研修実績

tag3

 

2013年の研究業績

△各年の研究業績へ

論文一覧

  1. Abo M,Kakuda W,Momosaki R,Harashima H,Kojima M,Watanabe S,Sato T,Yokoi A,Umemori T,Sasanuma J.Randomized,multicenter,comparative study of NEURO versus CIMT in poststroke patients with upper limb hemiparesis: the NEURO-VERIFY Study. Int J Stroke. 2013 Sep 9
  2. Takekawa T,Kakuda W,Uchiyama M,Ikegaya M,Abo M.Brain perfusion and upper limb motor function:A pilot study on the correlation between evolution of asymmetry in cerebral blood flow and improvement in Fugl-Meyer Assessment score after rTMS in chronic post-stroke patients. J Neuroradiol. 2013 Jul 22
  3. Kakuda W,Abo M,Nakayama Y,Kiyama A,Yoshida H.High-frequency rTMS using a double cone coil for gait disturbance.Acta Neurol Scand.2013.Feb 7
  4. Takekawa T, Abo M, Ebihara K, Taguchi K, Sase Y, Kakuda W. Long-term effects of injection of botulinum toxin type A combined with home-based functional training for post-stroke patients with spastic upper limb hemiparesis. Acta Neurol Belg. 2013 May 29. [Epub ahead of print]
  5. Yamada N, Kakuda W, Senoo A, Kondo T, Mitani S, Shimizu M, Abo M. Functional cortical reorganization after low-frequency repetitive transcranial magnetic stimulation plus intensive occupational therapy for upper limb hemiparesis: evaluation by functional magnetic resonance imaging in poststroke patients. Int J Stroke. 2013 May 22. doi: 10.1111/ijs.12056. [Epub ahead of print]
  6. Kakuda W,Abo M,Watanabe S,Momosaki R,Hashimoto G,Nakayama Y,Kiyama A,Yoshida H.High-frequency rTMS applied over bilateral leg motor areas combined with mobility training for gait disturbance after stroke:A preliminary study.Brain Inj.2013;27(9):1080-6
  7. Yamada N,Kakuda W,Kondo T, Shimizu M,Mitani S, Abo M.Bihemispheric repetitive transcranial magnetic stimulation combined with intensive occupational therapy for upper limb hemiparesis after stroke:a preliminary study.Int J Rehabil Res.2013.Jun.20
  8. Sasaki N,Mizutani S,Kakuda W,Abo M.Comparison of the effects of high-and low-frequency repetitive transcranial magnetic stimulation on upper limb hemiparesis in the early phase of stroke.J Stroke Cerebrovasc Dis.2013.May;22(4):413-8
  9. Momosaki R,Abo M,Kakuda W,Kobayashi K.Applicability of the Two-Step Thickened Water Test in Patients With Poststroke Dysphagia:A Novel Assessment Tool for Paste Food Aspiration.2013;22(6):817-21
  10. Momosaki R,Abo M,Watanabe S,Kakuda W,Yamada N,Mochio K.Functional
    Magnetic Stimulation Using a Parabolic Coil for Dysphagia After Stroke.Neuromodulation.2013.Dec 9.
