研究実績

tag3

 

2001年の研究業績

△各年の研究業績へ

論文一覧

  1. Fukumitsu N,Ogi S,Kawakami G,Uchiyama M,Mori Y,Takehara I, Katagiri N,Miyano S. Redistribution in I-123 N-isopropyl-piodoamphetamine single-photon emission computed tomography in cerebrovascular disease and the effects of rehabilitation. Neuroradiology. 2001. 43. 427-34
  2. Ikai T,Uematsu M,Eun S.S,Kimura C,Hasegawa C,Miyano S. Prevention of Secondary Osteoporosis Postmenopause in Hemiplegia. Am J Phys Med Rehabil. 2001. 80. 169-74
  3. Yamanaka G, Goto K, Matsumura T, Funakoshi M, Komori T, Hayashi YK, Arahata. Tongue atrophy in facioscapulohumeral muscular dystrophy. Neurology. 2001. Aug 28;57(4). 733-5
  4. Abo M, Chen Z, Li-ju Lai, Reese T, Bjelke B. Functional recovery after brain lesion -contralateral neromodulation: an fMRI study. Functional recovery after brain lesion -contralateral neromodulation: an fMRI study. Neuroreport. 2001. 12. 1543-7
  5. 春日規克,石原昭彦,上勝也,下村喜治,杉浦崇夫,竹倉宏明,辻本尚弥,的場秀樹,山内秀樹,後藤勝正. 発育期の骨格筋に対する至適運動に関する研究. 体力科学. 2001. 50. 55-7
  6. 武原格,藤島一郎,大熊るり,水口文,小島千枝子,柴本勇,北条京子,新居素子,前田広士. 嚥下における頚部回旋の運動学的検討. 総合リハ. 2001. 29. 249-54
  7. 藤谷順子,猪飼哲夫,本田哲三,道免和久. 東京都リハビリテーション病院のoutcomeと今後の課題. リハ医学. 2001. 38. 245-7
  8. 橋本圭司,猪飼哲夫,渡邉修,大橋正洋. 脊髄血管障害の検討-東京都リハビリテーション病院における経験-. リハ医学. 2001. 38. 119-24
  9. 殷祥洙,益子詔次,山内秀樹,猪飼哲夫,米本恭三. 大腿骨骨萎縮の予防に関する実験的研究. リハ医学. 2001. 38. 203-10
  10. 山内秀樹,田端淳一,遠藤千草,宮野佐年. ラット足底筋の組織化学的特性と非荷重による変化-長軸方向の部位間での比較. リハ医学. 2001. 38. 832-8
  11. 殷祥洙,鈴木直樹,竹川徹,安保雅博,宮野佐年. 4次元的動態解析による高齢者転倒予防運動の効果判定に関する研究. わかりやすいデサントスポーツ科学. 2001. 6. 78-85
  12. 小山照幸,宮野佐年. 頸動脈エコーによる脳血流量の推測-脳SPECTとの比較-. 救急・集中治療. 2001. 13. 125-6
  13. 猪飼哲夫,植松海雲,殷祥洙,橋本圭司,宮野佐年. 下肢切断者のリハビリテーション効果と予後―影響する因子の検討. リハ医学. 2001. 38. 125-30
  14. 安保雅博,宮野佐年. 脳卒中後にうつ病を合併した患者のリハビリテーション. J Clin Rehabil. 2001. 10. 430-4
  15. 橋本圭司,大橋正洋,渡邉修,宮野佐年,高橋茂,高山昌美. 神奈川リハビリテーション病院における義手処方の実態‐過去10年の疫学的考察と義手使用状況の調査-. 総合リハ. 2001. 29. 955-60
  16. 渡邉修,大橋正洋,橋本圭司,伊藤良介,宮野佐年. 脳外傷回復期の包括的リハビリテーションとその成果. リハ医学. 2001. 38. 892-6
  17. 道関京子,門脇大地,金山節子,宮野佐年,米本恭三. 全体構造(JIST)法の不連続刺激訓練の効果健忘失語訓練からの能動的聞き取りの重要性. 認知神経学. 2001. 3. 134-7
  18. 柴本勇,藤島一郎,大熊るり,武原格,水口文,小島千枝子,北条京子,新居素子,前田広士. 頚部回旋による食堂入口部静止圧の変化. 総合リハ. 2001. 29. 61-4
  19. 辻本尚弥,鈴木英樹,平野朋枝,山内秀樹,春日規克. ラット下肢骨格筋に対する活動量制限の影響. 久留米大学比較文化研究. 2001. 28. 141-51
  20. 橋本圭司,大橋正洋,渡邉修,江原義弘,宮野佐年. 高位四肢切断者の移動動作解析. 総合リハ. 2001. 29. 1137-40
