研究実績

tag3

 

2004年の研究業績

△各年の研究業績へ

論文一覧

  1. Takehara I,Jennifer C. Pharynx and oesophagus evaluation during the swallow using helical computerized tomography. Disability and rehabilitation. 2004. 26. 733-738
  2. Abo M, Suzuki M,Miyano S,Yamauchi H, Yonemoto K,Watanabe S, Lars Edstrom. Influence of lsoflurane Concentration and Hypoxia on Functional Magnetic Resonance Imaging for the Detection of Bicuculline-Induced Neuronal Activation. Neurosignals. 2004. 13. 144-149
  3. Abo M,Miyano S,Eun S S,Yamauchi H. Histochemical characterization of skeletal muscles in rats with photochemically-induced stroke. Brain injury. 2004. 18. 1017-1024
  4. Abo M,Senoo A,Watanabe S,Miyano S,Doseki K,Sasaki N,Kobayashi K,Kikuchi Y,Yonemoto K. Language-related brain function during word repetition in Post-stroke aphasics. Neuroreport. 2004. 15. 1891-1894
  5. Chu J,Takehara I,Li T-C,Schwartz I. Electrical twitch obtaining intramuscular stimulation (ETOIMS) for myofascial pain syndrome in a football player. British Journal of Sports Medicine. 2004. 38. 1of2-2of2
  6. Takehara I,Chu J,Schwartz I,Aye H,H. Motor unit action potential (MUAP) parametetrs affected by editing duration cursors. Electromyogr.clin.Neurophysiol. 2004. 44. 265-269
  7. Takehara I, Jennefer C, Tung-Chou Li, Ira Schwartz. Reliability of Quantitative Motor Unit Action Potential Parameters. MUSCULE&NERVE. 2004. 30. 111-113
  8. Hashimoto K, Ohashi M, Ehara Y, Miyano S, Abo M, Kobayashi K. Kinematic Analysis of the Locomotion of a Quadruple Amputee with Short Stumps. Jikeikai Med J. 2004. 51. 129-134
  9. 岡本隆嗣, 橋本圭司. 回復が遷延するギラン・バレー症候群患者に対するリハビリテーション処方. Modern Physician. 2004. 24. 1634-5
  10. 瀨田拓,小林一成,宮野佐年. 社会適応に難渋した重度多発性硬化症の一リハ経験. J Clin Rehabil. 2004. 13. 288-92
  11. 橋本圭司,大橋正洋,森田智之,岡本隆嗣,宮野佐年. 脳外傷クリニカルパス-導入前後における効果判定-. リハ医学. 2004. 41. 168-75
