東京慈恵会医科大学リハビリテーション科専門検収プログラムについて

tag5

 

東京慈恵会医科大学リハビリテーション科専門研修プログラムについて

 厚労省による必要医師数の実態調査では、リハビリテーション科が1.29倍と全ての臨床科の中でトップであり(図1)、超高齢化社会を迎えますますリハビリテーション(以下、リハ)医療に対するニーズは高まる一方です。
リハ科専門医は「病気,外傷や加齢などによって生じる障害の予防、診断、治療を行い、機能の回復並びに活動性の向上や社会参加に向けてのリハを担う医師」であり、そのためには幅広い総合的医学知識と専門的な治療技能、他の医療専門職種と連携するチームリーダーとしての経験が必要とされます。さらに、リハ医学の進歩・普及のために研究・教育にも尽力する必要があります。

図3 必要医師実態調査結果(H22年厚労省による調査)
image1-2

 東京慈恵会医科大学リハ科は我が国で20余りしかないリハ医学講座のひとつです。専門研修プログラム(以下、慈恵専門研修PG)の基幹施設である東京慈恵会医科大学附属病院は1000床を超える特定機能病院であり、急性期入院患者の約40%がリハ治療を受けているため、多岐にわたる疾患のリハ医療を経験できます。また当医学講座は大学院博士課程を有しているため、希望する場合には専攻医の期間中に大学院へ進学し、研修中に研究活動に参画することも可能です。
 連携施設および関連施設には、三次救急指定病院、回復期病棟をもつリハ専門病院や総合病院、障害者施設をもち脊髄損傷や切断、小児リハなどの専門性の高い研修ができる総合リハセンター、在宅医療も行っているリハ病院など29施設があり、さらに連携施設に付属するデイケアセンターや訪問看護センターを通じて在宅診療に携わることもできます。3年間の研修プログラムで超急性期から生活期(維持期)に至るまでの必要とされる各分野の症例は十分に経験できます。 
 

専攻医募集定員

 毎年6名までを定員として募集いたします。
基幹施設に3名、プログラム全体では34名の指導医が在籍していますので、専攻医に対する指導医数には十分な余裕があり、専攻医の希望を十分考慮した上で、各研修施設をローテーションできます。

専攻医募集方法

 慈恵専門研修PG管理委員会は、毎年6月から病院ホームページでの広報や研修説明会を開催し、専攻医を募集します。当研修プログラムへの応募者には、9月の指定日までに研修プログラム統括責任者宛に所定の形式の①「東京慈恵会医科大学リハ科専門研修プログラム応募申請書」および②履歴書、③医師免許証の写し、④保険医登録証の写し、⑤臨床研修修了登録証の写しもしくは修了見込証明書をご送付いただきます。原則として11月中に書類選考および面接を行い、11月末までに採否を本人へ文書で通知します。

専攻医の就業環境

 基幹施設および各連携施設の責任者は、専攻医の労働環境改善に努めます。特に女性医師や介護者をかかえた医師等に十分な配慮を行います。専攻医の勤務時間、休日、当直、給与などの勤務条件については、労働基準法を遵守し、各施設の労使協定に従いますので、施設ごとに異なります。

専攻医の就業環境

 基幹施設および各連携施設の責任者は、専攻医の労働環境改善に努めます。特に女性医師や介護者をかかえた医師等に十分な配慮を行います。専攻医の勤務時間、休日、当直、給与などの勤務条件については、労働基準法を遵守し、各施設の労使協定に従いますので、施設ごとに異なります。

当専門研修プログラムの施設群

 慈恵専門研修PGを構成する施設群は以下の通りです。基幹施設は東京慈恵会医科大学附属病院で、連携・関連施設として29の施設があります。

[専門研修基幹施設]

東京慈恵会医科大学附属病院:臨床研修の基幹型臨床研修大学病院でリハビリテーション科を院内外に標榜しており、リハ科専門研修指導責任者と同指導医が常勤しています。研修内容に関しては、一般社団法人日本専門医機構による監査・調査に対応が可能で、3年間の研修期間の中で半年から1年間の勤務研修が義務付けされています。

[専門研修連携病院]