  21. 渡邉修,橋本圭司,大橋正洋. 劇症型A群溶血性連鎖球菌感染症による両股関節離断例のリハビリテーション経験. 総合リハ. 2001. 29. 949-53
  22. 大国生幸,原田孝,三橋徹,鄭健錫,稲田晴生,窪田俊夫. くも膜下出血後に異所性骨化を合併した一症例. J Clin Rehabil. 2001. 10. 477-80
  23. 武原格,宮野佐年,渡邉修,上久保毅,酒井康生. 舌下神経鞘腫摘出術後に嚥下障害を生じた一例. J Clin Rehabil. 2001. 10. 186-9
  24. 安保雅博,宮野佐年,荒川わかな,竹川徹,殷祥洙,大熊るり,長谷川千恵子,植松海雲. 脳腫瘍により脳梗塞を発症した1例. J Clin Rehabil. 2001. 10. 751-5
  25. 西将則,猪飼哲夫,武原格,上久保毅,宮野佐年. アルコール性ビタミン欠乏性多発神経炎により歩行障害をきたした1症例. J Clin Rehabil. 2001. 10. 939-41
  26. 佐々木信幸,杉本淳,相馬有里,磯野素子,宮野佐年. 純粋語聾の一症例. J Clin Rehabil. 2001. 10. 1025-9
  27. 上久保毅,猪飼哲夫,武原格,西将則,宮野佐年. 睡眠時無呼吸症候群を伴った脳梗塞の一例. J Clin Rehabil. 2001. 10. 1117-20
  28. 橋本圭司,大橋正洋,渡邉修,殿村暁,藤本豊,手塚晴美,宮野佐年. 精神保健福祉センターとの連携が住宅復帰援助に有効であった高次脳機能障害者の1例. リハ医学. 2001. 38. 996-9
  29. 渡邉修. 脳循環・脳代謝-リハ医学からの視点-. J Clin Rehabil. 2001. 10(2). 131-6
  30. 鄭健錫. 片麻痺-下肢装具と下肢手術の効果. J Clin Rehabil. 2001. 10(10). 924-8
  31. 大熊るり,藤島一郎,稲生綾. 摂食・嚥下障害患者に対する代替栄養法-間歇的経管栄養法(intermittent tube feeding)の利点と適応. Medicina. 2001. 38. 692-8
  32. 大熊るり,宮野佐年. 摂食・嚥下障害のリハビリテーション(2)直接的嚥下訓練. 日独医報. 2001. 46. 46-53
  33. 武原格,宮野佐年. 目指せ経口摂取!かむ のむ たべる トレーニング第2回嚥下機能を評価しよう(1). ブレインナーシング. 2001. 17. 53-6
  34. 大熊るり,藤島一郎,宮野佐年. 脳卒中急性期における嚥下障害への対応. Med Rehabil. 2001. 1. 29-35
  35. 猪飼哲夫,植松海雲,殷祥洙,橋本圭司,原徹也,宮野佐年. リハビリテーション病院における外傷性脊髄損傷患者のリハビリテーション効果. 総合リハ. 2001. 29. 469-74
  36. 渡邉修,宮野佐年,杉下守弘,上久保毅,菅原光晴. 脳梁梗塞患者のリハビリテーション. リハ医学. 2001. 38. 465-70
  37. 小山照幸,山田純生,宮野佐年,池下正敏,山手昇. 心臓術後心臓リハビリテーションの現状と課題. 心臓リハ. 2001. 6. 91-3
  38. 安保雅博,宮野佐年. 脳卒中患者 リハビリテーションにおけるリスクへの対応. 総合リハ. 2001. 10. 597-602
  39. 渡邉修,大橋正洋,橋本圭司. 脳外傷における介護負担感. J Clin Rehabil. 2001. 10. 876-82
  40. 宮野佐年. 臨床医学の展望-リハビリテーション医学. 医事新報. 2001. 42-7
  41. 宮野佐年. 循環器疾患-リハビリテーションのポイント-. 綜合臨床. 2001. 50. 2863-4
  42. 大橋正洋. 歩行分析の現状とリハビリテーション医療における役割. リハ医. 2001. 38. 393-400
  43. 大熊るり,宮野佐年,藤島一郎. 嚥下障害を起こしやすい疾患. Med Rehabil. 2001. 2. 6-12
  44. 小林一成,宮野佐年. 心臓病と生活習慣病. Med Rehabil. 2001. 4. 37-43
  45. 木村知行,辰濃尚,宮野佐年. 目指せ経口摂取!かむ のむ たべる トレーニング経皮内視鏡的胃瘻造設術(Percutaneous Endoscopic Gastrostomy)を用いた経腸栄養療法(1). ブレインナーシング. 2001. 17. 778-82
  46. 渡邉修,安保雅博. 頭部外傷後遺症. Medicina. 2001. 38. 1364-5
  47. 渡邉修,橋本圭司,大橋正洋. 認知障害. 総合リハ. 2001. 29. 909-13
  48. 園田茂,住田幹男,大橋正洋,小林一成,近藤和泉,千田富義,豊倉穣,眞野行生,蜂須賀研二. リハビリテーション関連雑誌における評価報使用動向調査-2-. リハ医学. 2001. 38. 87-90
  49. 小林一成. 知識と経験の共有をめざして. J Clin Rehabil. 2001. 10. 449-50
  50. 猪飼哲夫. 研修施設紹介. J Clin Rehabil. 2001. 10. 264-8
  51. 鈴木禎. スウェーデン留学記. 慈恵医大誌. 2001. 116. 513-4