  12. 橋本圭司,保坂俊晴,村野政則,大橋正洋,宮野佐年. 身体障害者通所授産施設「玉堤分場」における高次脳機能障害者の利用実態調査. J Clin Rehabil. 2004. 13. 378-82
  13. 橋本圭司,大塚由美子,大野好之,三浦有紀,渡邉 修,大橋正洋. 後天性脳損傷者に対する教科学習訓練の試み. 認知神経科学. 2004. 6. 20-7
  14. 橋本圭司,立神粧子,網田孝司,岡本隆嗣,大橋正洋、宮野佐年. びまん性軸索損傷者におけるNIRSを用いた前頭葉機能評価の有用性の検討. 脳神経. 2004. 56. 389-94
  15. 橋本圭司,大橋正洋,中村俊規,山上 皓. 外傷性脳損傷による高次脳機能障害者の成年後見制度利用―神奈川リハビリテーション病院における調査―. 臨床精神医学. 2004. 33. 1247-51
  16. 橋本圭司,岡本隆嗣,大橋正洋. リハビリテーション専門病院における脳外傷リハビリテーション―就労・就学予後予測因子の検討―. 神経外傷. 2004. 27. 216-20
  17. 瀨田拓,稲田晴生,安保雅博,杉本淳,宮野佐年. 嚥下造影正面像における健常者上部食道の造影パターン分類-食道入口部通過の左右差-. リハ医学. 2004. 41. 307-12
  18. 岡本隆嗣,橋本圭司,大橋正洋,宮野佐年. 外傷性脳損傷長期支援システムとしての再評価入院プログラムの検討. リハ医学. 2004. 41. 413-20
  19. 山内秀樹,三上俊夫,刈谷文彦,木村真規,宮野佐年. 筋萎縮に対する運動の抑制効果と熱ショック蛋白質70との関連性. デサントスポーツ科学. 2004. 25. 191-6
  20. 渡邉修,安保雅博,菊地吉晃,妹尾淳史,来間弘展,宮野佐年,米本恭三. 手指対立運動に関するペーシング音の影響-機能的MRIによる前補足運動野および細く運動野の賦活について-. リハ医. 2004. 41. 472-8
  21. 竹川徹,西尾進也,浜岡隆文,勝村俊仁,冬木寛義,山本謙吾,宮野佐年. 変形性膝関節症羅患患者における外側広筋有酸素能測定の意義について-近赤外分光法を用いた検討-. 東京医科大学雑誌. 2004. 62. 1-9
  22. 西将則,船越政範,猪飼哲夫. 車椅子・座位保持装置外来における粗大運動能力分類システム(GMF CS)の有用性の検討-脳性麻痺児の評価について-. リハ医学. 2004. 41. 548-54
  23. 岡本隆嗣,安保雅博,辰濃尚,青木重陽,瀨田拓,小林一成,宮野佐年. 長期間の入院リハビリテーションを必要としたギランバレー症候群の1例. J Clin Rehabil. 2004. 13. 92-6
  24. 岡本隆嗣,橋本圭司,大橋正洋,宮野佐年. 復職を妨げた高次脳機能障害を診断しえたびまん性軸索損傷の1例. 総合リハ. 2004. 32. 583-7
  25. 瀨田拓,安保雅博. 安易な摂食開始により合併した誤嚥性肺炎によって嚥下訓練を拒絶するようになったパーキンソン病の1例. J Clin Rehabil. 2004. 13. 766-7
  26. 和田勇治,本田哲三,上久保毅,大塚友吉,高橋秀寿,千野直一. 当院における認知リハビリテーションの有効性について-WAIS-Rによる検討-. 総合リハ. 2004. 32. 881-6
  27. 瀨田拓,安保雅博. 感染症をきっかけに障害が重度化したムコ多糖症患者の母親の心理的問題-機能維持への強い使命感に対し十分な対応ができなかった例-. J Clin Rehabili. 2004. 13. 952-3
  28. 岡本隆嗣,橋本圭司,大橋正洋,中地照子,石井明美,宮野佐年. EuroQOLを用いたリハビリテーション病院入院患者の健康関連QOLと費用対効果. リハ医学. 2004. 41. 678-85
  29. 渡邉修,米本恭三,大橋正洋,宮野佐年. 脳外傷者リハビリテーションの費用対効果解析-病院リハから地域リハへ-. リハ医学. 2004. 41. 761-7
  30. 上久保毅,大橋正洋,橋本圭司,岡本隆嗣,宮野佐年. 外傷性脳損傷における言語性IQ低下因子についての検討. 脳と神経. 2004. 56. 952-6
