローチ講習会にて講演を行います。

2016-11-30

2017年度 第2回高次脳機能障害実践的アプローチ講習会

日時:平成29年11月26日(日)10:45~17:30(受付開始10:00より)
会場:東京慈恵会医科大学 西新橋校 大学1号館3階講堂
受講料:5,000円(資料代込み)
定員:250名
申込方法:事前申し込みが必要です。下記、詳細をご参照ください。
2017年11月26日(日)詳細

プログラム:
①【エビデンスに基づく前頭葉損傷のリハビリテーション】渡邉修
②【小児の高次脳機能障害のある方への支援】太田令子 氏
③【高次脳機能障害者への就労支援制度と支援の状況】野口勝則 氏
④【事例検討:困難事例について会場の皆さんと討論会】江村俊平 氏

« Older Entries

Copyright(C) 2007 Department of Rehabilitation Medicine.The Jikei University, School of Medicine. All rights reserved.