▲ページトップへ

 

著書一覧

  1. 宮野佐年. 高齢者のリハビリテーション. 大内尉義 編. STANDARD TEXTBOOK PT OT老年学:標準理学療法学・作業療法学. 医学書院. 208-23. 2001
  2. 稲田晴生,稲葉敏樹. リハビリテーション-基礎訓練. 藤島一郎. よくわかる嚥下障害. 永井書店. 138-47. 2001
  3. 大熊るり. リハビリテーション-チームアプローチ. 藤島一郎. よくわかる嚥下障害. 永井書店. 181-6. 2001
  4. 宮野佐年. リハビリテーションとリズム. 田村康二 編. 実地診療に役立つヒトのリズム 時間診療学. 永井書店. 100-5. 2001
  5. 宮野佐年. 内部障害(COPDと糖尿病)の介護認定と評価. 千野直一,安藤徳彦 編. リハビリテーションMOOK:介護保険とリハビリテーション. 金原出版. 73-80. 2001
  6. 大熊るり. 栄養管理-代替栄養法. 藤島一郎. よくわかる嚥下障害. 永井書店. 213-26. 2001
  7. 菅原英和,宮野佐年,冨田祐司,星野寛倫. 脳卒中. 米本恭三,石神重信,石田暉 編. J Clin Rehabil:リハビリテーションクリニカルパス実例集. 医歯薬出版. 22-4. 2001
  8. 宮野佐年. 心筋梗塞 疾患のリハビリテーション. 米本恭三,石神重信,石田暉 編. J Clin Rehabil:リハビリテーションクリニカルパス実例集. 医歯薬出版. 149-51. 2001

▲ページトップへ

 

