研修実績

tag3

 

2015年の研究業績

△各年の研究業績へ

論文一覧

  1. Kamide A,Hashimoto K,Miyamura K,Honda M.Assessment of feeding and
    swallowing in children: Validity and reliability of the Ability for Basic Feeding and
    Swallowing Scale for Children (ABFS-C). Brain and Development. 2015.
    Vol.37.No5.508-514
  2. Momosaki R,Abo M,Watanabe S,Kakuda W,Yamada N,Kinoshita S.Effects of Ankle-Foot Orthoses on Functional Recovery after Stroke: A Propensity Score Analysis Based on Japan Rehabilitation Database. PLoS One. 2015 Apr 2;10(4):e0122688. doi: 10.1371/journal.pone.0122688. eCollection 2015
  3. Kinoshita S, Kakuda W, Momosaki R, Yamada N, Sugawara H, Watanabe S, Abo M.Clinical Management Provided by Board-Certificated Physiatrists in Early Rehabilitation Is a Significant Determinant of Functional Improvement in Acute Stroke Patients:A Retrospective Analysis of Japan Rehabilitation Database.Journal of Stroke and Disease.Vol.24.No.5.1019-24
  4. Hara T, Abo M, Kobayashi K, Watanabe M, Kakuda W, Senoo A.Effect of Low-Frequency Repetitive Transcranial Magnetic Stimulation Combined with Intensive Speech Therapy on Cerebral Blood Flow in Post-Stroke Aphasia.Transl.Stroke Res.2015.Vol.6.365-74
  5. Sugawara H, Ishikawa M, Takayama M, Okamoto T, Sonoda S, Miyai I, Fujitani J, Tsubahara A.Effect of tube feeding method on establishment of oral intake in stroke patients with dysphagia:comparison of intermittent tube feeding and nasogastric tube feeding.Jpn J Compr Rehabil Sci.2015.Vol.6.1-5
  6. Momosaki R, Kakuda W, Kinoshita S, Yamada N, Abo M.Clinical effectiveness of board-certificated physiatrists on functional recovery in elderly stroke patients during convalescence:A retrospective cohort study.International Journal of Gerontology.(in press)
  7. Momosaki R, Kinoshita S, Kakuda W, Yamada N, Abo M.Noninvasive brain stimulation for dysphagia after acquired brain injury: a systematic review. Journal of Medical Investigation. (in press)
  8. Momosaki R.Rehabilitative management for aspiration pneumonia in elderly patients. J Gen Fam Med. (in press)
  9. Momosaki R, Kakuda W, Yamada N, Abo M.Impact of board-certificated physiatrists on rehabilitation outcomes in elderly patients after hip fracture: An observational study using the Japan Rehabilitation Database. Geriatr Gerontol Int. 2015 Aug 26
