12月, 2017年

平成30年1月13日(土) 安保雅博教授が第5回桜山リハビリテーション研究会にて講演いたします

2017-12-31

安保雅博教授が第5回桜山リハビリテーション研究会にて講演いたします

講演:1.「脳卒中後遺症に対する反復性経頭蓋磁気刺激とボツリヌス療法」
   東京慈恵会医科大学 リハビリテーション医学講座 教授 安保雅博

   2.「脊椎・関節疾患に対するロボットリハビリテーションの最近の話題」
   筑波大学 整形外科                 教授  山崎正志 先生

日時:2018年1月13日(土)14:00~16:50
会場:名古屋市立大学病院 中央診療棟3階大ホール
   名古屋市瑞穂区瑞穂町川澄1
対象者:おもにリハビリテーション医学の診療・治療などに携わっている医師・療法士等
参加方法:会員の方は事前参加申込みフォームから申込み下さい。
    会員でない方は入会手続きをお願いします。※詳しくは研究会HPをご覧ください
会費:会員無料、当日参加1,000円

お問い合わせ先:桜山リハビリテーション研究会 事務局
        ホームページはこちら
        ℡:052-853-8733

平成30年1月14日(日) 渡邉修教授が高次脳機能障害 江戸川「つつじの会」で「ご家族の寄り添い方」の講演を行います

2017-12-31

高次脳機能障害 江戸川「つつじの会」
「ご家族の寄り添い方」

日時:平成30年1月14日(日)
時間:9:30~11:00(受付9:15~)
会場:タワーホール船堀 4階研修室
対象:高次脳機能障害のある方、ご家族、支援者、関心のある方
定員:70名(参加費無料)
問合わせ先:TEL/FAX 03-3655-5580(後関)
      携帯番号 090-9291-5825
※申込書にご記入の上、ファックスまたは電話で12月28日(木)までにお申込みください。

申込書はこちら 

平成30年1月14日(日) 渡邉修教授が第3回山梨県理学療法士会学術研修会で「脳画像の基礎と臨床」の特別講演を行います。

2017-12-31

一般社団法人山梨県理学療法士会
第3回山梨県理学療法士会学術研修会

日時:平成30年1月14日(日) 10:30~16:00
会場:山梨市民会館
テーマ:リハビリテーションに活かす脳画像の基礎と臨床

研修プログラム
10:30~11:50 症例報告1
         山梨赤十字病院 理学療法士 宮下正彦先生
        (テーマ:急性期における高次脳機能障害および頭部外傷)

13:00~14:20 症例報告2
        山梨リハビリテーション病院 理学療法士 鮎川 将之先生
        (テーマ:前頭葉性のPusher Syndrome)

14:30~16:00 特別講演「脳画像の基礎と臨床」
        東京慈恵会医科大学附属第三病院 教授 渡邉 修先生
        (テーマ:脳画像の基礎と臨床)

平成30年1月21日(日) 渡邉修教授が第2回日本安全運転・医療研究会における教育講演で「高次能機能障害者への接し方」の講演を行います。

2017-12-31

第2回日本安全運転・医療研究会
「高次能機能障害者への接し方」

日時:平成30年1月21日(日) 午後2:35~2:50
場所:日経ホール&カンファレンスルーム
   東京都千代田区大手町1-3-7 日経ビル
内容:教育講演 知っておくべき周辺知識
対象者:医師、看護師、理学療法士、作業療法士、心理士など
大会事務局:東京都リハビリテーション病院
      東京都墨田区堤通2-14-1 メールアドレス:tokyo.reha.drive@gmail.com
詳細はこちら

平成30年1月24日(水) 羽田拓也先生が第1回【高次脳機能障害研修会】で高次脳機能障害者の復職の講演を行います。

2017-12-31

第1回【高次脳機能障害研修会】
高次脳機能障害者の復職

日時:平成30年1月24日(水) 18:30~20:30(受付18:00~)
会場:港区立 男女平等参画センター【リーブラホール】 みなとパーク芝浦 1階
住所:東京都港区芝浦1-16-1
アクセス:JR田町駅 東口(芝浦口) 徒歩5分
     都営地下鉄三田駅 A6出口 徒歩6分
参加費:無料(配布資料含む) 定員:200名
申込期間:(第1回1/24、及び、第2回2/7):平成29年12月11日(月)~平成30年2月6日(火)
申込先:みなとコール 03-5472-3710
    上記の期間以外の申込先(問い合わせ先)は、港区障害者福祉課03-3578-2457
※一時保育が必要な方は、各研修会の1週間前までに、みなとコール03-5472-3710にご相談ください。
内容:【パネルディスカッション】18:40~20:20(質疑応答含む)
講師・座長:羽田拓也先生
パネリスト:当事者A氏・そのご家族
     :港区立障害者保健福祉センター 小出由貴子氏(自立(機能)訓練支援員)
                     石川洋平氏(相談支援専門員)

詳細は

平成30年1月25日(木) 渡邉修教授が高次脳機能障害 支援者の寄り添い方、当事者の歩み方について講演を行います。

2017-12-31

平成29年度高次脳機能障害セミナー
「高次脳機能障害 支援者の寄り添い方、当事者の歩み方」

日時:平成30年1月25日(木) 18:30~20:40
場所:板橋区立グリーンホール601会議室
   板橋区栄町31-1
対象者:定員50名
    区内在住在勤の支援者、関係者、その家族等(ヘルパー・ケアマネージャー・ボランティア等)
問合せ先:板橋区立障がい者福祉センター
     東京都板橋区高島平9-25-12
     ℡03-3550-3401
     Fax03-3550-3410
     担当者:川口氏、澤井氏、小池氏
 

平成30年1月27日(土) 渡邉修教授が高次脳機能障害の基礎と回復を促す基本的な考え方の講演を行います

2017-12-31

~高次脳機能障害の基礎と回復を促す基本的な考え方~

 脳卒中(脳梗塞、脳出血、くも膜下出血)や頭部外傷、低酸素脳症、脳腫瘍、脳炎などで、大切な脳が傷つくと、運動障害の他に、言葉や注意力、計画能力、記憶力、思考能力、感情のコントロール能力などに障がいが生じることがあります。これらの障がいを、「高次脳機能障害」と呼んでいます。本講演では、こうした障がいに対し、どのような手順で回復への道のりを支援していくのか、当事者はどのような考え方でリハビリテーションを行ったらよいのかについて、わかりやすく解説を行います。

日時:平成30年1月27日(土) 15:00~17:00
場所:小金井市 商工会館3階 萌え木ホールA・B会議室
   小金井市前原町3丁目33番25号
定員:50人(申込先着順) 
参加費:無料
※平成30年1月25日(木)までに下記連絡先にお申込みください。
問合わせ・申込先:小金井市 自立生活支援課
         ℡:042-387-9841
         Fax:042-384-2524  

2018年1月号のNHKテキスト「きょうの健康」に渡邉修教授の脳卒中や事故で起こる「高次脳機能障害」が掲載されました。

2017-12-25

渡邉修教授掲載
2018年1月号 NHKテキスト「きょうの健康」

雑誌名:NHKテキスト「きょうの健康」
タイトル:脳卒中や事故で起こる「高次脳機能障害」
内容:大脳の働き⇒高次脳機能障害とは⇒症状⇒病院で行うリハビリテーション⇒退院後のリハビリテーション⇒
   積極的に受けたい支援制度⇒回復すると信じて!
発売日:2018年1月号(12月21日発売)

Copyright(C) 2007 Department of Rehabilitation Medicine.The Jikei University, School of Medicine. All rights reserved.