発表一覧

  1. Eun S S,Otake Y,Hattori A,Suzuki N,Abo M,Miyano S. The visualization of the synergy motion of heniplegics by using 4-dimensional muscloskeletal anal yzing system. 1st World Congress of the International Society of Physical and Rehabilitation Medicine(ISPRM Ⅰ). Amsterdam. 2001年7月
  2. Otake Y,Suzuki N,Hattori A,Yamamoto Y,Eun S S, Miyano S. Muscloskeletal model digital dummy. 1st World Congress of the International Society of Physical and Rehabilitation Medicine(ISPRM Ⅰ). Amsterdam. 2001年7月
  3. Abo M, Yonemoto K, Miyano S, Bjelke B. Improved behavioral recovery correlated with MRI in experimental stroke model. International society of Physical and Rehabilitation Medicine. 1st World Congress of the International Society of Physical and Rehabilitation Medicine(ISPRM Ⅰ). Amsterdam. 2001年7月
  4. Miyano S, Uematsu M, Eun S S. Japanese traditional kouse and Hemiplegia. 1st World Congress of the International Society of Physical and Rehabilitation Medicine(ISPRM Ⅰ). Amsterdam. 2001年7月
  5. Koyama T,Miyano S,Funaki S,Abe H. Effect of the outpatient cardiac rehabilitation after coronary artery bypass surgery. The 8the Annual Meeting of the Asian Society for Cardiovascular Surgery. Nagoya. 2001年3月
  6. Watanabe S, Ohashi M, Hashimoto K, Onabe S, Onishi M, Miyano S, Yonemoto K. The Role of Rehabilitation Facilities for the Patinets with Traumatic Brain Injury. The 1st World Congress of the International Society of Physical and Rehabilitation Medicine (ISPRM). Amsterdam. 2001年7月
  7. 小山照幸,宮野佐年. 頸動脈エコーによる脳血流量の推測-脳SPECTとの比較-. 第6回日本脳代謝モニタリング研究会. 2001年1月
  8. 小山照幸,山田純生,宮野佐年,池下正敏,山手昇. 心臓血管術後心臓リハビリテーションの現状と課題-アンケート調査より-. 第31回日本心臓血管外科学会学術総会. 宇部. 2001年2月
  9. 西将則,猪飼哲夫,上久保毅,武原格,宮野佐年. 失読失書を伴った輪状咽頭嚥下障害の1症例. 第17回日本リハビリテーション医学会関東地方会. 東京. 2001年2月
  10. 渡邉修,橋本圭司,大橋正洋,宮野佐年. 心理社会的行動障害が顕著であった前頭葉眼面損傷の1例. 第17回日本リハビリテーション医学会関東地方会. 東京. 2001年2月
  11. 小山照幸,冨田祐司,三戸部聖子,安保雅博,宮野佐年,鈴木裕,羽生信義. 食道癌手術前理学療法導入効果について. 第17回日本リハビリテーション医学会関東地方会. 東京. 2001年2月