  10. Momosaki R, Abo M, Watanabe S, Kakuda W, Yamada N, Kinoshita S.Repetitive Peripheral Magnetic Stimulation With Intensive Swallowing Rehabilitation for Poststroke Dysphagia: An Open-Label Case Series.Neuromodulation. 2015;18:630-4
  11. 上出杏里,橋本圭司,五十嵐隆.難病と社会-病気と共に生きられる社会へ.リハ研究.2015.No.161.3-8
  12. 濱郁子,伊藤裕司,橋本圭司.新生児リハビリテーション-NICUからの取り組み 現状と課題.総合リハ.2015.Vol.43.No.1.7-11
  13. 宮村紘平,橋本圭司.ICFの成り立ち,歴史.総合リハ.2015.Vol.43.No.1.37-41
  14. 山田尚基,角田亘,安保雅博.痙縮治療の考え方-何を選択しどう組み合わせるか-.MB Med Reha.2015.No.180.9-14
  15. 渡邉修.脳卒中リハビリテーションのエビデンス.総合リハ.2015.Vol.43.No.3.215-20
  16. 上出杏里,橋本圭司.ICF:国際生活機能分類 ICF-CY.総合リハ.2015.Vol.43.No.3.221-5
  17. 新見昌央,安保雅博,宮野佐年.回復期リハビリテーション病棟入院中に股関節の病変により膝痛を呈した2症例.Jpn J Rehabil Med.Vol.52.No.3.202-6
  18. 有未伊織,中本舞,竹内貴文,松本強,田中直次郎,岡本隆嗣.背臥位におけるハンドヘルドダイナモメーターを使用した等尺性股関節伸展筋力の測定-新たな徒手固定法とベルト固定法の比較-.理学療法科学.2015.Vol.30.No.1.91-4
  19. 有未伊織,田中直次郎,藤井靖晃,藤高祐太,中本舞,松本強,丸田佳克,福江亮,松下信郎,山岡まこと,橋本陽平,園田泰,霜山香織,福間美佑貴,岡本隆嗣.歩行アシストロボットを用いた回復期脳卒中患者に対する歩行練習の影響-歩行速度による違い-.理学療法科学.2015.Vol.30.No.1.119-23
  20. 上出杏里,橋本圭司.ICF:国際生活機能分類 ICF-CY 今後の展望.総合リハ.2015.Vol.43.No.4.327-32
  21. 上出杏里,柳迫康夫,田村玉美.アジアユースパラ競技大会マレーシア2013医務活動を通した障がい児のスポーツ参加における一考察.日本障害者スポーツ学会誌.2015.Vol.43.60-3
  22. 岡本隆嗣,丸田佳克,有未伊織,藤井靖晃,田中直次郎.回復期リハビリテーション病棟における歩行支援ロボットの活用.日本義肢装具学会誌.2015.Vol.31.No.2.91-6
  23. 伊藤三千雄,長尾光城,岡本隆嗣.短時間通所リハビリテーションにおける精神面に対する有効性の評価法-生化学的検査及び客観的指標.地域リハビリテーション.2015.Vol.10.No.4.288-95
  24. 木下一雄,平野和宏.股関節スポーツ障害に対するリハビリテーションとトレーニング.MB Med Reha.2015.No.182.10-8
  25. 宮村紘平.皮膚科-皮膚疾患とリハビリテーション.臨床リハ.2015.Vol.24.No.5.519-23
  26. 青木重陽.受験者のためのリハビリテーション科専門医
  27. 認定臨床医試験対策 脳外傷.臨床リハ.2015.Vol.24.No.6.588-92
  28. 武原格.リハビリテーション医療の現場での自動車運転許可の現状.MB Med Reha.2015.No.184.20-6
  29. 角田亘,安保雅博.NEUROの考え方~TMSとリハとの併用療法.Modern Physician.2015.Vol.35.No.6.803-7
  30. 小林健太郎,安保雅博.長期サポート患者の痙縮に対する対応.MB Med Reha.2015.No.185.21-6
  31. 角田亘,安保雅博.NEUROプロトコールの実際とその治療成績.Modern Physician.2015.Vol35.No.7.909-13
  32. 佐々木信幸,宮嶋友也.病院内チーム医療と診療情報管理・活用 リハビリテーションの立場から.日本POS医療学会雑誌.2015.Vol.19.No.1.85-8
  33. 佐々木信幸.脳卒中麻痺治療の最前線~急性期脳卒中上肢麻痺・下肢麻痺に対する反復性経頭蓋磁気刺激(rTMS)~.医工学治療.2015.Vol.27.No.2.108-12
  34. 菅原英和,石川誠,高山仁子,岡本隆嗣,園田茂,宮井一郎,藤谷順子,椿原彰夫.経管栄養の方法が脳卒中嚥下障害患者の経口摂取確立に及ぼす影響:間欠的経管栄養法と経鼻胃経管栄養法の比較.Jpn J Compr Rehabil Sci.No6.1-5
  35. 宮村紘平,橋本圭司.ICFの概要と国際的動向.総合リハ.2015.Vol.43.No.2.127-33
  36. 有末伊織,竹内貴文,中本舞,松本強,田中直次郎,岡本隆嗣.臥位、背臥位、prone standingの測定肢位において、ハンドヘルドダイナモメーターを用いて等尺性股関節伸展筋力を測定した時の検者内信頼性.理学療法の臨床と研究.2015. No.24.13-7
  37. 武原格.運転再開に向けた地域の取り組み2)東京都.臨床リハ.2015.Vol.24.No.8.817-21