  11. Abo M.Repetitive transcranial magnetic stimulation and Rhabilitation.Rinsho
    Shinkeigaku.2013.Vol.53.No.11.1264-6
  12. Momosaki R,Abo M,Watanabe S,Kakuda W,Yamada N,Mochio K.Functional Magnetic Stimulation Using a Parabolic Coil for Dysphagia After Stroke. Neuromodulation.2013 Dec 9
  13. Abo M.Repetitive transcranial magnetic stimulation and rehabilitation. Rinsho Shinkeigaku. 2013.Vol.53No.11.1264-6.Japanese.
  14. 小林健太郎,安保雅博.失語症治療戦略の最前線.脳神経外科速報.2013.Vol.23.No.3.324-9
  15. 武原格,林泰史,一杉正仁,渡邉修,安保雅博,米本恭三.脳障害者の自動車運転:脳卒中患者の自動車運転再開.Jpn J Rehabil Med.2013.Vol.50.No.2.99-104
  16. 渡邉修,武原格,一杉正仁,林泰史,米本恭三.脳外傷の自動車運転:総論・運転中の脳機能画像.Jpn J Rehabil Med.2013.Vol.50.No.2.93-8
  17. 原貴敏,角田亘,小林一成,百崎良,新見昌央,安保雅博.脳卒中後上肢麻痺に対する低頻度反復性経頭蓋磁気刺激と集中的作業療法の併用療法が脳血流に及ぼす影響について.Jpn J Rehabil Med.2013.Vol.50.No.1.36-42
  18. 安保雅博.脳卒中後遺症に対する経頭蓋磁気刺激療法. 日本医事新報.2013.No.4630.52-53.
  19. 武原格.脳損傷者に対する自動車運転能力評価. MB Med Reha.2013.No.153.59-64.
  20. 青木重陽.注意・遂行機能障害のリハ:リハ病院でのアプローチ例. MB Med Reha.2013.No.153.9-15.
  21. 佐々木信幸角田亘, 安保雅博.反復性経頭蓋磁気刺激療法 脳卒中発症早期における利用について 臨床雑誌 内科 111: 925-930, 2013.
  22. 角田亘, 安保雅博.反復性経頭蓋磁気刺激を用いた脳卒中後上肢麻痺に対するIntensive neurorehabilitation.The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine 50: 271-276, 2013.
  23. 田口健介, 吉澤いづみ, 松浦愼太郎, 安保雅博.発症より20年以上が経過した重度関節変形を伴う上肢痙縮2症例に対する, 外科的治療, ボツリヌス毒素注射, 作業療法の複合的治療の経験.東京慈恵会医科大学雑誌 128: 83-88, 2013.
  24. 吉澤いづみ,安保雅博.用手的リンパドレナージ.OTジャーナル.2013.Vol.47.No.7.736-41
  25. 角田亘,安保雅博.反復性経頭蓋磁気刺激. OTジャーナル.2013.Vol.47.No.7.645-52
  26. 平澤泰介,石神重信,羽田康司,橋本圭司,佐伯覚.国際交流の推進に向けて.総合リハ.2013.Vol.41.No.6.579-87
  27. 原貴敏,安保雅博.術後リハビリテーションの実際-一般病棟.総合リハ.2013.Vol.41.No.5.439-44
  28. 岡本隆嗣,園田茂,宮井一郎,筧淳夫,石川誠.回復期の現状と今後の行方-平成24年
    度実態調査結果から.回復期リハビリテーション.2013.Vol.12.No.2.22-30
  29. 岡本隆嗣,岡光孝,松田秀之,徳光みなみ,福岡さおり.通所リハビリテーションにお
    ける医師の役割と可能性-短時間通所リハにおける医師のかかわり.地域リハビリテーション.2013.Vol.8.No.8.579-84
  30. 山田尚基,角田亘,安保雅博.失語と反復性経頭蓋磁気刺激-言語野マッピングへの応用.臨床リハ.2013.Vol.22.No.9.924-7
  31. 角田亘,安保雅博,清水正人,笹沼仁一,岡本隆嗣,原寛美,木村知行,武居光雄.脳卒中後上肢麻痺に対する低頻度反復性経頭蓋磁気刺激と集中的作業療法の併用療法-1,000人超の患者に対する治療経験.脳卒中.2013.Vol.35.No.4.274-80
  32. 佐野剛雅,谷口洋,渡邉基,辰濃尚,武原格,安保雅博.食塊の残留側への嚥下後回旋空嚥下が咽頭残留の除去に有効だった延髄外側梗塞の1例.日摂食嚥下リハ会誌.2013.Vol.17.No.2.164-9
  33. 辰濃尚,小林一成.大学病院における急性期脳卒中リハビリテーションと首都圏回復期病院との連携モデル.2013.MB Med Reha.No.161.41-6
  34. 佐々木信幸,安保雅博.脳卒中リハビリテーションにおける経頭蓋磁気刺激(TMS)の到達点と展望.2013.MB Med Reha.No.161.53-8
  35. 角田亘,安保雅博.脳卒中リハビリテーションにおけるボツリヌス毒素治療の到達点と展望.2013.MB Med Reha.No.161.59-64
  36. 岡本隆嗣,渡邉光子,白岡幸子,福江亮,池田響子,新家光晴,安東誠一.リハビリテーション専門病院における安全管理.臨床リハ.2013.Vol.22.No.10.976-86
  37. 小林一成.総論:どの科でも必要なリハマインド,リハ処方②外科的治療が必要な科.臨床リハ. 2013.Vol.22.No.10.1006-9