  12. 片桐伯真,藤島一郎,薛克良,稲生綾,佐藤新介. 当院ホスピスにおけるリハビリテーションの役割について. 第17回日本リハビリテーション医学会関東地方会. 東京. 2001年2月
  13. 山内秀樹,遠藤千草,益子詔次,宮野佐年. 後肢懸垂に伴う大腿骨骨密度低下と荷重負荷の影響. 第17回日本リハビリテーション医学会関東地方会. 東京. 2001年2月
  14. 萩原博道,山崎洋次,山内秀樹,宮野佐年. 5-HT2A受容体拮抗薬の筋クランプに対する作用機序についての基礎的研究. 第7回関東甲信越セロトニン研究会. 東京. 2001年2月
  15. 山内秀樹,刈谷文彦,宮野佐年. 骨格筋の廃用性変化に対する加齢とビタミンE補充の影響. 第78回日本生理学会大会. 京都. 2001年3月
  16. 山内秀樹,刈谷文彦,宮野佐年. 高齢ラットの廃用性筋萎縮に対する運動効果. 第79回日本生理学会. 広島. 2001年3月
  17. 小山照幸,羽生信義,鈴木裕,青木照明,宮野佐年. 当院における食道癌手術例の検討-理学療法の導入と医療費について. 第1回胸部外科医療効率研究会. 仙台. 2001年4月
  18. 佐藤信一,藤田博史,佐藤香純,有馬弓美子,中村高良,大津陽子,中村尚人,宮野佐年. 筋座縮の定量的評価(第2報)-臨床応用への試み-. 第36回日本理学療法学術大会. 広島. 2001年5月
  19. 安保雅博,宮野佐年,山内秀樹,殷祥洙. 実験的脳卒中ラットの作成. 第38回リハビリテーション医学会. 横浜. 2001年6月
  20. 山内秀樹,遠藤千草,益子詔次,宮野佐年. 後肢懸垂に伴う大腿骨骨密度低下と荷重負荷の影響. 第122回日本体力医学会関東地方会. 東京. 2001年6月
  21. 菅原光晴,佐藤純,石井理恵,竹内利江,姫井さやか,岡本麻美,見本いづみ. 左半側無視患者に対する系統的アプローチ. 第35回作業療法学会. 石川. 2001年6月
  22. 小林一成. 障害概念に関わるリハビリテーション医学的検討. 第38回日本リハビリテーション医学会学術集会. 横浜. 2001年6月
  23. 殷祥洙,鈴木直樹,山本洋子,竹川徹,宮野佐年. 4次元的動態解析による麻痺肢共同運動の視覚化についての試み. 第38回日本リハビリテーション医学会学術集会. 横浜. 2001年6月
  24. 小林一成,佐久間真由美,宮野佐年. 脳卒中早期自立度予測(二木)の有用性についての検討-その1脳梗塞患者について. 第38回日本リハビリテーション医学会学術集会. 横浜. 2001年6月
  25. 稲生綾,佐藤新介,片桐伯真,薛克良,藤島一郎. 経鼻経管栄養が嚥下に与える影響に関する検討. 第38回日本リハビリテーション医学会学術集会. 横浜. 2001年6月
  26. 木村知行,辰濃尚,宮野佐年,猪飼哲夫. 嚥下障害患者に対する経皮内視鏡的胃瘻造設術. 第38回日本リハビリテーション医学会学術集会. 横浜. 2001年6月
  27. 大熊るり,植松海雲,宮野佐年,藤島一郎. 検診上部消化管造影時の誤嚥とその対策. 第38回日本リハビリテーション医学会学術集会. 横浜. 2001年6月
  28. 植松海雲,宮野佐年,猪飼哲夫. 決定木による脳卒中片麻痺患者の転倒予測. 第38回日本リハビリテーション医学会学術集会. 横浜. 2001年6月
  29. 佐久間真由美,小林一成,宮野佐年. 脳卒中早期自立度予測(二木)の有用性についての検討-その2脳出血患者について-. 第38回日本リハビリテーション医学会学術集会. 横浜. 2001年6月
  30. 辰濃尚,木村知行,宮野佐年. リハビリテーション科開設前後における患者動態の変化-早期脳卒中患者を中心に. 第38回日本リハビリテーション医学会学術集会. 横浜. 2001年6月
  31. 上久保毅,猪飼哲夫,武原格,西将則,宮野佐年. 脳出血の機能予後に及ぼす影響-無症候性脳血管病巣について-. 第38回日本リハビリテーション医学会学術集会. 横浜. 2001年6月
  32. 片桐伯真,藤島一郎,薛克良,稲生綾,佐藤新介,宮野佐年. 脳外傷家族会におけるリハ医の役割について. 第38回日本リハビリテーション医学会学術集会. 横浜. 2001年6月
  33. 小山照幸,冨田祐司,三戸部聖子,安保雅博,宮野佐年,鈴木裕. 食道癌術前からの理学療法の導入効果. 第38回日本リハビリテーション医学会学術集会. 横浜. 2001年6月
