研修実績

tag3

 

2017年度の研究業績

△各年の研究業績へ

論文一覧

  1. Sasaki N, Hara T, Yamada N, Niimi M, Kakuda W, Abo M. The Efficacy of High-Frequency Repetitive Transcranial Magnetic Stimulation for Improving Apathy in Chronic Stroke Patients. European Neurology 2017; 78: 28-32.
  2. Hara T. Effects of botulinum toxin A therapy and multidisciplinary rehabilitation on upper and lower limb spasticity in post-stroke patients. Int J Neurosci 2017; 127(6): 469-78.
  3. Senoo A(Tokyo Metropolitan Univ), Ueda R, Yamada N, Abo M. Comparison of FA and GFA with pre and post therapeutic intervention for chronic stroke patients. 診療放線学教育学 2017; 5(1): 25-33.
  4. Urushidani N1), Okamoto T, Kinoshita S, Yamane S(Hiroshima Univ), Tamashiro H1)(Nishi-Hiroshima Rehabilitation Hospital), Kakuda W, Abo M. Combination Treatment of Low-Frequency Repetitive Transcranial Magnetic Stimulation and Intensive Occupational Therapy for Ataxic Hemiparesis due to Thalamic Hemorrhage. Case Rep Neurol 2017; 28-9(2): 179-87.
  5. Hara T, Abo M, Sasaki N, Yamada N, Niimi M, Kenmoku M, Kawakami K, Saito R. Improvement of higher brain dysfunction after brain injury by repetitive transcranial magnetic stimulation and intensive rehabilitation therapy: case report. Neuroreport 2017; 28(13): 800-7.
  6. Kinoshita S, Abo M, Okamoto T, Kakuda W, Miyamura K, Kimura I. Responsiveness of the functioning and disability parts of the International Classification of Functioning, Disability, and Health core sets in postacute stroke patients. Int J Rehabil Res 2017; 40(3): 246-53.
  7. Niimi M, Hashimoto G1), Hara T, Yamada N, Abo M, Fujigasaki H1), Ide T1)(1Tokyo Metropolitan Bokutoh Hospital). Relationship Between Frequency of Spontaneous Swallowing and Salivary Substance P Level in Patients with Acute Stroke. Dysphagia 2017; [Epub ahead of print]
  8. Kondo T1), Yamada N, Momosaki R, Shimizu M1)(1Shimizu Hospital), Abo M. Comparison of the Effect of Low-Frequency Repetitive Transcranial Magnetic Stimulation with That of Theta Burst Stimulation on Upper Limb Motor Function in Poststroke Patients. Biomed Res Int 2017; (5): [Epub ahead of print]
  9. Tsuboi M, Momosaki R, Vakili M(Ahvaz Jundishapur University ), Abo M. Nutritional supplementation for activities of daily living and functional ability of older people in residential facilities: A systematic review. Geriatr Gerontol Int 2018; 18(2): 197-210.
  10. Hada T, Momosaki R, Abo M. Impact of orthotic therapy for improving activities of daily living in individuals with spinal cord injury: a retrospective cohort study. Spine & Spinal Cord 2018; [Epub ahead of print]
  11. Sawaguchi A1), Momosaki R, Hasebe K1), Chono M1), Kasuga S1)(1Teikyo Univ), Abo M. Effectiveness of preoperative physical therapy for older patients with hip fracture. Geriatr Gerontol Int 2018; [Epub ahead of print]
  12. Hara T, Abo M, Hara H1), Kobayashi K, Shimamoto Y1), Shibata Y1)(1 Kikyougahara Hospital ), Sasaki N, Yamada N, Niimi M. Effects of botulinum toxin A therapy and multidisciplinary rehabilitation on lower limb spasticity classified by spastic muscle echo intensity in post-stroke patients. Int J Neurosci 2018; 128(5): 412-20.
  13. Kinoshita S, Momosaki R, Kakuda W, Okamoto T, Abo M. Association Between 7 Days Per Week Rehabilitation and Functional Recovery of Patients With Acute Stroke: A Retrospective Cohort Study Based on the Japan Rehabilitation Database. Arch Phys Med Rehabil 2017; 98(4): 701-6.