リハ科専門研修指導責任者と同指導医(指導責任者と兼務可能)が常勤しており、日本専門医機構リハ研修委員会の認定を受け、リハ科を院内外に標榜している病院です。診療実績基準を満たしており、半年から1年のローテーションで勤務研修する候補病院で、研修の際には雇用契約を結びます。
 ・東京慈恵会医科大学附属第三病院リハ科(急性期・回復期・維持期)
 ・東京慈恵会医科大学葛飾医療センターリハ科(急性期)
 ・東京逓信病院リハ科(急性期)
 ・東京都医療保険公社豊島病院リハ科(急性期・回復期)
 ・東京急行電鉄(株)東急病院リハ科(急性期・回復期)
 ・九段坂病院リハ科(急性期・回復期)
 ・帝京大学医学部溝口病院リハ科(急性期)
 ・国際医療福祉大学附属三田病院リハ科(急性期・回復期)
 ・東京都リハ病院(回復期・維持期)
・とちぎリハセンター(回復期・維持期)
 ・神奈川リハ病院(回復期)
 ・初台リハ病院(回復期・維持期・在宅医療)
 ・河北リハ病院(回復期)
 ・総合東京病院リハ科(回復期・維持期・在宅医療)
 ・化学療法研究所附属病院リハ科(回復期)
 ・城山病院リハ科(回復期・維持期・在宅医療)
 ・五反田リハ病院(回復期)
 ・桔梗ヶ原病院リハ科(回復期・維持期・在宅医療)
 ・西広島リハ病院(回復期・維持期・在宅医療)
 ・新東京病院リハ科(急性期)
 ・済生会宇都宮病院リハ科(急性期)
 ・松戸リハ病院(回復期)
 ・湖山リハ病院(回復期・在宅医療)
 ・牧リハ病院(回復期)
 ・大原記念病院リハ科(回復期)
 ・厚地リハ病院(回復期)

[専門研修関連病院]

指導医は常勤していませんが、専門医あるいは認定臨床医が常勤しており、指導医が定期的に訪問するなどの適切な指導体制を取っている病院で、3か月以内の短期間のローテーションが可能な候補病院です。
 ・東京慈恵会医科大学附属柏病院リハ科(急性期)
 ・品川リハ病院(回復期)
 ・赤羽リハ病院(回復期)

 

▲ページトップへ

 
 

専門研修コースについて

専門研修コース開始にあたっては、研修カリキュラムの総論について早期に習得できるように、早い時期に基幹施設での研修を行うこととし、また、全人間的に患者を診ることは重要な視点であるため、回復期リハ病棟での入院患者管理の経験も研修の前半で経験できるように配慮します。さらに、全研修期間を通じて、リハ関係学会への参加や、リハ関係研修会への出席を促します。具体的な施設群のローテーション予定を以下に示します。

ローテーション予定表

1年目 2年目 3年目
前 半 後 半 前 半 後 半 前 半 後 半
基幹施設 連携施設群① 専門施設 専門施設 連携施設群①②
急性期施設 専門施設 連携施設群①② 連携施設群①②
連携施設群① 専門施設 基幹施設 連携施設群①②
基幹施設 急性期施設 専門施設 連携施設群①②


基幹研修施設  :慈恵医大附属病院
急性期研修施設 :慈恵医大葛飾医療センター、東京逓信病院、東急病院、国際医療福祉大三田病院、
         済生会宇都宮病院、帝京大溝口病院
連携研修施設群①:慈恵会医大第三病院、総合東京病院、豊島病院、初台リハ病院、河北リハ病院、東京都リハ病院
         化学療法研究所附属病院、九段坂病院、
連携研修施設群②:城山病院、桔梗ヶ原病院、西広島リハ病院、五反田リハ病院、牧リハ病院、厚地リハ病院
         松戸リハ病院、湖山リハ病院、大原記念病院
専門研修施設  :とちぎリハセンター(小児)、神奈川県リハ病院(切断・脊損/小児)、新東京病院(循環器)


(研修に関する付記事項)
・地域医療研修:総合東京病院、初台リハ病院、城山病院、西広島リハ病院、桔梗ヶ原病院、湖山リハ病院、
・基幹研修施設において、週1回の全体勉強会を開催
・基幹研修施設において、月1回の症例検討会を開催

 