  38. 佐藤新介,岡本隆嗣,荒川良三,沖田啓子,渡邉光子.回復期リハビリテーション病棟における中等度
  39. 重度嚥下障害患者層の変化-2012(平成24)年度診療報酬改定の影響(第2報).臨床リハ.2015.Vol.24.No.8.841-4
  40. 原貴敏,角田亘,安保雅博.典型的なNEURO-15治療.Modern Physician.2015.Vol.35.No.8.1007-11
  41. 安保雅博.頭部磁気刺激で「6カ月の壁」を打破.日経メディカル.2015.No.573.22-4
  42. 角田亘,安保雅博.中枢神経における治療への応用.総合リハ.2015.Vol.43.No.8.735-41
  43. 新見昌央,安保雅博.痙縮の神経学 痙縮に対するボツリヌス療法.神経内科.2015.Vol.83.No.5.402-7
  44. 百崎良.誤嚥性肺炎に対する早期リハビリテーション.Modern Physician.2015.Vol.35.No.12.1467-71
  45. 佐々木信幸.急性期症例へのTMS.Modern Physician.2015.Vol.35.No.12.1501-5
  46. 深澤聡子,上出杏里.若年脳卒中患者のリハビリテーション 復学.総合リハ.2015.Vol.43.No.12.1117-22
  47. 羽田康司,六崎裕高,上出杏里,蘇博光,多田由美子,澤田理沙,陶山哲夫.インチョン2014アジアパラ競技大会における医務班の活動について.日本障害者スポーツ会誌.2015.Vol..24.68-71
  48. 武原格.「食べる」を支援するために知っておきたい嚥下障害 最新知識 第1回 加齢による嚥下機能の変化と疾患.地域リハビリテーション.2015.Vol.10.No.4.282-5
  49. 鈴木純子,武原格.「食べる」を支援するために知っておきたい嚥下障害 最新知識 第2回 嚥下障害が疑われる症状とスクリーニング検査.地域リハビリテーション.2015.Vol.10.No.5.365-8
  50. 武原格.「食べる」を支援するために知っておきたい嚥下障害 最新知識 第3回 嚥下造影検査(VF).地域リハビリテーション.2015.Vol.10.No.6.438-40
  51. 武原格.「食べる」を支援するために知っておきたい嚥下障害 最新知識 第4回 嚥下内視鏡検査.地域リハビリテーション.2015.Vol.10.No.7.524-6
  52. 地主千尋,武原格.「食べる」を支援するために知っておきたい嚥下障害 最新知識 第5回 間接訓練.地域リハビリテーション.2015.Vol.10.No.8.606-9
  53. 長良梨沙,武原格.「食べる」を支援するために知っておきたい嚥下障害 最新知識 第6回 直接訓練.地域リハビリテーション.2015.Vol.10.No.9.682-4
  54. 溝越啓子,武原格.「食べる」を支援するために知っておきたい嚥下障害 最新知識 第7回 口腔ケア.地域リハビリテーション.2015.Vol.10.No.10.754-8
  55. 武原格.「食べる」を支援するために知っておきたい嚥下障害 最新知識 第8回 栄養と嚥下調整食.地域リハビリテーション.2015.Vol.10.No.11.824-7
  56. 武原格.「食べる」を支援するために知っておきたい嚥下障害 最新知識 最終回 薬と嚥下障害.地域リハビリテーション.2015.Vol.10.No.12.896-8
  57. 武原格.脳梗塞発症後の職業運転手の運転再開判断基準と注意点.日本医事新報.2015.No.4755.61-2
  58. 武原格.嚥下の課題(栄養摂取が困難)<飲み込めない
  59. 嚥下障害>.介護福祉.2015.夏号.No.98.25-9
  60. 武原格.運転再開に向けた地域の取り組み2)東京都.臨床リハ.2015.Vol.24.No.8.817-21
  61. 渡邉修.高次脳機能障害と理学療法との関わり.理学療法.2015.No.3.3-19
  62. 渡邉修.びまん性軸索損傷.総合臨床.2015.Vol.25.No.7.656-9
  63. 佐々木信幸.脳卒中麻痺治療の最前線~急性期脳卒中上肢麻痺・下肢麻痺に対する反復性経頭蓋磁気刺激(rTMS).医工学治療.2015.Vol.27.No.2.108-12
  64. 佐々木信幸,宮嶋友也.病院内チーム医療と診療情報管理活用~リハビリテーションの立場から~.日本POS医療学会雑誌.2015.Vol.19. No.1.85-8
  65. 佐々木信幸.急性期症例へのTMS.Modern Physician.2015.Vol.35. No.12.1501-5
  66. 百崎良.低栄養とリハビリテーションのかかわり.臨床リハ.2015.Vol.24.No.9.899-902
  67. 百崎良.老嚥と摂食嚥下障害のリハビリテーション 誤嚥性肺炎に対する早期リハビリテーション.Modern Physician.2015.Vol.35.No.12.1467-71
  68. 木下翔司,岡本隆嗣,安保雅博.脳卒中急性期におけるリハビリテーション科専門医の関与と機能改善の関連-日本リハビリテーション・データベースを用いた後ろ向き研究-.Jpn J Rehabil Med.Vol.53.No.3.197-201
  69. 荒川わかな,渡辺寛.回復期脳卒中片麻痺患者に対する低頻度rTMS治療の有効性について.河医研研究年報.Vol.65.35-8