  31. 山内秀樹,小山照幸,宮野佐年. 長期と臥床による身体活動低減が活性酸素ストレスと抗酸化能力に及ぼす影響. ビタミンE研究の進歩ⅩⅠ. 2004. 207-12
  32. 岡本隆嗣,橋本圭司,大橋正洋,宮野佐年. 蘇生後脳症:機能予後と問題点. リハ医学. 2004. 41. 868-74
  33. 瀨田拓,稲田晴生,安保雅博,杉本淳,宮野佐年. 正常嚥下の検討により考案された「上部食道造影パターン分類」の信頼性. 日摂食嚥下リハ会誌. 2004. 8. 127-34
  34. 宮野佐年. 心筋梗塞と運動療法. 痛みと臨床. 2004. 4. 39-45
  35. 大橋正洋. 歩行障害の解析とリハビリテーション. 神経内科. 2004. 60. 592-9
  36. 猪飼哲夫. 脳卒中後の大腿骨頚部骨折 オーバービュー. J Clin Rehabil. 2004. 13. 304-8
  37. 武原格. ペンシルバニア大学病院およびフィラデルフィア小児病院におけるリハビリテーション. J Clin Rehabil. 2004. 13. 354-7
  38. 渡邉修. 前頭葉障害. J Clin Rehabil. 2004. 13. 421-8
  39. 渡邉修,栃木捷一郎,米本恭三. 皮質枝血栓症-前大脳動脈および前交通動脈瘤破裂. J Clin Rehabil. 2004. 13. 450-6
  40. 猪飼哲夫,宮野佐年. 脳血管障害後の透析患者のリハビリテーションの実際. 腎と透析. 2004. 56. 223-5
  41. 小山照幸,宮野佐年. 食道癌手術とリハビリテーション. Med Rehabil. 2004. 41. 44-50
  42. 猪飼哲夫. 高齢者における転倒の要因と対策. 福祉のまちづくり研究. 2004. 6. 1-5
  43. 道関京子,金山節子,安保雅博,宮野佐年. リハビリテーション技術 全体構造法. J Clin Rehabil. 2004. 13. 362-4
  44. 高田耕太郎,安保雅博. 前庭機能障害と協調運動障害のリハビリテーション. 神経内科. 2004. 60. 644-51
  45. 野々垣睦美,松田哲也,橋本圭司. 実践報告 脳外傷者の地域生活支援に向けて 神奈川リハビリテーション病院での取り組みの紹介. 作業療法ジャーナル. 2004. 38. 759-62
  46. 菊地尚久,山鹿真紀夫,影近謙治,橋本圭司,大橋正洋. 座談会 リハビリテーション・ケース会議を考える. 総合リハ. 2004. 32. 683-90
  47. 山内秀樹. AFTERNOON TEA 生理学は何を目指すのか?. 日本生理学雑誌. 2004. 66. 255
  48. 橋本圭司,渡邉修. 言語障害. モダンフィジシャン. 2004. 24. 1487-91
  49. 橋本圭司. 認知障害者の診療の秘訣. Modern Physician. 2004. 24. 61
  50. 瀨田拓,堀内博人,安保雅博. 認知障害-半側空間無視を中心に. モダンフィジシャン. 2004. 24. 1492-4
  51. 渡邉修. 高次脳機能障害. Current Therapy. 2004. 22. 97-8
  52. 大橋正洋,橋本圭司,岡本隆嗣,渡邉修,上久保毅. 高次脳機能障害を持つ脳外傷者への専門病院におけるリハビリテーション. リハ医学. 2004. 41. 751-757
  53. 瀨田拓. 訪問診療の特殊性を考慮して信頼関係を築く. モダンフィジシャン. 2004. 24. 1927
  54. 植松海雲. 脳卒中片麻痺患者に対する金属支柱付き短下肢装具とプラスチック短下肢装具の種類と選択の目安. Med Rehabil. 2004. 26-32
  55. 猪飼哲夫. 筋萎縮と筋力低下. 日本医師会雑誌. 2004. 132. 1397-400
  56. 安保雅博. 旅行者血栓症(深部静脈血栓症). 日本医師会雑誌. 2004. 132. 1418
  57. 安保雅博. 開胸・開腹手術. 日本医師会雑誌. 2004. 132. 1414
  58. 猪飼哲夫. 肩の痛み. 痛みと臨床. 2004. 5. 55-9

