病院別作業療法部門の紹介

tag112

 △前に戻る

慈恵医大の作業療法

2009年度より、安保雅博教授(リハビリテーション医学講座主任教授)が考案した、経頭蓋磁気刺激と集中作業療法の併用療法である「NEURO」の取組が開始され、国内・海外を通じて多数の研究成果を報告し続けています。現在では全国の関連病院との連携が強まり、全国規模へと発展を継続しています。その他にも、ボトックス療法、リンパ浮腫患者に対する作業療法、高次脳機能障害へのリハビリテーション、ハンドセラピィなど作業療法の専門性の向上を目指し、学術的な活動を盛んに行っております。
また4病院の作業療法部門だけでなく、全国の関連病院の作業療法士と連携し、研修、勉強会、情報交換などを行い、臨床技術・知識の向上や、EBM ( Evidence Based Medicine )の確立に努めています。

ot1

 

附属病院(本院) 作業療法部門

附属病院では、外来リハビリテーション室、入院リハビリテーション室の2部門に分かれています 。安保教授の「作業療法の今後の発展には、先駆的な取り組みが必要」というご指導のもと、NEUROプロトコール、ボトックス療法、リンパ浮腫患者への作業療法、ハンドセラピィなど先進的で専門性の高い医療を提供しています。また特定機能病院としての役割を重んじ、急性期から入院患者のADLに着目したリハビリテーションおよび家族指導を行い、早期自立や早期退院を実践しています。

 

葛飾医療センター 作業療法部門

葛飾医療センターでは、地域に根差した病院としての役割を果たせるような作業療法を目指しています。神経内科医師、言語聴覚士と連携し、地域の認知症患者に対する取り組みもその一つです。また神経筋疾患の患者が多いため、特にADLに対して重点を置き、評価や病棟訓練の充実を図り、入院中からADLや介助量に配慮したリハビリテーションを展開しています。また2012年1月の新病院開設に際しては、作業療法士としての視点を用い、院内のトイレ・洗面・浴室の設計に携わるなど、院内環境の整備などにも貢献しています。

 

第三病院 作業療法部門

第三病院では、4病院の中で唯一のリハビリテーション科病棟があり、入院患者に対して具体的な在宅復帰への支援を行っています。上肢機能訓練、ADL訓練のみならず、買い物訓練や公共交通機関の乗降訓練など院内外でのIADL訓練も積極的に行っています。さらに地域の中核病院としての役割を果たしながらも、専門性の特化に向け、NEUROにおける新たな訓練方法の確立や、高次脳機能障害患者への包括的支援の検討、ハンドセラピィにおける他科との連携強化などにも力を注いでいます。

 

附属柏病院 作業療法部門

柏病院では、先進医療を提供する地域に根差した病院としての役割を重視した作業療法に取り組んでいます。特に地域がん診療連携拠点病院や地域難病相談・支援センターとしての指定を受けているため、脳血管疾患や、労働外傷、手外科疾患、神経筋疾患、腫瘍、脊髄疾患などの急性期から終末期までと広範囲の対象を担当しています。また地域の関連職種との連携を目標に、他職種参加型の研修会などにも積極的に参加しています。2013年からはボトックス療法も開始し、地域へのさらなる貢献を目指していきます。

 

関連書籍紹介 (著者 安保 雅博 、角田亘 ほか)

book1 book2 book3 book4
 rTMSと集中的作業療法による手指機能回復へのアプローチ
( 三輪書店 )
 上肢リンパ浮腫のリハビリテーション 包括的視点からのアプローチ
( 三輪書店 )
 脳卒中マヒが改善する!腕と指のリハビリ・ハンドブック
( 講談社 )
 上肢痙縮に対するボツリヌス治療とリハビリテーション
( 金原出版 )

 

△ページトップへ

Copyright(C) 2007 Department of Rehabilitation Medicine.The Jikei University, School of Medicine. All rights reserved.