▲ページトップへ

 

著書一覧

  1. 武原格.ケアプランに活かす嚥下障害イラストブック.武原格・編.2015.三輪書店
  2. 渡邉修.医療文書 書き方マニュアル.一杉正仁,渡邉修,五十嵐裕章,川戸仁,馬場美年子・著.2015.MEDICAL VIEW

 

発表一覧

  1. Abo M.(Invited Speaker), Symposium 6: Novel strategy on stroke outcome: How useful is imaging in predicting outcomes in rehabilitation of post-stroke aphasia? The 7th Japanese-Korean Joint Stroke Conference (JKJSC) in Busan, Korea, 2015.10.
  2. Abo M.(Invited Speaker), Parallel Session 9: Neuromodulation: Relations with the beneficial effects of rTMS and intensive occupational therapy in post-stroke patients with spastic upper limb hemiparesis and the neuromodulation. The 1st Asia-Oceanian Congress for NeuroRehabilitation (AOCNR), Grand Hilton Seoul, Korea, 2015.9
  3. Kakuda W, Abo M, Okamoto T, Shimizu M, Sasanuma J, Kimura C, Kakita K.Novel combination protocol featuring botulinum toxin injection, rTMS application and intensive OT for spastic upper limb hemiparesis after stroke: a multi-center study. The 1st Asia-Oceanian Congress for NeuroRehabilitation, Seoul, Korea, 2015. 9
  4. Sasaki N, Kakuda W, Abo M.High-frequency rTMS on leg motor area for acute stroke patients. The 1st Asia-Oceanian Congress for NeuroRehabilitation, Seoul, Korea, 2015. 9
  5. Sasaki N.Clinical Practice of Therapeutic rTMS for Post-Stroke Parients~Our proposed protocol and its clinical results. The 1st Asia-Oceanian Congress for NeuroRehabilitation, Seoul, Korea, 2015. 9
  6. Yamada N, Kakuda W, Kondo T, Mitani S, Shimizu M, Abo M.Local muscle injection of botulinum toxin type A synergistically improves the beneficial effects of rTMS and intensive occupational therapy in post-stroke patients with spastic upper limb hemiparesis.The 1st Asia-Oceanian Congress for NeuroRehabilitation, Seoul, Korea, 2015.
  7. Abo M.How Many Times Should We Have BoNT-A Treatments to Improve the Severe Upper Limb Paralysis Due to the Stroke? 9th World Congress of the International Society of Physical and Rehabilitation Medicine. (ISPRM), Berlin, Germany, 2015. 6
  8. Watanabe S,et al.Brain Activity in Patients with Acquired Brain Injury Operating a Driving Simulator – a Functional Near-Infrared Spectroscopy Study. 9th World Congress of the International Society of Physical and Rehabilitation Medicine, (ISPRM), Berlin, Germany, 2015. 6