▲ページトップへ

 

著書一覧

  1. 安保雅博. 脳卒中のリハビリテーション. 新全科 家庭の医学. 社会保険出版. 1305-1309. 2004
  2. 安保雅博. 脊髄損傷のリハビリテーション. 新全科 家庭の医学. 社会保険出版. 1309-1312. 2004
  3. 安保雅博. 関節リウマチのリハビリテーション. 新全科 家庭の医学. 社会保険出版. 1315-1318. 2004
  4. 安保雅博. パーキンソンのリハビリテーション. 新全科 家庭の医学. 社会保険出版. 1312-1315. 2004
  5. 橋本圭司,中島恵子. 視覚認知障害者への認知リハアプローチ. 江藤文夫,武田克彦,原 寛美,坂東充秋,渡邉 修編. 高次脳機能障害のリハビリテーション.Ver,2. 医歯薬出版. 291-4. 2004
  6. Wataru Kakuda, Takao Shimizu, Hiroaki Naritomi. Hypothermia Therapy: Future Directions in Research and Clinical Practice. Maier C.M. and Steinberg G.K., eds. In Hypothemia and Cerebral Ischemia. Humana Press. 161-177. 2004

▲ページトップへ

 

発表一覧

  1. Aoki S,Otake Y,Takeuchi R,Eun S S,Abo M,Miyano S,Suzuk N. Visualization of recovery of upper extremity movement in post-stroke patients using a 4D musculoskeletal model. Japanese-Korean Joint Conference on Rehabilitation Medicine. Kyoto. 2004年4月
  2. Hashimoto K,Otsuka Y,Ono Y,Miura Y,Watanabe S,Ohashi M. Effectiveness of cognitive training by paper drills issued by Kumon Institute of Education in adult with traumatic brain injury. Japanese-Korean Joint Conference on Rehabilitation Medicine. Kyoto. 2004年4月
  3. Watanabe S,Yonemoto K,Ohash M,Hasimoto K,Abo M,Miyano S. Outpatient rehabilitation program for persons with traumatic brain injury. Japanese-Korean Joint Conference on Rehabilitation Medicine. Kyoto. 2004年4月
  4. Okamoto T,Hashimoto K,Ohashi M,Miyano S. Computer imaging in 12 diffuse axonal injury cases. Japanese-Korean Joint Conference on Rehabilitation Medicine. Kyoto. 2004年4月
  5. Abo M,Yamauchi H,Yonemoto K,Watanabe S, Miyano S. Characterization of the early brain lesion in the ratevaluated by MRI and motor recovery using behavioral methods. Japanese-Korean Joint Conference on Rehabilitation Medicine. Kyoto. 2004年4月
  6. Ohashi M,Ito H,Adachi Y,Takayama M,Maruta K. A Locked-in-syndrome patient due to TBI, who has been followed for 23 years. Japanese-Korean Joint Conference on Rehabilitation Medicine. Kyoto. 2004年4月
  7. Kun S C,Inada H,Sugawara H,Miyano S. Gait analysis with a parallel ber load measurement instrument. Japanese-Korean Joint Conference on Rehabilitation Medicine. Kyoto. 2004年4月