  34. 佐々木信幸,杉本淳,宮野佐年. 糖尿病運動療法における肥満と心拍数の関係. 第38回日本リハビリテーション医学会学術集会. 横浜. 2001年6月
  35. 船越政範,大塚俊子,神前智一,高柳慎八郎,宮野佐年. 栃木県における電動車椅子交付の現状. 第38回日本リハビリテーション医学会学術集会. 横浜. 2001年6月
  36. 猪飼哲夫,上久保毅,武原格,西将則,宮野佐年. 中高齢者の動的バランス機能評価. 第38回日本リハビリテーション医学会学術集会. 横浜. 2001年6月
  37. 西将則,猪飼哲夫,上久保毅,武原格,宮野佐年. 障害者の性問題についてのアンケート調査. 第38回日本リハビリテーション医学会学術集会. 横浜. 2001年6月
  38. 安保雅博,宮野佐年,山内秀樹,殷祥洙. 実験的脳卒中ラットの作成. 第38回日本リハビリテーション医学会学術集会. 横浜. 2001年6月
  39. 河井宏之,上野博嗣,宮野佐年. 内頸動脈病変による眼虚血症候群を伴ったリハビリテーション経験. 第38回日本リハビリテーション医学会学術集会. 横浜. 2001年6月
  40. 杉本淳,佐々木信幸,宮野佐年. パネルゲームを用いた脳卒中患者における左右反応時間の検討. 第38回日本リハビリテーション医学会学術集会. 横浜. 2001年6月
  41. 瀨田拓,稲田晴生,音琴勝,鄭健錫,菅原英和,高田耕太郎,宮野佐年. 健常者における安静時食道入口抵抗の球状バルーン引き抜きによる検討. 第38回日本リハビリテーション医学会学術集会. 横浜. 2001年6月
  42. 山内秀樹,宮野佐年. 非荷重による筋萎縮と筋収縮蛋白の変化. 第38回日本リハビリテーション医学会学術集会. 横浜. 2001年6月
  43. 竹川徹,殷祥洙,安保雅博,大熊るり,宮野佐年. 変形性膝関節症の運動療法についての検討. 第38回日本リハビリテーション医学会学術集会. 横浜. 2001年6月
  44. 武原格,猪飼哲夫,上久保毅,西将則,高坂哲,宮野佐年. 基底核脳出血における排尿障害因子の検討. 第38回日本リハビリテーション医学会学術集会. 横浜. 2001年6月
  45. 高坂哲,猪飼哲夫,宮野佐年. 脳卒中患者退院後の排泄動向. 第38回日本リハビリテーション医学会学術集会. 横浜. 2001年6月
  46. 猪飼哲夫,上久保毅,武原格,西将則,宮野佐年. 片麻痺患者の動的バランス機能―健常者との比較. 第38回日本リハビリテーション医学会学術集会. 横浜. 2001年6月
  47. 鄭健錫,稲田晴生,瀨田拓,高田耕太郎,菅原英和,宮野佐年. 片麻痺患者における歩行時の平行棒荷重応力計測. 第38回日本リハビリテーション医学会学術集会. 横浜. 2001年6月
  48. 渡邉修,大橋正洋,橋本圭司,宮野佐年. 脳外傷回復期の包括的リハビリテーションとその成果. 第38回日本リハビリテーション医学会学術集会. 横浜. 2001年6月
  49. 高田耕太郎,稲田晴生,鄭健錫,菅原英和,宮野佐年,瀨田拓. 三次元加速度計による歩行関連動作の分析第3報歩行速度変化のモニタリング. 第38回日本リハビリテーション医学会学術集会. 横浜. 2001年6月
  50. 冨田祐司,小山照幸,三戸部聖子,安保雅博,宮野佐年. 当院における腰椎牽引療法の実態調査. 第38回日本リハビリテーション医学会学術集会. 横浜. 2001年6月
  51. 小山照幸,冨田祐司,三戸部聖子,安保雅博,宮野佐年. 頸椎牽引療法の効果について. 第38回日本リハビリテーション医学会学術集会. 横浜. 2001年6月
  52. 菅原英和,瀨田拓,高田耕太郎,鄭健錫,稲田晴生,宮野佐年. 脳卒中片麻痺における座面傾斜に対する体幹姿勢反応の検討-三次元動作解析による健常者との比較-. 第38回日本リハビリテーション医学会学術集会. 横浜. 2001年6月
  53. 渡邉修,橋本圭司,大橋正洋,宮野佐年. 若年重症脳外傷患者10年間の追跡調査. 第38回日本リハビリテーション医学会学術集会. 横浜. 2001年6月
  54. 星野寛倫,吉峰史博,宮野佐年. 左室機能低下患者に対する運動療法第Ⅱ報. 第38回日本リハビリテーション医学会学術集会. 横浜. 2001年6月
  55. 小山照幸,宮野佐年,山田純生. 開心術後心臓リハビリテーションの現状と問題点. 第38回日本リハビリテーション医学会学術集会. 横浜. 2001年6月