  38. 角田亘,安保雅博.脳卒中後遺症に対する治療的反復性経頭蓋磁気刺激(rTMS)-リハビリテーションとの併用療法-.Jpn J Rehabil Med.2013.Vol.50.No.9.732-7
  39. 吉野高博,松田秀之,木村典子,岡本隆嗣.診療報酬・介護保険同時改定 介護老人保健施設の立場から.総合リハ.2013.Vol.41.No.10.921-7
  40. 武原格.<各論> I .脳血管障害 症例11 自動車運転の可否の判断を要する例.MB Med Reha.2013.No.163.67-70
  41. 鄭健錫.<各論> II.高次脳機能障害 症例12 前頭葉症状.MB Med Reha.2013.No.163.72-5
  42. 渡邉修.<各論> II.高次脳機能障害 症例15 注意障害.MB Med Reha.2013.No.163.85-8
  43. 米本恭三.新たな扉を開き続けた10年の歩み.Jpn J Rehabil Med.2013.Vol.50.No.11.886-91
  44. 小林健太郎,安保雅博.経頭蓋磁気刺激.リハビリナース.2013.Vol.6.No.6.78-81
  45. 青木重陽.低酸素脳症者のリハビリテーション7まとめと今後の課題.2013.Vol.22.No.12.1232-6
  46. 岩尾亜希子,藤原喜美子,海渡健,佐藤信一,小曾根基裕,安保雅博,落合和徳.当院における転倒・転落の発生状況と医療安全推進室の積極的介入による骨折・手術を伴う転倒頻度の減少.2013.Vol.8.No.3.181-7
  47. 樋口謙次,久保晃,下地大輔,齋藤愛子,宇都宮保典,安保雅博.保存期慢性腎臓病(CKD)患者における身体活動量とQOLとの関連.理学療法科学.2013.Vol.28.No.4.481-6
  48. 今井正也,渡辺重人,吉田豊,頼経貴正,佐藤優史,原島宏明,角田亘,安保雅博,宮野佐年.大脳運動野上肢領域への低頻度反復性経頭蓋磁気刺激が、対側大脳運動野下肢領域の神経活動性に与える影響.理学療法科学.2013.Vol.28.No.3.297-301
  49. 佐瀬洋輔,池ヶ谷正人,小澤弘幸,角田亘,安保雅博.脳卒中後の重度痙性上肢麻痺に対するボツリヌス毒素投与と低周波治療、作業療法士による自主トレーニング指導との併用療法~パイロット研究~.作業療法.2013.Vol.32.No.3.233-43
  50. 小林健太郎,安保雅博.尺骨神経麻痺を合併した対麻痺症例に対する間欠式バルーンカテーテル自助具の工夫.Jpn J Rehabil Med.2013.Vol.50.No.5.334-8
  51. 新見昌央,渡邉修,小林一成,橋本弦太郎,原貴敏,百崎良,角田亘,梅森拓磨,川幡麻美,安保雅博.蛋白同化ステロイドと疼痛に対する薬物療法が有効であった廃用症候群の1例.臨床リハ.2013.Vol.22.No.6.628-32
  52. 橋本圭司.小児発達検査で何を見るか.総合リハ.2014.Vol.42.No.1.51-4
  53. 竹川徹,原貴敏,角田亘,小林一成,佐瀬洋輔,安保雅博.脳卒中後の上肢痙縮への2度のA型ボツリヌス毒素投与が上肢運動機能へ与える効果.Jpn J Rehabil Med.2014.Vol.51.No.1.38-46
  54. 菅原英和,八幡徹太郎,岡崎英人,越智光宏,原田雄大,嘉村雄飛.全国回復期リハビリテーション病棟におけるメーカー別電子カルテ機能の実態調査.総合リハ.2014.Vol.42.No.2.155-9
  55. 武原格,一杉正仁,渡邉修,林泰史,米本恭三,安保雅博.自動車運転再開支援を行った脳損傷者の特徴と事故について.Jpn J Rehabil Med.2014.Vol.51.No.2.138-43
  56. 安保雅博,竹川徹.脳卒中後ボツリヌス毒素を用いた上肢機能のリハビリテーション.Jpn J Rehabil Med.2014.Vol.51.No.3.179-82
  57. 原貴敏,垣田清人,児玉万実,土井孝明,安保雅博.脳卒中後Alien hand syndromeに対する低頻度反復性磁気刺激法と集中的作業療法.Jpn J Rehabil Med.2014.Vol.51.No.3.228-33
  58. 宮野佐年,新見昌央,保母孝多.ポリオの併存により難渋した脳卒中患者のリハビリテーション.MB Med Reha.2014.No.168.23-8
  59. 新見昌央,安保雅博,宮野佐年.脳卒中患者における大腿骨近位部骨折.MB Med Reha.2014.No.168.41-6
  60. 武原格.私の治療方針.嚥下医学.2013.Vol.2.No.2.16-7
  61. 武原格.疾患別在宅医療の対応.臨床と研究.2013.Vol.90.47-51
  62. 武原格.嚥下障害リハビリテーション入門Ⅱ嚥下障害の検査-VFとVEによる病態の理解-.リハ医学.2013.Vol.50.No.5.345-51
  63. 武原格.障害者の自動車運転.地域リハビリテーション くらしを支える医療の実践.2013.別冊.221-3
  64. 青木隆明,秋山治彦,室谷嘉一,上出杏里,田村玉美,田嶋千秋,阿部尚子,陶山哲夫.ロンドンパラリンピック医務報告.日本障害者スポーツ学会誌.2013.No.22.98-100
  65. 渡辺雅之,上出杏里,岩橋佳子.サウンドピンポン学習を通して語られる「共生社会」へのまなざし.日本障害者スポーツ学会誌.2013.No.22.74-81
  66. 黒田直生人,橋本圭司,上出杏里,河本嶺希,佐藤裕子,金澤郁恵,本田真美,竹内博一,高木聡,竹川徹,安保雅博.急性散在性脳脊髄炎後に低酸素脳症を合併した高次脳機能障害児に対する1リハビリテーションの経験.慈恵医大誌.2013.No.128.163-9