  8. Takekawa T,Uematsu M,Abo M,Eun S S, Miyano S,Miharai M, Fuyuki H. A case of paraneoplastic limbic encephalitis. Japanese-Korean Joint Conference on Rehabilitation Medicine. Kyoto. 2004年4月
  9. Eun S S,Miyano S,Otake Y,Hattori A,Suzuki N,Chang-il Park,Eun S P. The changes of three-dimensional ankle kinematics in children with cerebral palsy between before and after BTX-A injection. Japanese-Korean Joint Conference on Rehabilitation Medicine. Kyoto. 2004年4月
  10. Ikai T,Otake Y,Hattori A,Suzuki N,Kumazawa Y,Miyano S. 4D analysis of downhill walking when stepping over obstacles of different heights. Japanese-Korean Joint Conference on Rehabilitation Medicine. Kyoto. 2004年4月
  11. Yamauchi H,Mikami T,Kariya F,Abo M,Miyano S. Effect of isometic resistance exercise on atrophy and heat-shock protein 70 expression of the soleus muscle in hindlimb-unloaded rat. Japanese-Korean Joint Conference on Rehabilitation Medicine. Kyoto. 2004年4月
  12. Yamauchi H,Mikami T,Kariya F,Miyano S. Effect of aging and isometric resistance exercise on heat-shock protein 70 expression in atrophied rat soleus muscle. The 81th Annual Meeting of Physical fitness and sports Medicine. Sapporo. 2004年6月
  13. Kimura M,Shinozaki T,Yoda E,Tateishi N,Shiota T,Yoshie F, Yamauchi H,Suzuki M,Shibasaki T. Chronic voluntary exercise down-regulates Ob-Rb mRNA in the ARC in Wistar rat, but doesn’t influence in OLETF rat-an animal Model of obesity and hyperphagia-. The 81th Annual Meeting of Physical fitness and sports Medicine. Sapporo. 2004年6月
  14. Yamada S,Ogawa Y,Goto K. Role of hepatocytes in adaptation of muscle tissue architecture in hypertrophied muscle of rat. The 81th Annual Meeting of Physical fitness and sports Medicine. Sapporo. 2004年6月
  15. Kakuda W, Ito T, Fukunaga R. Body temperature in hyperacute phase influences the development of early ischemic CT signs in cardioembolic stroke. 29th International Stroke Conference. San Diego, California. 2004年2月