  14. Kinoshita S, Abo M, Okamoto T, Tanaka N. Utility of the Revised Version of the Ability for Basic Movement Scale in Predicting Ambulation during Rehabilitation in Poststroke Patients. J Stroke Cerebrovasc Dis 2017; 26(8): 1663-9.
  15. yamada N, ueda R1), kakuda W, momosaki R, kondo T2), hada T, sasaki N, hara T, senoo A1), abo M(1Tokyo Metropolitan Univ. 2Shimizu Hospital). Diffusion Tensor Imaging Evaluation of Neural Network Development in Patients Undergoing Therapeutic Repetitive Transcranial Magnetic Stimulation following Stroke. Neural Plasticity 2018; [Epub ahead of print]
  16. Momosaki R, Yamada N, Ota E(St. Luke’s International Univ), Abo M. Repetitive peripheral magnetic stimulation for activities of daily living and functional ability in people after stroke. Cochrane Database Syst Rev 2017; 6: [Epub ahead of print]
  17. Fujitaka Y1), Tanaka N1), Nakadai H1), Sato R1), Watanabe M1), Kageyama N1)(1Nishi-Hiroshima Rehabilitation Hospital), Okamoto T. Differences in FIM improvement rate stratified by nutritional status and age in stroke patients in kaifukuki (convalescent) rehabilitation ward. Jpn J Compr Rehabil Sci 2017; 8: 98-103.
  18. 武原 格. 運転に求められる身体機能. 総合リハ 2017; 45(4): 303-7.
  19. 武原 格. 障害者の自動車運転再開の流れ・注意点・可能性. リハ医学 2017; 54(5): 377-82.
  20. 田島文博(和歌山県立医科大学), 安保雅博. 回復期に活かす!脳卒中リハビリテーション. 回復期リハ 2017; 16(1): 21-34.
  21. 新見昌央, 安保雅博. CI療法の適応. Clin Neurosci 2017; 35(5): 556-8.
  22. 吉澤いづみ, 安保雅博. リンパ浮腫と作業療法(第2回) リンパ浮腫複合的治療の理論と治療選択. 作療ジャーナル 2017; 51(5): 402-6.
  23. 渡邉 修. 高次脳機能障害に対するアプローチ 脳血管障害診療のエッセンス XII章 リハビリテーション. 日医雑誌 2017; 146(特別号): S320-2.
  24. 渡邉 修. 注意障害に対するリハビリテーション. Current Therapy 2017; 35(6): 49-53.
  25. 佐々木信幸. 失語症・構音障害に対するリハビリテーション. Current Therapy 2017; 35(6): 556-61.
  26. 安保雅博. 脳卒中医療連携 脳卒中地域連携. 日医師会誌 2017; 146(1): S324-8.
  27. 渡邉 修. 外傷性脳損傷者・家族のメンタル支援. Med Rehabil 2017; 54(7): 410-5.
  28. 新見昌央, 安保雅博. 救命救急患者に対するリハビリテーション処方. 総合リハ 2017; 45(6): 591-5.
  29. 吉澤いづみ, 安保雅博. リンパ浮腫と作業療法(第3回) 複合的治療の手段. 作療ジャーナル 2017; 51(6): 486-91.
  30. 田口健介, 吉澤いづみ, 安保雅博. 上肢・手の実用的機能向上 各手技・手法の考え方と具体的実践 ボツリヌス療法 成人 ボツリヌス療法において作業療法士が知っておくべきこと. 作療ジャーナル 2017; 51(8): 702-6.
  31. 大熊 諒, 渡邉 修, 石川 篤, 山本一真, 中山恭秀, 安保雅博. 研究 二次医療圏における高次脳機能障害支援マップ作成の試み. 作療ジャーナル 2017; 51(10): 1057-62.
  32. 佐々木信幸, 角田 亘, 安保雅博. 脳卒中に対する反復性経頭蓋磁気刺激のさまざまな適用. J Clin Rehabil 2017; 26(11): 1079-86.
  33. 木村郁夫, 大熊 諒, 安保雅博. 三次元動作解析装置による脳卒中患者の上肢機能の計測と評価. 臨床歩行分析研究会誌 2017; 4(2): 1-5.
  34. 安保雅博. 運動による、キヌレニン代謝とうつ症状の変化. 上原生命科団研報 2017; 31: 1-4.
  35. 渡邉 修. 脳卒中や事故で起こる「高次脳機能障害」. NHKテキスト「きょうの健康」 2018; 358(1): 96-103.
  36. 上出杏里, 橋本圭司(国立成育医療研究センター). 小児リハビリテーション領域におけるICFの活用. 総合リハ 2018; 46(1): 37-43.
  37. 渡邉 修. Evidence-based Cognitive Rehabilitation. リハ医学 2018; 55(1): 52.
  38. 宮野佐年, 福井遼太. 胸部大動脈瘤手術後に生じた腕神経叢損傷のリハビリテーション経験. MED REHABIL 2018; 218: 66-72.
  39. 菅原英和, 石川 誠(医療法人社団輝生会). 独自に開発した回復期リハビリテーション病棟チームアプローチ対応型電子カルテ. MB Med Reha 2018; 219(2): 18-26.
  40. 岡本隆嗣. データベース(FileMaker)による回復期リハビリテーション病棟の情報共有および臨床活用. MB Med Reha 2018; 219(2): 57-68.
  41. 渡邉 修. 高次脳機能障害に対する医療機関の役割. MED REHABIL 2018; 220: 14-22.
  42. 安保雅博. 生活期における脳卒中片麻痺に対する経頭蓋磁気刺激療法. 医学のあゆみ 2018; 264(13): 1120-4.
  43. 武原 格.自動車運転再開.脳卒中リハビリテーションの最前線 実践とエビデンス 臨床リハ臨時増刊 2017; 26: 1112-4.
  44. 渡邉 修. 交通事故後の高次脳機能障害. 日交通科会誌 2017; 17(1): 3-11.
  45. 渡邉 修. 失語症に対するアプローチ. J Clin Rehabil 2017; 26(11): 1104-11.
  46. 大瀧浩之1), 佐藤新介1), 沖田啓子1)8(1西広島リハビリテーション病院), 岡本隆嗣. ペコぱんだ使用時における舌骨上筋群活動量の定量的評価. 言語聴覚研究 2017; 14(2): 134-8.
  47. 岡本隆嗣, 松四健太1), 佐々木絵里1), 佐藤正志1), 板野ゆかり1), 岡 光孝1), 立花一志1), 荒川良三1)(1西広島リハビリテーション病院). 回復期リハ病棟での併存疾患治療. J Clin Rehabil 2018; 27(2): 120-9.