▲ページトップへ

 

著書一覧

  1. 安保雅博.脳血管障害による失語症のリハビリテーション.今日の治療方針 私はこう治療している 2013.医学書院.850-851.
  2. 中山恭秀 編集 理学療法臨床評価プランニング 南江堂 2013.
  3. 角田亘、安保雅博 編著 rTMS治療とリハビリテーション 金原出版株式会社 2013.
  4. 原 貴敏,安保雅博. 脳卒中の反復性経頭蓋磁気刺激治療rTMSとボツリヌス治療. 脳卒中理学療法の理論と技術  2013.MEDICAL VIEW.152-163.
  5. 渡邉 修.くも膜下出血. 今日のリハビリテーション指針2013.医学書院.20-24.
  6. 小林一成.全身性エリテマトーデス. 今日のリハビリテーション指針2013.医学書院.179-181.
  7. 小林一成.血友病性関節症. 今日のリハビリテーション指針2013.医学書院.181-183.
  8. 小林一成.全身性硬化症. 今日のリハビリテーション指針2013.医学書院.183-184.
  9. 小林一成.痛風. 今日のリハビリテーション指針2013.医学書院.184-186.
  10. 佐々木信幸,安保雅博.音声・言語機能障害. 今日のリハビリテーション指針2013.医学書院.469-475.
  11. 小林健太郎,安保雅博.言語療法. 今日のリハビリテーション指針2013.医学書院.555-559.
  12. 橋本圭司.認知リハビリテーション. 今日のリハビリテーション指針2013.医学書院.559-562.
  13. 橋本圭司.認知行動療法. 今日のリハビリテーション指針2013.医学書院.562-564.
  14. 岡本隆嗣.回復期リハビリテーションの現状と課題 地方病院②.92-5.リハビリテーションと地域連携・地域包括ケア.診断と治療社.2013
  15. 原貴敏,安保雅博.脳卒中の反復性経頭蓋磁気刺激治療rTMSとボツリヌス治療.152-63.脳卒中理学療法の理論と技術.メジカルビュー社.2013
  16. 小林一成.高齢者のリハビリテーションの概要.148-53.高齢者歯科.医歯薬出版株式会社.2013
  17. 鈴木禎,光野有次,串田英之.SEATING HANDBOOK 寝かせきりにしない!「坐り」ケアの実践 笑顔を引き出すシーティング.ヒポ・サイエンス出版.2013
  18. 武原格.現状とニーズ.脳卒中・脳外傷者のための自動車運転.2013.三輪書店.1-5
  19. 武原格.運転に求められる身体機能.脳卒中・脳外傷者のための自動車運転.2013.三輪書店.21-6
  20. 武原格,林泰史.臨床における支援のあり方.脳卒中・脳外傷者のための自動車運転.2013.三輪書店.110-5
  21. 武原格.運転可否に関する臨床医の判断.脳卒中・脳外傷者のための自動車運転.2013.三輪書店.116-22
  22. 武原格.嚥下造影検査は、どのように行いますか.納得!実践シリーズQ&Aと症例でわかる!摂食・嚥下障害ケア.2013.羊土社.26-9
  23. 武原格.嚥下造影の見方を教えてください.納得!実践シリーズQ&Aと症例でわかる!摂食・嚥下障害ケア.2013.羊土社.30-3
  24. 百崎良.高齢者の生活機能の評価-生活・ADL評価.高齢者歯科第2版.2013.医歯薬出版
  25. 百崎良.サルコぺニアの予防(アンチエイジング).サルコぺニアの摂食・嚥下障害リハビリテーション栄養の可能性と実践.2013.医歯薬出版