  9. Kakuda W, Abo M, Watanabe S, Momosaki R, Yamda N.: Systemic introduction of hospitalization-associated disability prevention system (HPS) for improving “quality of medical care” in hospitalized patients. 9th World Congress of the International Society of Physical and Rehabilitation Medicine (ISPRM), Berlin, Germany, 2015. 6
  10. Niimi M, Abo M.An adverse prognostic factor for acute stroke patients. 9th World Congress of the International Society of Physical and Rehabilitation Medicine (ISPRM), Berlin, Germany, 2015. 6
  11. Momosaki R, Kinoshita S, Yamada N, Kakuda W, Watanabe S, Abo M.Does the involvement of board-certificated physiatrists in rehabilitative management influence clinical outcomes after stroke at a convalescent rehabilitation ward?: analysis based on Japan Rehabilitation Database.9th World Congress of the International Society of Physical and Rehabilitation Medicine. Berlin 19-23 June
  12. Sasaki N.Clinical Practice of Therapeutic rTMS for Post-Stroke Patients~Our proposed protocol and its clinical results.The 1st Asia-Oceanian Congress for Neuro Rehabilitation.3-5 September.2015.Korea
  13. Sasaki N, Kakuda W, Abo M.High-frequency rTMS on leg motor area for acute stroke patients. The 1st Asia-Oceanian Congress for Neuro Rehabilitation.3-5 September.2015.Korea
  14. Hara T, Abo M.EFFECTS OF LOW-FREQUENCY rTMS COMBINED WITH INTENSIVE SPEECH THERAPY ON CEREBRAL BLOOD FLOW IN POST-STROKE APHASIA : A SINGLE PHOTON EMISSION COMPUTED TOMOGRAPHY STUDY.5th Asia-Oceanian Conference of Physical & Rehabilitation Medicine, Cebu, 2016. 2
  15. 安保雅博.脳卒中後運動麻痺に対する反復性経頭蓋磁気刺激と集中的リハビリテーションの有効性.第54回日本定位・機能神経外科学会.2015年1月.東京
  16. 角田亘.A型ボツリヌス毒素製剤 講習・実技セミナー(上肢痙縮・下肢痙縮).第54回日本定位・機能神経外科学会.2015年1月.東京
  17. 安保雅博.ボツリヌス毒素療法.第1回京都リハビリテーション医学研究会学術集会.2015年2月.京都
  18. 角田亘,中山恭秀,山田尚基,木下翔司,渡邉修,安保雅博.電子カルテを用いた入院関連機能障害予防システム(HPS)の導入~本邦で例をみない病院全体での取り組み~.第1回京都リハビリテーション医学研究会学術集会.2015年2月.京都
  19. 三並正芳,武原格,小林一成,安保雅博.癲癇発作が原因で頭部外傷になった症例の回復期における症候性癲癇1例.第58回日本リハビリテーション医学会関東地方会.2015年3月.栃木
  20. 新見昌央,安保雅博.化学療法が奏効し麻痺の改善を認めた脳原発悪性リンパ腫の1例.第58回日本リハビリテーション医学会関東地方会.2015年3月.栃木