各研修施設の病期別研修分野

1、急性期
  (1)脳 (2)脊 (3)骨 (4)小 (5)神 (6)切 (7)内 (8)他
東京慈恵会医科大学付属病院
同  第三病院
同  葛飾医療センター
東京逓信病院 × ×
豊島病院 × ×
東急病院 × × ×
九段坂病院 × × × × × ×
帝京大学溝口病院
国際医療福祉大学附属三田病院 ×
東京都リハビリテーション病院 × × × × × ×
とちぎリハビリテーションセンター × × × × × ×
神奈川リハビリテーション病院 × × × ×
初台リハビリテーション病院 × × × × × × × ×
河北リハビリテーション病院 × × × × × × × ×
綜合東京病院 × × × ×
化学療法研究所附属病院 × × × × × × × ×
城山病院 × × ×
五反田リハビリテーション病院 × × × × × × × ×
桔梗ヶ原病院 × × × ×
西広島リハビリテーション病院 × × × × × × × ×
新東京病院 × ×
済生会宇都宮病院
松戸リハビリテーション病院 × × × × × × × ×
湖山リハビリテーション病院 × × × × × × × ×
牧リハビリテーション病院 × × × × × × × ×
大原記念病院 × × × × × × × ×
厚地リハビリテーション病院 × × × × × × × ×

 

2、回復期
  (1)脳 (2)脊 (3)骨 (4)小 (5)神 (6)切 (7)内 (8)他
東京慈恵会医科大学付属病院
同  第三病院
同  葛飾医療センター
東京逓信病院 × ×
豊島病院 ×
東急病院 ×
九段坂病院 × ×
帝京大学溝口病院
国際医療福祉大学附属三田病院 × ×
東京都リハビリテーション病院
とちぎリハビリテーションセンター
神奈川リハビリテーション病院
初台リハビリテーション病院 ×
河北リハビリテーション病院 × ×
綜合東京病院 × ×
化学療法研究所附属病院 × × ×
城山病院 ×
五反田リハビリテーション病院 ×
桔梗ヶ原病院 × ×
西広島リハビリテーション病院 ×
新東京病院 × ×
済生会宇都宮病院 ×
松戸リハビリテーション病院 ×
湖山リハビリテーション病院 ×
牧リハビリテーション病院 × ×
大原記念病院 ×
厚地リハビリテーション病院 × ×

 

3、維持期(生活期)
  (1)脳 (2)脊 (3)骨 (4)小 (5)神 (6)切 (7)内 (8)他
東京慈恵会医科大学付属病院 × × ×
同  第三病院 ×
同  葛飾医療センター × × × × × × ×
東京逓信病院 × × × × × ×
豊島病院 × × × ×
東急病院 × × × × ×
九段坂病院 × × × × × ×
帝京大学溝口病院 × × × × × × ×
国際医療福祉大学附属三田病院 × × × × × ×
東京都リハビリテーション病院 × × ×
とちぎリハビリテーションセンター ×
神奈川リハビリテーション病院 ×
初台リハビリテーション病院 × × ×
河北リハビリテーション病院 × × ×
綜合東京病院 × × × × ×
化学療法研究所附属病院 × × × × × × ×
城山病院 × ×
五反田リハビリテーション病院 × × × × × × × ×
桔梗ヶ原病院 × ×
西広島リハビリテーション病院 × ×
新東京病院 × × × × × ×
済生会宇都宮病院 × × × × × × ×
松戸リハビリテーション病院 × × × × × × × ×
湖山リハビリテーション病院 × × ×
牧リハビリテーション病院 × × ×
大原記念病院 × × × × ×
厚地リハビリテーション病院 × × × × × ×


(1)脳血管障害・外傷性脳損傷など、(2)外傷性脊髄損傷、(3)運動器疾患・骨折、(4)小児疾患、
(5)神経筋疾患、(6)切断、(7)内部障害、(8)その他(癌、廃用症候群)
◎;豊富な症例数を経験できる  
○;必要な症例数を経験できる
△:研修時期によっては最低限の症例数を経験できない可能性がある
×;当院では研修困難

 

▲ページトップへ

 

各研修施設のご案内

※各研修施名をクリックしますと、ご案内資料(PDF)が参照いただけます。

Copyright(C) 2007 Department of Rehabilitation Medicine.The Jikei University, School of Medicine. All rights reserved.