▲ページトップへ

 

発表一覧

  1. Momosaki R,Abo M,Kakuda W.Does serum level of sex hormones before rehabilitation predict functional recovery in elderly post-stroke patients?.International Stroke Conference 2013.February 6-8.2013.Honolulu,Hawaii
  2. Kakuda W,Abo M,Momosaki R.Effects of high-frequency rTMS applied over bilateral leg motor areas using a double cone coil on walking function in post-stroke patients.International Stroke Conference 2013.February 6-8.2013.Honolulu,Hawaii
  3. Watanabe S,Takehara I,Hitosugi M,Hayashi Y,Yonemoto K,Abo M,Momosaki
    R,Kakuda W,Mochio K,Matsuda T.Assessment of Cerebral activation patterns while operating a driving simulator with TBI survivors:A functional Near-infrared Spectroscopy study.XXI WorldCongressNeurology.September21-26.2013.Vienna,Austria
  4. Abo M,Sase Y,Watanabe S,Kakuda W,Taguchi K,Takekawa T.Four periodical Botulinum Toxin Type A Injections,Followed by home=Based Functional Training in Poststroke Patients with Severe Upper Limb Hemiparesis. XXI WorldCongressNeurology.September21-26.2013.Vienna,Austria

  5. Momosaki R, Abo M, Watanabe S, Kakuda W, Yamada N, Mochio K.Functional Magnetic Stimulation for Post-Stroke Dysphagia. 3rd Congress and Precongress Course of the European Society for Swallowing Disorders. September 12-14.2013. Malmo, Sweden
  6. 佐々木信幸,角田亘,安保雅博.発症早期脳卒中上肢麻痺に対する患側高頻度rTMSと両側(患側高頻度+健側低頻度)rTMSの効果の比較.STROKE2013.2013年3月.東京
  7. 角田亘,安保雅博.ダブルコーンコイルによる両側運動野下肢領域への反復性経頭蓋磁気刺激が脳卒中後の歩行機能に与える影響.STROKE2013.2013年3月.東京
  8. 安保雅博.脳卒中のリハビリテーションと脳機能画像~自験例から~.STROKE2013.2013年3月.東京
  9. 岡本隆嗣.チームの礎である専門職の品・質を研こう.回復期リハビリテーション病棟協会第21回研究大会in金沢.2013年2月.金沢
  10. 岡本隆嗣.脳卒中のリハビリテーション~急性期・回復期・生活期~.平成24年度「在宅医療・介護保険研修会」.2013年2月.広島
  11. 岡本隆嗣.高次脳機能障害を理解する.高次脳機能障害がよくなるということ.2013年2月.広島