▲ページトップへ

 

著書一覧

  1. 武原 格.脳卒中患者の運転再開支援の重要性と最近の動向.武原 格, 一杉正仁, 渡邉 修編集.脳卒中後の自動車運転再開の手引き.東京:医歯薬出版株式会社, 2017. P. 1-11.
  2. 武原 格,井上裕之.運転再開の流れ.武原 格, 一杉正仁, 渡邉 修編集.脳卒中後の自動車運転再開の手引き.東京:医歯薬出版株式会社, 2017. P. 47-55.
  3. 武原 格.自動車運転に関する指導と診療報酬.武原 格, 一杉正仁, 渡邉 修編集.脳卒中後の自動車運転再開の手引き.東京:医歯薬出版株式会社, 2017. P. 56.
  4. 武原 格.自動車改造の注意点.武原 格, 一杉正仁, 渡邉 修編集.脳卒中後の自動車運転再開の手引き.東京:医歯薬出版株式会社, 2017. P. 66.
  5. 渡邉 修. 運転にかかわる高次脳機能. 武原 格, 一杉正仁, 渡邉 修編集. 脳卒中後の自動車運転再開の手引き. 東京: 医歯薬出版株式会社, 2017. P. 67-73.
  6. 渡邉 修. わが国の高次脳機能障害者の実数. 武原 格, 一杉正仁, 渡邉 修編集. 脳卒中後の自動車運転再開の手引き. 東京: 医歯薬出版株式会社, 2017. P. 74.
  7. 渡邉 修. 運転にかかわる神経心理学的検査とその解釈. 武原 格, 一杉正仁, 渡邉 修編集. 脳卒中後の自動車運転再開の手引き. 東京: 医歯薬出版株式会社, 2017. P. 75-86.
  8. 渡邉 修. 自動車教習所との連携. 武原 格, 一杉正仁, 渡邉 修編集. 脳卒中後の自動車運転再開の手引き. 東京: 医歯薬出版株式会社, 2017. P. 100-106.
  9. 武原 格. 障害者マークについて. 武原 格, 一杉正仁, 渡邉 修編集. 脳卒中後の自動車運転再開の手引き. 東京: 医歯薬出版株式会社, 2017. P. 107.
  10. 武原 格.診断書記載について. 一杉正仁, 武原格編集. 臨床医のための疾病と自動車運転. 東京: 三輪書店, 2018. P. 9-19.
  11. 武原 格.脳血管疾患.一杉正仁,武原格編集.臨床医のための疾病と自動車運転.東京:三輪書店, 2018. P. 58-64.

▲ページトップへ

 

