平成30年5月15日(火) 原貴敏医師が上肢痙縮・下肢痙縮の治療 GSK WEBカンファレンスにて「脳卒中後遺症、手足のつっぱりに対する治療とリハビリテーションについて」の講演を行います。

2017年08月27日

上肢痙縮・下肢痙縮の治療 
GSK WEBカンファレンス

日時:平成30年5月15日(火) 19:00~20:00
講演:原 貴敏医師
「ご診療されている患者さんの中で、過去に脳卒中を発症し、手足がつっぱる後遺症(痙縮)によって
日常生活を不便に過ごされている方はいらっしゃいませんか?
痙縮は患者さん本人だけでなく、介護する家族にも大きな負担になっています。
近年、痙縮の治療法は進歩しており、様々な選択肢があります。
今回は、脳卒中後遺症の一つ「痙縮」に対する治療法と、そのリハビリテーションについてご紹介します。」

19:00~19:40
脳卒中後遺症、手足のつっぱりに対する治療とリハビリテーションについて

19:40~20:00
質疑応答(施注施設との連携方法など)

詳細

Copyright(C) 2007 Department of Rehabilitation Medicine.The Jikei University, School of Medicine. All rights reserved.