  12. 渡邉雅之,上出杏里,岩橋佳子.『サウンドピンポン学習を通して語られる「共生社会」へのまなざし』.第22回日本障害者スポーツ学会.2013年1月.和歌山
  13. 上出杏里,岩橋佳子,渡邉雅之.内部障害・高次脳機能障害・がん患者を対象とした体力づくりの取り組み~スポテン・プログラムについて~.第22回日本障害者スポーツ学会.2013年1月.和歌山
  14. 原貴敏.脳卒中後上肢麻痺に対する低頻度反復性経頭蓋磁気刺激が脳血流に及ぼす影響について~SPECTによる検討~.ATAGO STROKE CONFERENCE.2013年2月.東京
  15. Okamoto T,Sonoda S,Miyai I,Ishikawa M.“Kaifukuki Rehabilitation Ward”in Japan.第50回日本リハビリテーション医学会学術集会.2013年6月.東京
  16. 安保雅博.脳卒中後のボツリヌス毒素を用いた上肢麻痺のリハビリテーション.第50回日本リハビリテーション医学会学術集会.2013年6月.東京
  17. 殷祥洙,安保雅博.ドライビングシミュレーターを用いた障害者の自動車運転支援.第50回日本リハビリテーション医学会学術集会.2013年6月.東京
  18. 武原格,一杉正仁,渡邉修,林泰史,安保雅博,米本恭三.脳損傷者の自動車運転再開と身体および高次脳機能.第50回日本リハビリテーション医学会学術集会.2013年6月.東京
  19. 渡邉修,角田亘,百崎良,橋本弦太郎,持尾健二郎,新見昌央.一般就労を達成しえた重度脳外傷者の調査.第50回日本リハビリテーション医学会学術集会.2013年6月.東京
  20. 橋本弦太郎,安保雅博,渡邉修,小林一成,角田亘,百崎良,持尾健二郎.C3頸髄損傷後四肢麻痺を有した臨床研修医に対する包括的就労支援の試み.第50回日本リハビリテーション医学会学術集会.3013年6月.東京
  21. 粳間剛,橋本圭司,上出杏里,青木重陽,日比洋子,鄭健錫,互健二,安保雅博.MRI/SPECT統計画像解析を用いた脳外傷後高次脳機能障害とうつ病の鑑別.第50回日本リハビリテーション医学会学術集会.2013年6月.東京
  22. 伊藤修,鈴木文歌,高橋珠緒,坂田佳子,室谷嘉一,森信芳,長坂誠,海老原覚,上月正博.小児非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)への入院型包括的リハビリテーションの効果.第50回日本リハビリテーション医学会学術集会.2013年6月.東京
  23. 高橋珠緒,鈴木文歌,坂田佳子,長坂誠,森信芳,海老原覚,伊藤修,上月正博.包括的リハビリテーションの早期介入の有無により対照的な臨床経過をとった小児肥満の2例.第50回日本リハビリテーション医学会学術集会.2013年6月.東京
  24. 山内秀樹,安保雅博.PGC-1αによる骨格筋代謝調節にミオスタチンが関与する.第50回日本リハビリテーション医学会学術集会.2013年6月.東京
  25. 菅原英和.当院回復期リハ病棟におけるボトックス治療の現状と課題.第50回日本リハビリテーション医学会学術集会.2013年6月.東京
  26. 佐々木信幸,安保雅博.発症早期脳卒中上肢麻痺に対する患側高頻度rTMSと両側(患側高頻度+健側低頻度)rTMSの効果の比較-第二報-. 第50回日本リハビリテーション医学会学術集会.2013年6月.東京
  27. 百崎良,安保雅博,渡邉修,角田亘,新見昌央,橋本弦太郎,持尾健二郎.慢性期脳卒中後嚥下障害に対する両側反復性経頭蓋磁気刺激と集中的嚥下訓練の併用療法. 第50回日本リハビリテーション医学会学術集会.2013年6月.東京
  28. 竹川徹,原貴敏,又吉由紀子,小林健太郎,小林一成,海老原一彰,木村郁夫,安保雅博.脳卒中慢性期上肢痙縮に対する2度目のA型ボツリヌス毒素投与効果. 第50回日本リハビリテーション医学会学術集会.2013年6月.東京
  29. 鈴木尚,船越政範.当院回復期リハ病棟における褥瘡の現況. 第50回日本リハビリテーション医学会学術集会.2013年6月.東京