発表一覧

  1. Yamada N, Hada T, Akimoto H, Fukui R, Watanabe S, Abo M. Atomoxetine administration combined with rehabilitationfor post–stroke cognitive dysfunction. 第54回リハビリテーション医学会学術集会. 岡山, 6月. [ Jpn J Rehabil Med 2017; 54(特別): 2-12-2-3.]
  2. Momosaki R, Yamada N, Abo M. Repetitive peripheral magnetic stimulation for strokepatients: a cochrane review. 第54回リハビリテーション医学会学術集会. 岡山, 6月. [ Jpn J Rehabil Med 2017; 54(特別): 2-12-5-4.]
  3. Okamoto T1), Kinoshita S, Sato S1), Ando S1), Arakawa R1), Tachibana K1), Okada M1), Maeshiro T1), Takimoto Y1)(1Nishi-Hiroshima Rehabilitation Hospital), Kakuda W, Abo M. Clinical Efficacy following Two Courses of Low–frequencyrTMS Combined with Intensive Occupational Therapy for Upper Limb Hemiparesis in post–stroke patients. 第54回リハビリテーション医学会学術集会. 岡山, 6月. [ Jpn J Rehabil Med 2017; 54(特別): 3-3-1-4.]
  4. Sasaki N, Kakuda W, Abo M. High-frequency rTMS for post-stroke apathy. 2nd Asia-Oceanian Congress for NeuroRehabilitation & 5th philippine Society of NeuroRehabilitation Conference. Tagaytay, Aug.
  5. Sasaki N, Abo M. Go ahead with next stage-various applications of rTMS for stroke patients-. The 8th Korea-Japan Joint Stroke Confrequency. 新潟, 10月.
  6. Kinoshita S, Abo M, Okamoto T, Tanaka N(Nishi-Hiroshima Rehabilitation Hospital). Predictive Impact of Ability for Basic Movement Scale (ABMSII) on Independent Walking after Stroke: A Cohort Study from the Convalescent Rehabilitation Ward. The 8th Korea-Japan Joint Stroke Confrequency. 新潟, 10月.
  7. Niimi M, Sasaki N, Abo M. Role of brain-derived neurotrophic factor in beneficial effects of repetitive transcranial magnetic stimulation for upper limb hemiparesis after stroke. The 8th Korea-Japan Joint Stroke Confrequency. 新潟, 10月.
  8. 五十嵐祐介, 平野和宏, 鈴木壽彦, 樋口謙次, 中山恭秀, 安保雅博. 人工膝関節全置換術患者における歩行自立度と転倒セルフエフィカシーの関係について. 第52回日本理学療法学術大会. 千葉, 5月. [理学療法学 2017; 44: P-YB-15-2.]
  9. 保木本崇弘, 樋口謙次, 竹川 徹, 安保雅博. 理学療法開始時の骨格筋量減少が急性期病院退院時のADLに与える影響について. 第52回日本理学療法学術大会. 千葉, 5月. [理学療法学 2017; 44: P-YB-08-3.]
  10. 桂田功一, 保木本崇弘, 木下一雄, 樋口謙次, 竹川 徹, 安保雅博, 鹿瀬陽一. ICU入室中人工呼吸器装着下から理学療法を実施し自宅退院可能となった症例 鎮静状況および血液生化学データからの考察. 第52回日本理学療法学術大会. 千葉, 5月. [理学療法学 2017; 44: P-RS-13-1.]
  11. 林 友則, 平野和宏, 佐藤信一, 安保雅博. 超音波画像解析を用いた大臀筋上部線維、中臀筋後部線維の活動状態評価 大臀筋の活動状態が中臀筋後部線維に及ぼす影響について. 第52回日本理学療法学術大会. 千葉, 5月. [理学療法学 2017; 44: P-KS-47-2.]