  16. Hashimoto K, Nojii M, Majima F. Examination of NIRS for the evaluation of frontal lobe function in DAI patients. Society for Neuroscience. San Diego, California. 2004年
  17. 岡本隆嗣,橋本圭司,大橋正洋,中地照子,石井明美,宮野佐年. EuroQOLによる入院患者調査. 第27回日本リハビリテーション医学会関東地方会. 東京. 2004年3月
  18. 山田茂,小川芳徳,後藤勝正. 骨格筋肥大に対する幹細胞の働き. 第130回日本体力医学会関東地方会. 東京. 2004年3月
  19. 太田眞,中島幸則,中村豊,阿部美弥子,河野照茂,小原誠,渡辺雅之,平井徳幸,今西昭雄,鈴木政登,町田勝彦. 超長時間遠泳と超長時間持久走における心臓ホルモン応答の相違-単独津軽海峡横断と単独本州横断における生体応答-. 第130回日本体力医学会関東地方会. 東京. 2004年3月
  20. 大橋正洋,橋本圭司,岡本隆嗣,渡邉修,上久保毅. 専門病院における高次脳機能障害のリハビリテーション. 第41回日本リハビリテーション医学会学術集会. 東京. 2004年6月
  21. 渡邉修,米本恭三. 脳外傷者リハビリテーションの費用対効果解析. 第41回日本リハビリテーション医学会学術集会. 東京. 2004年6月
  22. 小山照幸. 心臓手術後の心臓リハビリテーションの現状-アンケート調査から-. 第41回日本リハビリテーション医学会学術集会. 東京. 2004年6月
  23. 上久保毅,橋本圭司,岡本隆嗣,大橋正洋,猪飼哲夫,宮野佐年. WAIS-RでVIQ低下を来たした外傷性脳損傷についての検討. 第41回日本リハビリテーション医学会学術集会. 東京. 2004年6月
  24. 橋本圭司,大橋正洋,岡本隆嗣,宮野佐年,梶原宗介. リハビリテーション専門病院における脳外傷リハビリテーション-退院時転帰分類別予後予測因子の検討-. 第41回日本リハビリテーション医学会学術集会. 東京. 2004年6月
  25. 小野元,田中英明,上久保毅. 社会復帰に際し苦渋した外傷性頚部動脈瘤を合併した重症頭部外傷例. 第41回日本リハビリテーション医学会学術集会. 東京. 2004年6月
  26. 佐々木信幸,猪飼哲夫,宮野佐年. 大脳深部血管障害における遠隔効果. 第41回日本リハビリテーション医学会学術集会. 東京. 2004年6月
  27. 高田耕太郎,宮野佐年,鄭健錫,菅原英和. 三次元加速度計を用いた歩行評価における臨床的有用性の検討-自由歩行における床反力計との比較 第2報-. 第41回日本リハビリテーション医学会学術集会. 東京. 2004年6月
  28. 浅野由美,長尾滝郎,北原宏,佐々木健,染屋政幸,李泰鉉,神川康也,加藤剛,稲田晴生. 加速度計による運動の長時間計測 その2 活動量について. 第41回日本リハビリテーション医学会学術集会. 東京. 2004年6月
  29. 稲生綾,藤島一郎,黒田百合,高橋博達,片桐伯真. 当院におけるギランバレー症候群の機能予後-重症例のリハビリテーションについて-. 第41回日本リハビリテーション医学会学術集会. 東京. 2004年6月
  30. 安保雅博,渡邉修,佐々木信幸,宮野佐年,米本恭三. 失語症患者における復唱機能の可塑性について. 第41回日本リハビリテーション医学会学術集会. 東京. 2004年6月
  31. 中澤征人,高田耕太郎,猪飼哲夫,宮野佐年. 入院脳血管障害患者における心電図異常と心合併症. 第41回日本リハビリテーション医学会学術集会. 東京. 2004年6月
  32. 鈴木禎,曾田玉美,矢野光秋,相馬有美,加藤和奈,宮野佐年,原田敦子,巷野昌子. 患者家族参加のケースカンファレンスを試みて. 第41回日本リハビリテーション医学会学術集会. 東京. 2004年6月
  33. 船越政範,西将則,大山輝夫,川田英樹,宮野佐年. 若年脳血管障害患者のリハビリテーション. 第41回日本リハビリテーション医学会学術集会. 東京. 2004年6月
  34. 岡本隆嗣,大橋正洋,橋本圭司,宮野佐年,梶原宗介. 低酸素脳症の機能予後と問題点について. 第41回日本リハビリテーション医学会学術集会. 東京. 2004年6月
  35. 片桐伯真,藤島一郎,高橋博達. 静岡県における高次脳機能障害相談窓口の試み(第2報)静岡県における相談事業の成果と課題. 第41回日本リハビリテーション医学会学術集会. 東京. 2004年6月
  36. 菅原英和,鄭健錫,音琴勝,稲田晴生,宮野佐年. 回復期リハビリテーション病棟における転倒事故調査. 第41回日本リハビリテーション医学会学術集会. 東京. 2004年6月