  30. 中野真宏,船越政範,鈴木尚.当院回復期リハビリテーション病棟における糖尿病の現状. 第50回日本リハビリテーション医学会学術集会.2013年6月.東京
  31. 海老原覚,高橋珠緒,鈴木文歌,坂田佳子,森信芳,長坂誠,伊藤修,上月正博.呼吸感覚による痛覚干渉効果の検討. 第50回日本リハビリテーション医学会学術集会.2013年6月.東京
  32. 高橋珠緒,鈴木文歌,坂田佳子,長坂誠,森正芳,海老原覚,伊藤修,上月正博.肥満症減量療法における呼吸機能検査値の変化. 第50回日本リハビリテーション医学会学術集会.2013年6月.東京
  33. 持尾健二郎,安保雅博,渡邉修,角田亘,百崎良,橋本弦太郎.リハビリテーション科入院患者の転倒が在院日数に与える影響. 第50回日本リハビリテーション医学会学術集会.2013年6月.東京
  34. 青木重陽,粳間剛,日比洋子,鄭健錫,大橋正洋,安保雅博.心肺停止による低酸素脳症の臨床経過. 第50回日本リハビリテーション医学会学術集会.2013年6月.東京
  35. 荒川良三,岡本隆嗣,安東誠一,伊藤新介,岡田昌信,瀧本泰生,前城朝英.回復期リハ病棟入院料1へ経管栄養を要する状態で転院した脳疾患嚥下障害患者の特徴. 第50回日本リハビリテーション医学会学術集会.2013年6月.東京
  36. 坂田佳子,渡邉裕志,鈴木文歌,高橋珠緒,森信芳,長坂誠,海老原覚,伊藤修,上月正博.急性期からの包括的リハビリにより在宅復帰できた重症呼吸不全の一例. 第50回日本リハビリテーション医学会学術集会.2013年6月.東京
  37. 森正芳,鈴木文歌,須田千尋,高橋珠緒,長坂誠,海老原覚,坂田佳子,伊藤修,上月正博.運動負荷に伴い心拍数低下をしめしたサルコイドーシス例. 第50回日本リハビリテーション医学会学術集会.2013年6月.東京
  38. 船越政範,鈴木尚,安保雅博.当院における亜急性期病床の平成24年4月改定による影響について. 第50回日本リハビリテーション医学会学術集会.2013年6月.東京
  39. 山内秀樹,安保雅博.温熱刺激と筋損傷後のカルシニューリン調節のタンパク質DSCRIの発現変化. 第50回日本リハビリテーション医学会学術集会.2013年6月.東京
  40. 長坂誠,鈴木文歌,坂田佳子,室谷嘉一,森正芳,高橋珠緒,海老原覚,伊藤修,上月正博.持続電気刺激に対する血管新生効果(18報):腹筋電気刺激に対する効果その2(筋力). 第50回日本リハビリテーション医学会学術集会.2013年6月.東京
  41. 長坂誠,鈴木文歌,坂田佳子,室谷嘉一,森正芳,高橋珠緒,海老原覚,伊藤修,上月正博.持続電気刺激に対する血管新生効果(19報):腹筋電気刺激に対する効果その3(起居動作・FIM). 第50回日本リハビリテーション医学会学術集会.2013年6月.東京
  42. 佐々木信幸.治療後ではなく治療開始からの急性期リハビリテーション.第27回日本外傷学会総会.2013年5月.福岡
  43. 安保雅博.脳卒中による上肢麻痺に対する低頻度反復性経頭蓋磁気刺激と集中リハを組み合わせた治療法.第31回日本神経治療学会総会.2013年11月.東京
  44. 上出杏里,橋本圭司,岩橋翔,笹沼恭子,岩橋佳子,渡辺雅之.当院における外来患児を対象とした体力向上のための遊びプログラムについて.第67回国立病院総合医学会.2013年11月.金沢
  45. 深澤聡子,松井直子,河本嶺希,上原和美,上出杏里,橋本圭司.当センターにおけるアザラシ型ロボットPAROの活用と今後の課題.第67回国立病院総合医学会.2013年11月.金沢
  46. 松井直子,河本嶺希,深澤聡子,上原和美,上出杏里,橋本圭司.当センターにおける小児血液腫瘍および固形腫瘍に対する作業療法士の取り組み.第67回国立病院総合医学会.2013年11月.金沢