  12. 吉田啓晃, 三小田健洋, 大沼雄海, 中山恭秀, 安保雅博. 大腿骨近位部骨折患者における立ち上がり動作時の足圧分析と立位時患側下肢最大荷重率の関係. 第52回日本理学療法学術大会. 千葉, 5月. [理学療法学 2017; 44: P-MT-39-1.]
  13. 桂田功一, 木下一雄, 吉田啓晃, 青砥桃子, 臼井友一, 岡道 綾, 樋口謙次, 中山恭秀, 安保雅博. 人工股関節全置換術後5ヵ月で安定した片脚立位を保持するための股関節外転筋力の目標値の設定 大規模データ(変形性股関節症女性256例)での検討. 第52回日本理学療法学術大会. 千葉, 5月. [理学療法学 2017; 44: O-MT-17-1.]
  14. 木下一雄, 桂田功一, 吉田晃啓, 青砥桃子, 臼井友一, 岡道 綾, 樋口謙次, 中山恭秀, 安保雅博. THA後5ヵ月で靴下着脱動作を可能とするには術前における動作の獲得が鍵である. 第52回日本理学療法学術大会. 千葉, 5月. [理学療法学 2017; 44: O-MT-15-1.]
  15. 平野和宏, 鈴木壽彦, 五十嵐祐介, 樋口謙次, 中山恭秀, 安保雅博. 人工膝関節全置換術患者における身体能力の推移. 第52回日本理学療法学術大会. 千葉, 5月. [理学療法学 2017; 44: O-MT-10-2.]
  16. 大熊 諒, 中山恭秀, 梅森拓磨, 安保雅博. 脳卒中後上肢麻痺に対する低頻度経頭蓋磁気刺激と集中的作業療法の併用療法の介入前後のリーチ動作比較. 第54回リハビリテーション医学会学術集会. 岡山, 6月. [ Jpn J Rehabil Med 2017; 54(特別): 1-P2K-13-3.]
  17. 菅原英和. 目標設定とインフォームドコンセント. 第54回リハビリテーション医学会学術集会. 岡山, 6月. [ Jpn J Rehabil Med 2017; 54(特別): SY10-3.]
  18. 樋口謙次, 中山恭秀, 安保雅博. 細胞内外水分量からの骨格筋量・筋力について‐BIA法による検討-. 第54回リハビリテーション医第54回リハビリテーション医学会学術集会. 岡山, 6月. [ Jpn J Rehabil Med 2017; 54(特別): 2-5-1-2.]
  19. 武原 格, 加藤 泉(流山中央病院リハビリテーション科), 安保雅博. 脳卒中患者の帰結. 第54回リハビリテーション医学会学術集会. 岡山, 6月. [ Jpn J Rehabil Med 2017; 54(特別): 2-6-2-2.]
  20. 中山恭秀, 樋口謙次, 安保雅博. 背屈位による立位保持が及ぼす体重心への影響~変位時下肢関節角度の変動係数から. 第54回リハビリテーション医学会学術集会. 岡山, 6月. [ Jpn J Rehabil Med 2017; 54(特別): 2-12-6-3.]
  21. 浦部博志, 垣田清人1)(1京都大原記念病院), 角田 亘(化学療法研究附属病院), 安保雅博. 脳卒中麻痺側上肢を随意弱収縮させた反復経頭蓋磁気刺激治療の試み. 第54回リハビリテーション医学会学術集会. 岡山, 6月. [ Jpn J Rehabil Med 2017; 54(特別): 2-P1-5-3.]
  22. 岡本隆嗣. 回復期リハビリテーション病棟における摂食・嚥下・栄養のチームアプローチ. 第54回リハビリテーション医学会学術集会. 岡山, 6月. [ Jpn J Rehabil Med 2017; 54(特別): LS15.]
  23. 羽田拓也, 百崎 良, 渡邉 修, 秋元秀昭, 山田尚基, 福井遼太, 安保雅博. 脊髄損傷患者に対する下肢装具処方と治療成績. 第54回リハビリテーション医学会学術集会. 岡山, 6月. [ Jpn J Rehabil Med 2017; 54(特別): 3-4-2-4.]
  24. 安保雅博.  自験例から考える脳機能画像とリハビリテーション–指導医の知っておくべき知識–.  第54回リハビリテーション医学会学術集会. 岡山, 6月. [ Jpn J Rehabil Med 2017; 54(特別): SK1.]
  25. 渡邉 修, 秋元秀昭, 山田尚基, 羽田拓也, 福井遼太, 安保雅博. 高次脳機能障害専門外来における脳腫瘍症例の検討. 第54回リハビリテーション医学会学術集会. 岡山, 6月. [ Jpn J Rehabil Med 2017; 54(特別): 3-5-6-2.]
  26. 坪井麻里佳, 百崎 良, 宮野佐年, 安保雅博. 施設入居高齢者に対する栄養介入の身体機能改善効果:システマティックレビュー. 第54回リハビリテーション医学会学術集会. 岡山, 6月. [ Jpn J Rehabil Med 2017; 54(特別): 3-6-1-1.]