  21. 角田亘,安保雅博.脳卒中後遺症に対する経頭蓋磁気刺激.STROKE2015.2015年3月.広島
  22. 保木本崇弘,樋口謙次,中村高良,木山厚,堀順,来住野健二,中山恭秀,安保雅博.
    決定木による初発脳卒中患者における発症後30日目の歩行自立の予測.STROKE2015.2015年3月.広島
  23. 鈴木尚,船越政範.リハ病院入院中に生じたChilaiditi症候群による呼吸障害の一例.第60回日本リハビリテーション医学会関東地方会学術集会.2015年3月.栃木
  24. 安保雅博.機能改善目的のボツリヌス毒素療法は何回すればいいのだろうか.第60回日本リハビリテーション医学会関東地方会学術集会.2015年3月.栃木
  25. 安保雅博.ニューロリハビリテーションと運動療法.第50回日本理学療法学術大会.2015年6月.東京
  26. 岡本隆嗣.回復期リハビリテーション病棟システムの必要性.第52回日本リハビリテーション医学会学術集会.2015年5月.新潟
  27. 安保雅博.脳卒中後運動麻痺に対する反復性経頭蓋磁気刺激と集中的リハビリテーションの有効性.第52回日本リハビリテーション医学会学術集会.2015年5月.新潟
  28. 木下翔司,安保雅博.脳卒中急性期へのリハ科専門医の関与と機能改善の関連:日本リハデータベースを用いた後ろ向き研究.第52回日本リハビリテーション医学会学術集会.2015年5月.新潟
  29. 百崎良,安保雅博.脳卒中回復期リハ患者に対するリハ科専門医のインパクト~日本リハデータベースを用いた検討~.第52回日本リハビリテーション医学会学術集会.2015年5月.新潟
  30. 木下翔司,角田亘,山田尚基,百崎良,高木聡,渡邉修,安保雅博.アトモキセチン内服投与下での低頻度rTMSと集中的作業療法の併用療法:脳卒中後上肢麻痺に対する予備研究.第52回日本リハビリテーション医学会学術集会.2015年5月.新潟
  31. 山内裕子,橋本圭司,上出杏里,上久保毅.WISC-IVによる母子甲状腺機能異常に伴う認知機能の検討.第52回日本リハビリテーション医学会学術集会.2015年5月.新潟
  32. 上久保毅,橋本圭司,上出杏里,山内裕子,猪飼哲夫.日本版WISC-IVを用いた脳外傷児22例の高次脳機能障害の検討.第52回日本リハビリテーション医学会学術集会.2015年5月.新潟
  33. 粳間剛,橋本圭司,原貴敏,中野枝里子,小林健太郎,小林一成,安保雅博.高次脳機能障害当事者・家族通院支援プログラム(オレンジクラブ)参加前後での脳循環代謝変化の画像評価.第52回日本リハビリテーション医学会学術集会.2015年5月.新潟
  34. 寶田深峰,粳間剛,梶原宗介,梶原信夫,安保雅博.整形外科疾患で当院での入院リハを要した高齢者例の正常脳減少量とAPDLの関連性の検討.第52回日本リハビリテーション医学会学術集会.2015年5月.新潟
  35. 宮村紘平,海老原一彰.ボツリヌス療法を通じた地域医療連携強化の試み.第52回日本リハビリテーション医学会学術集会.2015年5月.新潟
  36. 小原雪,原島宏明,木村郁夫,宮野佐年,安保雅博.慢性期脳卒中後片麻痺患者に対する反復性経頭蓋磁気刺激と集中的リハビリテーションの併用療法.第52回日本リハビリテーション医学会学術集会.2015年5月.新潟
  37. 竹川徹,持尾健二郎,安保雅博.脳卒中患者の長母趾屈筋や長趾屈筋への痙縮治療の検討.第52回日本リハビリテーション医学会学術集会.2015年5月.新潟
  38. 三並正芳,高田耕太郎,深澤徹,山崎勝雄,小泉章子,村上聡子,小泉蓉子,小泉和雄,安保雅博.回復期リハビリテーション病棟における担癌例(第2報).第52回日本リハビリテーション医学会学術集会.2015年5月.新潟
  39. 持尾健二郎,竹川徹,角田亘,安保雅博.慈恵医大が導入している入院関連機能予防システム(HPS)の現状と今後の方向性.第52回日本リハビリテーション医学会学術集会.2015年5月.新潟
  40. 百崎良,渡邉修,角田亘,高木聡,山田尚基,木下翔司,安保雅博.脳損傷後嚥下障害者に対する非侵襲的脳刺激-メタアナリシスによる有効性の検討-.第52回日本リハビリテーション医学会学術集会.2015年5月.新潟
  41. 武原格,鈴木純子,安保雅博.スクリーニング検査を用いた地域在住健康高齢者の嚥下機能評価とその特徴.第52回日本リハビリテーション医学会学術集会.2015年5月.新潟
  42. 山田尚基,角田亘,百崎良,高木聡,木下翔司,渡邉修,安保雅博.脳卒中後失語症患者4例に対するアトモキセチン連日内服下での集中的言語療法の先行研究.第52回日本リハビリテーション医学会学術集会.2015年5月.新潟
  43. 志知隆雄,菅原英和,石川誠.再発により記憶障害,Balint症候群を呈し,過去の左半側空間無視が顕在化したと思われる脳出血の一例.第52回日本リハビリテーション医学会学術集会.2015年5月.新潟