  56. 橋本圭司,大橋正洋,渡邉修,宮野佐年. 当院における義手処方の実態調査-過去10年間の疫学的考察を中心に-. 第38回日本リハビリテーション医学会学術集会. 横浜. 2001年6月
  57. 薛克良,藤島一郎,片桐伯真,稲生綾,佐藤新介. 嚥下における頸部角度の検討-頚部全屈位,単純顎引き位,前屈顎引き位の比較-. 第38回日本リハビリテーション医学会学術集会. 横浜. 2001年6月
  58. 渡邉修,大橋正洋,橋本圭司,伊藤良介,宮野佐年. 脳外傷回復期の包括的リハビリテーションとその成果. 第38回日本リハビリテーション医学会学術集会. 横浜. 2001年6月
  59. 鈴木亨,清水康裕,小竹伴照,才藤栄一. リハビリテーション科入院患者における転倒,転落事故の現状と対応について. 第38回日本リハビリテーション医学会学術集会. 横浜. 2001年6月
  60. 道関京子,門脇大地,中島佐智子,金山節子,安保雅博,宮野佐年. 慈恵法に基づく失語症リハ支援システムの開発. 第89回成医会第三支部. 東京. 2001年6月
  61. 佐久間真由美,竹川徹,青木重陽,殷祥洙,大熊るり,植松海雲,安保雅博,宮野佐年. 脳出血患者の早期自立度予測. 第89回成医会第三支部. 東京. 2001年6月
  62. 山田健治,村松正文,臼井裕一,石井美紀,藤本英明,粂真琴,平野和宏,小倉理枝,古和田涼子,大谷卓也. 院内の腰痛発生状況について-アンケート調査-. 第24回成医会柏支部. 柏. 2001年7月
  63. 殷祥洙,鈴木直樹,宮野佐年,米本恭三. 4次元筋骨格動態モデル“Digital Dummy”の臨床応用. 第9回日本運動生理学会大会. 横浜. 2001年7月
  64. 山内秀樹,遠藤千草,宮野佐年. 非荷重に伴うラット足底筋の筋線組織成ならびに筋線維サイズの部位特異的変化. 第9回日本運動生理学会大会. 横浜. 2001年7月
  65. 道関京子,宮野佐年,米本恭三. 慢性期・重度孤立性失語に対する全体構造法(JIST)の効果. 第6回認知神経学会. 東京. 2001年7月
  66. 渡邉修,橋本圭司,大橋正洋,坂本久恵,宮野佐年. 記憶障害患者に対する外的補助手段の有効性について. 第6回認知神経学会. 東京. 2001年7月
  67. 道関京子,門脇大地,中島佐智子,金山節子,安保雅博,宮野佐年. 非荷重に伴うラット足底筋の筋線組織成ならびに筋線維サイズの部位特異的変化. 第6回認知神経学会. 東京. 2001年7月
  68. 道関京子,門脇大地,中島佐智子,金山節子,安保雅博,宮野佐年. 全体構造法の不連続刺激訓練-能動的な聞き取り能力の重要性-. 第6回認知神経学会. 東京. 2001年7月
  69. 細樅有里,工藤由起,道関京子. 全体構造による慢性期・超皮質性混合失語への試み. 第6回認知神経学会. 東京. 2001年7月
  70. 高木哲史,河合勇,服部一郎,道関京子,宮野佐年,米本恭三. 失語症在宅リハビリ支援システムの全体構造法への適用評価. 第6回認知神経学会. 東京. 2001年7月
  71. 小山照幸,宮野佐年,大澤智恵子,小川美緒. 食道癌手術患者の術前後の体力変化. 第56回日本体力医学会大会. 宮城. 2001年9月
  72. 小山照幸,宮野佐年,鈴木和彦,黒澤博身,中山恭秀,松田幸恵. 心臓術後患者の退院後のQOLについて-第一報-. 第7回日本心臓リハビリテーション学会. 久留米市. 2001年9月
  73. 猪飼哲夫,上久保毅,武原格,西将則,宮野佐年. 中高齢者および片麻痺患者の動的バランス機能評価. 第3回日本骨粗鬆症学会. 大阪. 2001年9月
  74. 菅原英和,瀨田拓,高田耕太郎,音琴勝,鄭健錫,稲田晴生,宮野佐年. スピーチカニューレ抜去により誤嚥性肺炎を発症した頸髄損傷の1例. 第18回日本リハビリテーション医学会関東地方会. 東京. 2001年9月
  75. 青木重陽,植松海雲,岡本隆嗣,佐久間真由美,竹川徹,大熊るり,安保雅博,猪飼哲夫,宮野佐年,苅部さとみ. 結核性脊髄硬膜外膿瘍による対麻痺の1リハ経験. 第18回日本リハビリテーション医学会関東地方会. 東京. 2001年9月
  76. 橋本圭司,大橋正洋,渡邉修,殿村暁,野々垣睦美,藤本豊,手塚晴美,宮野佐年. 精神保健福祉センターとの連携が住宅復帰援助に有効であった高次脳機能障害者の1例. 第18回日本リハビリテーション医学会関東地方会. 東京. 2001年9月