  27. 木下翔司, 安保雅博, 岡本隆嗣(西広島リハビリテーション病院), 角田 亘(化学療法研究附属病院), 宮村紘平, 木村郁夫. 回復期リハビリテーション病棟における脳卒中患者を対象としたICF コアセットの反応性の検討. 第54回リハビリテーション医学会学術集会. 岡山, 6月. [ Jpn J Rehabil Med 2017; 54(特別): 1-5-2-2.]
  28. 船越政範, 鈴木 尚1), 秋本千鶴1)(1とちぎリハビリテーションセンター), 安保雅博. 当院における回復期リハビリテーション病棟におけるアウトカム評価の現況. 第54回リハビリテーション医学会学術集会. 岡山, 6月. [ Jpn J Rehabil Med 2017; 54(特別): 1-10-4-2.]
  29. 竹川 徹, 安保雅博. 書痙に対する経頭蓋磁気刺激治療を受けた2 症例. 第54回リハビリテーション医学会学術集会. 岡山, 6月. [ Jpn J Rehabil Med 2017; 54(特別): 1-11-6-7.]
  30. 渡邉 修. TBI後の自動車運転再開について. 第54回リハビリテーション医学会学術集会. 岡山, 6月. [ Jpn J Rehabil Med 2017; 54(特別): SY4-4.]
  31. 小泉和雄1), 木村郁夫, 小泉章子1), 村上聡子1), 高田耕太郎1), 中島 修1), 村山 実1), 山崎勝雄1), 小泉蓉子1)(1いずみ記念病院), 安保雅博. 回復期リハビリテーション病棟から急性期病棟へ転棟・転院した担がん例の検討. 第54回リハビリテーション医学会学術集会. 岡山, 6月. [ Jpn J Rehabil Med 2017; 54(特別): 2-2-4-2.]
  32. 三谷管雄1), 清水正人1)(1共済会清水病院), 萩野 浩(鳥取大学), 安保雅博, 山田尚基, 角田 亘. 大腿骨近位部骨折患者における再骨折の影響因子. 第54回リハビリテーション医学会学術集会. 岡山, 6月. [ Jpn J Rehabil Med 2017; 54(特別): 2-2-2-5.]
  33. 秋本千鶴1), 鈴木尚1)(1とちぎリハビリテーションセンター), 船越政範. 当院における小脳梗塞患者の検討. 第54回リハビリテーション医学会学術集会. 岡山, 6月. [ Jpn J Rehabil Med 2017; 54(特別): 1-P1-11-2.]
  34. 渡邉 修, 二ノ宮邦稔, 石井卓也, 三橋 真, 梅原 淳, 鈴木優一, 石川 篤, 畠山まり子, 髙橋恵美子, 河田好美, 鈴木真紀子, 山田賢司, 米林 勝. 月ごとの転倒全症例の分析とフィードバック~転倒・転落ワーキンググループの試み~. 第119回成医会第三支部例会. 東京, 7月.
  35. 林 友則, 山川仁憲, 渡辺 賢(首都大学), 中山恭秀, 安保雅博. 超音波エラストグラフィーを使用する際の検者の熟練度が評価精度に及ぼす影響について. 第29回日本整形外科超音波学会学術集会. 東京, 7月. [日本整形外科超音波学会学術集会プログラム(29回) 62.]
  36. 渡邉 修. 注意障害、遂行機能障害の病態生理と経頭蓋磁気刺激療法について. 第8回Stimulation Therapy研究会. 函館, 7月.
  37. 原 貴敏. ボツリヌス治療の最新エビデンスとリハビリテーション. 第8回Stimulation Therapy研究会. 函館, 7月.
  38. 佐藤穂波1), 泉 佳成1)(1青森新都市病院), 原 貴敏, 木下翔司. NEURO入院患者に対し、体性感覚へアプローチした事により、物品把持における応用が可能となった一症例. 第8回Stimulation Therapy研究会. 函館, 7月.
  39. 原 愛1), 東 成美1), 篠村哲治1), 小泉和雄1)(1いずみ記念病院), 木村郁夫. 半側空間無視例や上肢麻痺例に対するH200ハンド・リハビリテーション・システムNESS H200の使用経験. 第8回Stimulation Therapy研究会. 函館, 7月.
  40. 大瀧直人1), 篠村哲治1), 小泉和雄1)(1いずみ記念病院), 古溝 聖2), 原島宏明2)(2総合東京病院), 鬼塚沙織(御所南クリニック), 漆谷直樹(西広島リハビリテーション病院), 安保雅博. 維持期上肢麻痺に対するNEURO-15の効果~FMAを指標とした比較検討. 第8回Stimulation Therapy研究会. 函館, 7月.
  41. 漆谷直樹1), 玉代浩章1), 須賀奈々美1), 久留嶋崇史1), 松田崇志1), 木下翔司, 岡本隆嗣1)(1西広島リハビリテーション病院). 回復期患者にfNIRSを用いてNEURO-15の実施時期を検討した1症例. 第8回Stimulation Therapy研究会. 函館, 7月.
  42. 玉代浩章1), 漆谷直樹1), 久留嶋崇史1), 松田崇志1), 井上英二1), 木下翔司, 岡本隆嗣1)(1西広島リハビリテーション病院). NEURO-15施行前のfNIRS測定による効果予測について. 第8回Stimulation Therapy研究会. 函館, 7月.