  44. 濱田万弓,釜瀬大蔵,李大相,根岸宏一,高家幹夫,安保雅博.当院における入院患者動向についての検討.第52回日本リハビリテーション医学会学術集会.2015年5月.新潟
  45. 菅原英和,牛込伸行,石川誠.回復期リハ病棟における定期カンファレンス画面のテンプレート化による電子カルテ機能強化の試み.第52回日本リハビリテーション医学会学術集会.2015年5月.新潟
  46. 船越政範,鈴木尚,安保雅博.当院回復期リハビリテーション病棟における超高齢脳血管患者の現況について.第52回日本リハビリテーション医学会学術集会.2015年5月.新潟
  47. 角南英子,木村郁夫,宮野佐年.回復期リハ病棟におけるてんかんの治療状況と新規発症例についての検討.第52回日本リハビリテーション医学会学術集会.2015年5月.新潟
  48. 木村郁夫,角南英子,安保雅博,宮野佐年.脳卒中後に水頭症と軟膜下腫瘍を合併し回復期リハを経て気管カニューレ留置のまま自宅退院した1例.第52回日本リハビリテーション医学会学術集会.2015年5月.新潟
  49. 並木亮,福田志穂,大久保浩子,上出杏里,橋本圭司.小児がん晩期合併症による慢性肺胞低換気に対しカフアシストを導入した一例.第52回日本リハビリテーション医学会学術集会.2015年5月.新潟
  50. 渡邉修,角田亘,百崎良,山田尚基,木下翔司,高木聡,安保雅博.クモ膜下出血患者の就労能力における神経心理学的検査の意義.第52回日本リハビリテーション医学会学術集会.2015年5月.新潟
  51. 青木重陽,日比洋子,鄭健錫,安保雅博.高校生時に受傷した重症・中等症脳外傷例のその後の転帰.第52回日本リハビリテーション医学会学術集会.2015年5月.新潟
  52. 牛込伸行,菅原英和,石川誠.介護者の負担尺度作成を目的としたアンケート結果(第3報).第52回日本リハビリテーション医学会学術集会.2015年5月.新潟
  53. 上出杏里,橋本圭司,上久保毅,安保雅博.急性散在性脳脊髄炎発症後に輪状咽頭筋開大不全に対しバルーン訓練法が有効であった11歳男児の一例.第52回日本リハビリテーション医学会学術集会.2015年5月.新潟
  54. 深澤聡子,上原和美,河本嶺希,上出杏里,吉田仁典,塩田曜子,橋本圭司,松本公一.第52回日本リハビリテーション医学会学術集会.2015年5月.新潟
  55. 玉井智,上出杏里,上久保毅,橋本圭司.障害のある子どもの日常生活活動度と発達との関連について-ICF-CYの活用促進を目指した試み-.第52回日本リハビリテーション医学会学術集会.2015年5月.新潟
  56. 武原格,鈴木純子,安保雅博.スクリーニング検査を用いた地域在住健康高齢者の嚥下機能評価とその特徴.第52回リハビリテーション医学会学術集会.2015年5月.新潟
  57. 上出杏里,竹厚和美,橋本圭司,岩橋佳子,渡邉雅之,千葉祇暉.障がい児らを対象としたスポーツ導入、アスリート育成における取り組み.第4回日本小児多職種研究会.2015年7月.福岡
  58. 上出杏里.リハビリの切り札ICF(国際生活機能分類)を学ぶ.第8回小児がん・脳腫瘍全国大会IN淡路島.2015年8月.兵庫
  59. 武原格.教育講演 脳損傷者の自動車運転再開.第38回日本リハビリテーション医学会北陸地方会.2015年8月.金沢
  60. 上出杏里,竹厚和美,中井昭夫,橋本圭司.新体力テストに見られる学童期発達障害児の協調運動障害の特性.第70回日本体力医学会大会.2015年9月.和歌山
  61. 上出杏里,佐藤杏,中里弥生,相馬正樹,齊藤雅男.多職種チームで取り組む障害者雇用対策「ワークサポートプロジェクト」について.第69回国立病院総合医学会.2015年10月.北海道
  62. 上出杏里.障がい者スポーツ普及におけるリハ専門医の役割.第10回日本リハビリテーション医学会専門医会.2015年11月.東京
  63. 武原格.シンポジウム「脳損傷者の自動車運転再開を支援するために我々ができること」病院がかかえている課題と病院連携.第10回日本リハビリテーション医学会専門医学術集会.2015年11月.東京
  64. 渡邉修.脳外傷のリハビリテーション.病態別実践リハビリテーション医学研修会(神経系障害).2015年10月.東京
  65. 渡邉修.高次脳機能障害の病態とリハビリテーション.日本臨床心理士会定時研修会.2015年10月.千葉
  66. 渡邉修.教育講演 前頭葉損傷のリハビリテーション.第39回日本高次脳機能障害学会学術集会.2015年12月.東京

▲ページトップへ

 

Copyright(C) 2007 Department of Rehabilitation Medicine.The Jikei University, School of Medicine. All rights reserved.