  77. 瀨田拓,小林一成,佐久間真由美,宮野佐年. 短期間に6回の再出血を来たした高齢脳内出血の1例. 第18回日本リハビリテーション医学会関東地方会. 東京. 2001年9月
  78. 遠藤千草,山内秀樹,湊久美子,代谷陽子,木村真規,森本茂,宮野佐年. 骨の発達に及ぼす蛋白摂取量と習慣的運動の影響. 第56回日本体力医学会. 仙台. 2001年9月
  79. 刈谷文彦,山内秀樹,小林啓三,成澤三雄,中原凱文. 自発的身体活動のラット骨格筋の形態的・機能的変化の関係について. 第56回日本体力医学会. 仙台. 2001年9月
  80. 山内秀樹,刈谷文彦,遠藤千草,宮野佐年. 高齢期の廃用性筋萎縮に対するビタミンE補充の影響. 第56回日本体力医学会. 仙台. 2001年9月
  81. 小川芳徳,宮野佐年. 強制運動,随意運動と感染に対する抵抗力. 第56回日本体力医学会. 仙台. 2001年9月
  82. 山内秀樹,宮野佐年. 高齢期の非荷重による筋萎縮と活性酸素ストレスとの関係. 第118回成医会総会. 東京. 2001年10月
  83. 萩原博道,山内秀樹,山崎洋次,宮野佐年. 筋クランプに対する塩酸サルポグレラートの作用機序についての基礎的研究. 第16回日本整形外科基礎学術集会. 広島. 2001年10月
  84. 小山照幸,宮野佐年,鈴木裕,羽生信義,青木照明. 食道癌術前からの理学療法の導入効果. 第54回日本胸部外科学会総会. 大阪. 2001年10月
  85. 小山照幸,羽生信義,鈴木裕,青木照明,宮野佐年. 当院における食道癌手術例の入院医療費の検討-包括的理学療法導入との関係について-. 第63回日本臨床外科学会総会. 横浜. 2001年10月
  86. 山内秀樹,宮野佐年. 廃用による筋萎縮と速筋化に対する参加ストレスの影響. 第118回成医会総会. 東京. 2001年10月
  87. 山内秀樹. 筋収縮機能の適応変化:加齢と廃用の影響. 第18回筋肉の会. 仙台. 2001年10月
  88. 渡邉修,大橋正洋,橋本圭司,大鍋省三,大西正晃,宮野佐年. 当院の脳外傷リハビリテーションにおける更生施設の役割. 第12回リハ・カレントトピックス&レクチャー. 大阪. 2001年11月
  89. 猪飼哲夫,西将則,宮野佐年,上久保毅,武原格,鈴木幹夫. 骨折予防装具(ヒッププロテクター)の改良・開発. 第17回日本義肢装具学会. 東京. 2001年11月
  90. 鷲山眞理雄,佐藤みち子,西野智香子,西田有滋,鈴木壽彦,荒川わかな,木村知行. 東京慈恵会医科大学における肺理学療法の問題点について. 第87回成医会青戸支部. 東京. 2001年11月
  91. 姫井さやか,菅原光晴,石井理恵,竹内利江,岡本麻美,吉澤いづみ,宮野佐年. 脳卒中片麻痺患者の体幹機能障害が車椅子操作能力に及ぼす影響. 第90回成医会第三支部. 東京. 2001年12月
  92. 大熊るり,青木重陽,小山照幸,辰濃尚,猪飼哲夫,宮野佐年. 当院における嚥下造影検査の現状. 第90回成医会第三支部. 東京. 2001年12月
  93. 半田伸夫、伊藤泰司、角田亘、高橋大介、寺崎泰和、南浦史子、高木敬文. 頚動脈狭窄の治療戦略頚動脈狭窄病変の臨床診断超音波法の有用性. 第42回日本脈管学会総会. 大阪. 2001年9月
  94. 杉浦史郎、寺崎泰和、南浦史子、田尾ゆかり、高橋大介、角田亘、高木敬文、伊藤泰司、半田伸夫. 一側内頚動脈閉塞における同側後交通動脈及び椎骨動脈の側副血行としての重要性. 第20回日本脳神経超音波学会. 大阪. 2001年9月
  95. 杉浦史郎、寺崎泰和、南浦史子、田尾ゆかり、高橋大介、角田亘、高木敬文、伊藤泰司、半田伸夫. 一側内頚動脈閉塞における椎骨脳底動脈からの側副血行の意義. 第26回日本脳卒中学会総会. 大阪. 2001年3月
  96. 杉浦史郎、寺崎泰和、南浦史子、田尾ゆかり、高橋大介、角田亘、高木敬文、伊藤泰司、半田伸夫. 頚動脈プラークスコアによる虚血性心疾患のリスク評価. 第26回日本脳卒中学会総会. 大阪. 2001年3月

 ▲ページトップへ

 

Copyright(C) 2007 Department of Rehabilitation Medicine.The Jikei University, School of Medicine. All rights reserved.