  43. 小嶋美樹1), 藤﨑千裕1) , 齋藤洸太(江古田の森), 原島宏明1)(1総合東京病院), 安保雅博. 脳卒中後の痙縮に対するボツリヌス療法、連携の取り組み. 第8回Stimulation Therapy研究会. 函館, 7月.
  44. 佐藤洋輔, 安保雅博. Action Research Arm Testと日常生活動作に関する検討-ARATとJASMIDの分析結果より-. 第8回Stimulation Therapy研究会. 函館, 7月.
  45. 田中智子, 安保雅博. 脳卒中片麻痺患者の麻痺手の違いがSHAP日本語版の妥当性に与える影響. 第8回Stimulation Therapy研究会. 函館, 7月.
  46. 京田紗里奈1), 山崎龍之介1), 鹿野純平1), 浦部博志, 垣田清人1)(1京都大原記念病院). 脳卒中片麻痺患者におけるSHAP日本語版とJASUMIDの関係性について. 第8回Stimulation Therapy研究会. 函館, 7月.
  47. 田中智子, 鹿野純平(京都大原記念病院), 丸山莉奈(桔梗ヶ原病院), 本松逸平(八反丸病院), 安保雅博. 脳卒中片麻痺患者における利き手麻痺・非利き手麻痺の違いがSHAPの妥当性に与える影響. 第51回日本作業療法学会. 東京, 9月. [日作療会抄集 (51回) PA-2F03.]
  48. 村田 海, 羽賀祐介, 近藤隆博, 鹿野純平, 安保雅博. Action Research Arm Test(ARAT)の成績分類に関する検討 ARATとFMAの回帰分析結果より. 第51回日本作業療法学会. 東京, 9月. [日作療会抄集 (51回) OA-11-4.]
  49. 兼目真里, 田口健介, 村田 海, 田中智子, 安保雅博. 6回のA型ボツリヌス毒素投与が脳卒中後重度上肢麻痺に与える効果. 第51回日本作業療法学会. 東京, 9月. [日作療会抄集 (51回) OA-3-2.]
  50. 松木千津子, 石川 篤, 舘野 歩, 渡邉 修, 安保雅博. 森田療法における作業療法士の関わり 作業選択意思決定支援ソフト(ADOC)を用いた介入. 第51回日本作業療法学会. 東京, 9月. [日作療会抄集 (51回) PH-2A03.]
  51. 安保雅博. 脳卒中後遺症の痙縮に対するボスリヌス治療. 第1回日本リハビリテーション医学会秋季学術集会. 大阪, 10月. [日本リハビリテーション医学会秋季学術集会プログラムS88.]
  52. 濱田万弓, 釜瀬大蔵1), 李 大相1), 西岡浩司1), 根岸宏一1), 西塔 進1), 高家幹夫1)(1牧リハビリテーション病院), 安保雅博. 当院(回復期病院)における褥瘡患者の傾向について. 第1回日本リハビリテーション医学会秋季学術集会. 大阪, 10月. [日本リハビリテーション医学会秋季学術集会プログラムS168.]
  53. 岡本隆嗣. 回復期リハビリテーション病棟とチームアプローチ-病棟におけるチームアプローチの実践-. 第1回日本リハビリテーション医学会秋季学術集会. 大阪, 10月. [日本リハビリテーション医学会秋季学術集会プログラム]
  54. 秋元秀昭, 渡邉 修, 原 貴敏, 福井遼太, 長谷川雄紀, 安保雅博. 当院における高次脳機能障害患者に対する自動車運転再開支援. 第1回日本リハビリテーション医学会秋季学術集会. 大阪, 10月. [日本リハビリテーション医学会秋季学術集会プログラム S107.]
  55. 佐々木信幸. 急性期重症者患者に必要なリハ的創造力. 第1回日本リハビリテーション医学会秋季学術集会. 大阪, 10月. [日本リハビリテーション医学会秋季学術集会プログラム S108.]
  56. 百崎 良, 安保雅博, 緒方直史(帝京大学医学部). リハビリテーション医学研究における臨床研究登録状況. 第1回日本リハビリテーション医学会秋季学術集会. 大阪, 10月. [日本リハビリテーション医学会秋季学術集会プログラム S284.]
  57. 石井 暁1), 菅原英和, 牛込伸行1), 石川 誠1)(1初台リハビリテーション病院). 中大脳動脈領域脳梗塞患者のADLに関する検討:左右大脳半球病変での違い. 第1回日本リハビリテーション医学会秋季学術集会. 大阪, 10月. [日本リハビリテーション医学会秋季学術集会プログラム S181.]
  58. 澤口 暁1), 百崎 良, 長谷部清貴1), 長野正幸1), 春日成二1)(1帝京大学医学部附属溝口病院), 安保雅博. 大腿骨近位部骨折に対する術前リハビリテーションの効果:日本リハビリテーション・データーベース分析. 第1回日本リハビリテーション医学会秋季学術集会. 大阪, 10月. [日本リハビリテーション医学会秋季学術集会プログラムS202.]
  59. 釜瀬大蔵1), 李 大相1), 濱田万弓, 根岸宏一1), 西岡浩司1), 西塔 進1), 高家幹夫1)(1牧リハビリテーション病院). 胃瘻拒否の意思を尊重した長期リハビリテーションで経口摂取に至ったWallenberg症候群の一例. 第1回日本リハビリテーション医学会秋季学術集会. 大阪, 10月. [日本リハビリテーション医学会秋季学術集会プログラム 2017; S282.]