  37. 植松海雲,星野寛倫,宮野佐年. リハビリテーション病院入院脳卒中患者の転倒予測におけるニューラルネットの応用. 第41回日本リハビリテーション医学会学術集会. 東京. 2004年6月
  38. 猪飼哲夫,大竹義人,服部麻木,鈴木直樹,熊澤祐輔,宮野佐年. 下り傾斜面の障害物越え歩行の四次元解析. 第41回日本リハビリテーション医学会学術集会. 東京. 2004年6月
  39. 鄭健錫,稲田晴生,音琴勝,菅原英和,宮野佐年. 非外傷性脊髄損傷の機能予後に関する調査. 第41回日本リハビリテーション医学会学術集会. 東京. 2004年6月
  40. 猪飼哲夫,中澤征人,佐々木信幸,高田耕太郎,上久保毅,宮野佐年. 透析中の脳卒中患者のリハビリテーション. 第41回日本リハビリテーション医学会学術集会. 東京. 2004年6月
  41. 辰濃尚,小林健太郎,青木重陽,宮野佐年. 当院における回復期リハビリテーション病棟の現状と検討. 第41回日本リハビリテーション医学会学術集会. 東京. 2004年6月
  42. 小林健太郎,辰濃尚,青木重陽,宮野佐年. 当院回復期リハビリテーション病棟における退院時移動能力の予後予測. 第41回日本リハビリテーション医学会学術集会. 東京. 2004年6月
  43. 青木重陽,小林健太郎,辰濃尚,宮野佐年. 当院回復期リハビリテーション病棟における独居脳卒中患者症例の検討. 第41回日本リハビリテーション医学会学術集会. 東京. 2004年6月
  44. 西将則,船越政範,大山輝夫,川田英樹,宮野佐年. シーティング外来における脳性麻痺児の評価について-GMFCSの有用性の検討-. 第41回日本リハビリテーション医学会学術集会. 東京. 2004年6月
  45. 瀨田拓,安保雅博,宮野佐年. 開胸開腹術前リハビリテーションによる呼吸機能と自覚症状の変化. 第41回日本リハビリテーション医学会学術集会. 東京. 2004年6月
  46. 渡邉修,安保雅博,菊地吉晃,来間弘展,宮野佐年,米本恭三. 手指対立運動に関するリズム音の影響-機能的MRIによる補足運動野の賦活について-. 第41回日本リハビリテーション医学会学術集会. 東京. 2004年6月
  47. 杉本淳. 発症後数年経過しADL全介助に近い状態にもかかわらずリハビリテーションが有効であった症例の検討. 第41回日本リハビリテーション医学会学術集会. 東京. 2004年6月
  48. 巷野昌子,鈴木禎,小林一成,宮野佐年. 脳腫瘍患者のリハビリテーションの現状. 第41回日本リハビリテーション医学会学術集会. 東京. 2004年6月
  49. 星野寛倫,宮野佐年. 左室機能低下患者に対する運動療法(第5報). 第41回日本リハビリテーション医学会学術集会. 東京. 2004年6月
  50. 藤島一郎,大野友久,高橋博達,稲生綾,黒田百合,片桐伯真. 総合病院における口腔衛生システムの構築-リハビリテーション科の一員としての歯科-. 第41回日本リハビリテーション医学会学術集会. 東京. 2004年6月
  51. 小山照幸,宮野佐年. 介護支援専門員(ケアマネジャー)の現状(第2報). 第41回日本リハビリテーション医学会学術集会. 東京. 2004年6月
  52. 高橋勇二,片桐伯真. 作業療法の疾患別訓練実施時間の実態調査. 第41回日本リハビリテーション医学会学術集会. 東京. 2004年6月
  53. 高橋玖美子,本田哲三,坂爪一幸,上久保毅. 脳腫瘍再発による記憶障害者へのJob coachの実際. 第41回日本リハビリテーション医学会学術集会. 東京. 2004年6月
  54. 大山輝夫,船越政範,西将則,川田英樹,古市照人. 超高齢患者のリハビリテーション. 第41回日本リハビリテーション医学会学術集会. 東京. 2004年6月
  55. 浅野由美,長尾竜郎,北原宏,佐々木健,染屋政幸,李泰鉉,神川康也,加藤剛,稲田晴生. 加速度計による運動の長時間計測 その1 姿勢について. 第41回日本リハビリテーション医学会学術集会. 東京. 2004年6月
  56. 渡邉修,米本恭三,矢田千鶴子,中嶋真理子. 高次脳機能障害者に対する地域リハビリテーションの試み. 第9回認知神経科学会. 東京. 2004年7月
  57. 橋本圭司,立神粧子,岡本隆嗣,大橋正洋. NIRSを用いた前頭葉機能評価-前頭葉賦活課題としてもピアノ演奏の有用性の検討-. 第9回認知神経科学会. 東京. 2004年7月
  58. 橋本圭司,大塚由美子,大野好之,三浦有紀,渡邉修,大橋正洋. 後天性脳損傷者に対する教科学習訓練の試み. 第9回認知神経科学会. 東京. 2004年7月
  59. 木村真規,篠崎智一,依田絵美,立石直人,柴崎敏昭,山内秀樹,鈴木政登. 自発的長期運動と視床下部弓状核におけるOb-Rb遺伝子発現の変化. 第131回日本体力医学会関東地方会. 東京. 2004年7月