  60. 今井 光1), 星野義明1), 原 愛1), 大瀧直人1), 東 成美1), 田中優子1)(1いずみ記念病院), 安保雅博. 視床出血後に運動失調を呈した症例に対しNEURO-15を施行した治療経験. 第1回日本リハビリテーション医学会秋季学術集会. 大阪, 10月. [日本リハビリテーション医学会秋季学術集会プログラム 2017; S304.]
  61. 上出杏里. 女性選手の強化・育成について. 平成29年度日本障がい者スポーツ協会医・科学サポート研修会. 東京, 10月.
  62. 木村 茂(青梅三慶病), 上杉由美(介護老人保健施設ピースプラザ), 黒川溶輔(臨床福祉専門学校), 佐藤誠一(ディサービス・言葉のかけ橋), 相馬肖美(ゆずりはコニュニケーションズ), 園田尚美1), 深浦順一(日本言語聴覚士会), 山本弘子1)(1日本失語症協議会), 吉野眞理子(筑波大学), 渡邉 修. 失語症者のニーズに対応した機能訓練事業所の効果的・効率的な運営の在り方に関する調査研究報告. 第41回日本高次脳機能障害学会学術総会 埼玉, 12月.
  63. 川上勝也, 渡辺 基, 齋藤玲子, 吉畑博代1), 進藤美津子1)(1上智大学院), 道又 爾(上智大学), 小林一成, 安保雅博.  失語症者のための談話評価法開発の試み-情景画4種を用いて-. 第41回日本高次脳機能障害学会学術総会 埼玉, 12月.
  64. 兼目真里, 村田 海, 田口健介, 吉澤いづみ, 石川 篤, 齊藤玲子, 渡辺 基, 安保雅博.  就労継続支援事業B型から一般就労に繋がったSotos症候群の就労支援経験.  第41回日本高次脳機能障害学会学術総会 埼玉, 12月.
  65. 竹本まゆみ1), 加藤礼子1), 谷口智津1), 福井麻里1), 永井嘉子1)(1神奈川リハビリテーション病院), 眞邉一近(日本大学大学院総合社会情報研究科), 鄭 健錫. 脳外傷者の談話障害-評価の試み-. 第41回日本高次脳機能障害学会学術総会. 埼玉, 12月. [高次脳機能研 2018; 38(1): 51.]
  66. 森田一砂1), 宮野佐年, 原島宏明1), 小山由美1)(1総合東京病院). 急性期における脳血管疾患患者の認知機能の重症度の推移と転機-CBA:認知関連行動アセスメントを用いて-. 第41回日本高次脳機能障害学会学術総会. 埼玉, 12月. [高次脳機能研 2018; 38(1): 62.]
  67. 川上克樹1), 殿村 暁1), 白川大平1), 斉藤敏子1), 林 協子1), 市塚晶子1), 鄭 健錫, 青木重陽, 瀧澤 学1), 永井喜子1)(1神奈川リハビリテーション病院), 渡邉由己(田園調布大学), 久保義郎(桜美林大学). 高次脳機能障害者への通院グループアプローチに関する統計学的検討3~TBI-3と転帰~. 第41回日本高次脳機能障害学会学術総会. 埼玉, 12月. [高次脳機能研 2018; 38(1): 67.]
  68. 永井喜子1), 瀧澤 学(神奈川リハビリテーション事業団), 青木重陽, 鄭 健錫, 佐藤健太1), 殿村 暁1)(1神奈川リハビリテーション病院). 高次脳機能障害を対象とした通院グループアプローチ利用者の長期経過について. 第41回日本高次脳機能障害学会学術総会. 埼玉, 12月. [高次脳機能研 2018; 38(1): 67.]
  69. 小林一成. 機能予後予測とリハビリテーション. 第118回成医会葛飾支部例会 2017;
  70. 新見昌央, 樋口謙次, 又吉由紀子, 安保雅博. Proportional Assist Vrntiation(PAV+)モードによる人工呼吸管理下で早期リハビリテーションを行い、呼吸器離脱に至った敗血症性ショックの1例. 第68回日本リハビリテーション医学会関東地方会. 東京, 2月.
  71. 渡邉 修, 秋元秀昭, 原 貴敏, 福井遼太, 長谷川雄紀, 安保雅博. 頭部外傷を契機に発見された脳梁全欠損症の成人例について. 第68回日本リハビリテーション医学会関東地方会. 東京, 2月.
  72. 新見昌央, 樋口謙次, 又吉由紀子, 安保雅博. Proportional Assist Ventilation (PAV+)モードによる人工呼吸管理下で早期リハビリテーションを行い、呼吸器離脱に至った敗血症性ショックの1例. 第68回日本リハビリテーション医学会関東地方会. 東京, 2月.
  73. 新見昌央, 桂田功一, 鹿瀬陽一, 長谷川意純. ICU入室中の内科系疾患患者における体組成と臨床データとの関連性の調査. 第45回日本集中治療医学会学術集会. 千葉, 2月.
  74. 安保雅博. 脳卒中のリハビリテーション. 第43回日本脳卒中学会学術集会. 福岡, 3月.

▲ページトップへ

 

Copyright(C) 2007 Department of Rehabilitation Medicine.The Jikei University, School of Medicine. All rights reserved.