  60. 小山照幸. (シンポジウム)リハビリテーション医の立場から. 第131回日本体力医学会関東地方会. 東京. 2004年7月
  61. 小山照幸,武田聡,太田真,吉田和彦,小川武希. 職員に対する心肺蘇生法教育. 日本蘇生学会第23回大会. 東京. 2004年7月
  62. 小山照幸,宮野佐年. 心臓手術のリハビリテーション-アンケート調査-. 第10回日本心臓リハビリテーション学会. 相模原. 2004年9月
  63. 小林健太郎,鈴木勉,辰濃尚,青木重陽,宮野佐年. 日常高親密度漢字に属性効果を示した純粋失読. 第28回日本リハビリテーション医学会関東地方会. 東京. 2004年9月
  64. 大橋正洋,青木重陽,岡本隆嗣,別府正敏,野村進. 筋ジストロフィー児の経時的歩行計測-床反力による関節点周りモーメントの関節水平面表示法-. 第28回日本リハビリテーション医学会関東地方会. 東京. 2004年9月
  65. 中澤征人,西将則,瀨田拓,宇田川珠緒,佐々木信幸,高田耕太郎,武原格,猪飼哲夫,宮野佐年. リハビリテーションに難渋した肥満心筋症の1例. 第28回日本リハビリテーション医学会関東地方会. 東京. 2004年9月
  66. 木村真規,篠崎智一,立石直人,依田絵美,山内秀樹,鈴木政登,柴崎敏昭. レプチン抵抗性モデルWistarラットに対する長期間の自発走運動は視床下部弓状核におけるOb-Rb遺伝子発現を減少させる. 第59回日本体力医学会大会. 大宮. 2004年9月
  67. 山内秀樹,刈谷文彦,湊久美子,北村裕美,代谷陽子,木村真規. 加負荷式自発運動による骨格筋適応の特徴. 第59回日本体力医学会大会. 大宮. 2004年9月
  68. 北村裕美,湊久美子,木村真規,山内秀樹,矢野博己. 高炭水化物食が疲労困憊運動後のLPS刺激に対するTNF-α産生および疲労回復におよぼす影響. 第59回日本体力医学会大会. 大宮. 2004年9月
  69. 依田絵美,篠崎智一,立石直人,木村真規,山内秀樹,柴崎敏昭. 動脈硬化症モデルハムスターにおける資質代謝改善とアディポネクチン分泌の変化. 第59回日本体力医学会大会. 大宮. 2004年9月
  70. 高橋仁,飯塚尚(東名ブレース株式会社),安保雅博. 一側下肢への上田法が歩行の足圧中心位置に及ぼす影響. 第22回日本市立医科大学理学療法学会愛知. 愛知. 2004年10月
  71. 猪飼哲夫,大竹義人,服部麻木,鈴木直樹,宮野佐年. 転倒予防対策の構築に向けて-下り傾斜面の障害物越え歩行の四次元解析-. 転倒予防医学研究回第1回研究集会. 京都. 2004年10月
  72. 上出良一,安保雅博,堀友子,五十嵐弘美,鈴木喜美子,星屋英治,片悦子. 当院における褥瘡の現状と対応-褥瘡ケアチームの活動報告-. 第121回成医会総会. 東京. 2004年10月
  73. 安保雅博,佐々木信幸,瀨田拓,宮野佐年. 脳損傷後の言語機能再構築について. 第121回成医会総会. 東京. 2004年10月
  74. 山内秀樹,宮野佐年. 荷重条件の変化に対する骨格筋熱ショック蛋白質70の変化と加齢の影響. 第121回成医会総会. 東京. 2004年10月
  75. 片山由理、角田亘、福永隆三、大川直澄、畦西恭彦. 真性赤血球増加症を原因として、繰り返し脳梗塞を発症した一例. 日本神経学会第80回近畿地方会. 大阪. 2004年6月
  76. 弘田伸子、伊藤泰司、高橋務、角田亘、福永隆三. 心原性脳塞栓症に対するワルファリンの投与量の検討. 第45回日本脈管学会総会. 札幌. 2004年9月
  77. 角田亘、伊藤泰司、福永隆三. 心原性脳塞栓症の超急性期体温がearly CT signsの出現に与える影響. 第45回日本神経学会総会. 東京. 2004年5月
  78. 浦部博志、角田亘、伊藤泰司、福永隆三. ラクナ梗塞におけるベッドアップ施行時期と運動機能改善度. 第45回日本神経学会総会. 東京. 2004年5月
  79. 角田亘、伊藤泰司、福永隆三. 脳梗塞の危険因子としての心房細動の認知度について. 第29回日本脳卒中学会総. 名古屋. 2004年4月
  80. 虎谷直美、角田亘、伊藤泰司、高橋務、浦部博志、片山由理、弘田伸子、高木敬文、福永隆三. ラクナ梗塞患者における急性期体温の臨床的意義. 第29回日本脳卒中学会総. 名古屋. 2004年4月

 ▲ページトップへ

Copyright(C) 2007 Department of Rehabilitation Medicine.The Jikei University, School of Medicine. All rights reserved.