  47. 飯島健,宮村紘平,海老原一彰,安保雅博.両側角膜炎により一時的に視力を失った脳卒中患者へのリハビリテーション介入の一例.第55回日本リハビリテーション医学会関東地方会学術集会.2013年9月.山梨
  48. 佐々木信幸,安保雅博.完全房室ブロックに対するPMIに先行しrTMSを施行した左房粘液腫由来の脳梗塞患者.第55回日本リハビリテーション医学会関東地方会学術集会.2013年9月.山梨
  49. 木村郁夫,又吉由紀子,小林健太郎,辰濃尚,小林一成,安保雅博.脳出血後重度四肢麻痺患者に対しITB療法を施行した1リハ経験.第55回日本リハビリテーション医学会関東地方会学術集会.2013年9月.山梨
  50. 新見昌央,渡邉修,角田亘,百崎良,橋本弦太郎,安保雅博.低酸素脳症により多彩な高次脳機能障害を呈した1例.第55回日本リハビリテーション医学会関東地方会学術集会.2013年9月.山梨
  51. 山田尚基.脳卒中後上肢麻痺に対する、continuous theta burst stimulationと集中的作業療法の併用療法~ケース・シリーズ・パイロット研究~.第55回日本リハビリテーション医学会関東地方会学術集会.2013年9月.山梨
  52. 又吉由紀子,木村郁夫,小林健太郎,辰濃尚,小林一成,安保雅博.当院における婦人科癌術後のリンパ浮腫予防介入の取り組みについて.第55回日本リハビリテーション医学会関東地方会学術集会.2013年9月.山梨
  53. 安保雅博.脳卒中後上肢麻痺に対するニューロリハビリテーションBoNT-AとNEUROについて.第55回日本リハビリテーション医学会学術集会 専門医・臨床認定医生涯教育研修会.2013年9月.山梨
  54. 髙木聡,竹川徹,保木本崇弘,伊東寛史,若井真紀子,安保雅博.左内頚動脈閉塞を若年発症し良好な経過をたどった1症例.第56回日本リハビリテーション医学会関東地方会学術集会.2013年12月.東京
  55. 新見昌央,安保雅博,宮野佐年.股関節の病変により膝痛を呈した2症例.第57回日本リハビリテーション医学会関東地方会学術集会.2014年3月.群馬
  56. 竹川徹,髙木聡,安保雅博.15階からの自死未遂で救命し得た後、良好な身体機能を再獲得した1症例.第57回日本リハビリテーション医学会関東地方会学術集会.2014年3月.群馬
  57. 佐々木信幸,角田亘,安保雅博.高頻度rTMSが動作遅延の改善に効果的であったと考えられる脳梗塞例.第57回日本リハビリテーション医学会関東地方会学術集会.2014年3月.群馬
  58. 木村郁夫,中野枝里子,小林健太郎,竹川徹,辰濃尚,小林一成,安保雅博.NEUROにより改善した上肢機能の三次元動作解析装置による評価の一例.第57回日本リハビリテーション医学会関東地方会学術集会.2014年3月.群馬
  59. 粳間剛,青木重陽,日比洋子,鄭健錫,安保雅博.Functional SPECTを用いた神経学的後遺症評価の有用性の検討:第四報:義足歩行中の脳賦活の全脳画像評価.第57回日本リハビリテーション医学会関東地方会学術集会.2014年3月.群馬
  60. 安保雅博,小林健太郎,新見昌央,小林一成,中野枝里子,木村郁夫,山田尚基.FMRIをベースとした異なる刺激部位の連続経頭蓋磁気刺激治療と集中リハを複数回施行した失語症患者の一例.第57回日本リハビリテーション医学会関東地方会学術集会.2014年3月.群馬
  61. 横井安芸,福田明子,松原麻子,西川拡志,持尾健二郎,安保雅博.観察型ADL評価法、A-ONEを用いて生活障害の原因を捉えた脳動静脈奇形患者の1例.STROKE2014.2014年3月.大阪
  62. 角田亘,佐々木信幸,安保雅博.脳卒中後歩行障害に対する、高頻度反復性経頭蓋磁気刺激と歩行訓練の併用療法.STROKE2014.2014年3月.大阪
  63. 佐々木信幸,角田亘,安保雅博.慢性期脳卒中の下肢運動野に対する高頻度rTMSによる麻痺側上肢への影響.STROKE2014.2014年3月.大阪
  64. 鈴木聡,原貴敏,安井匡,原寛美.Gait Judge Systemによる歩容評価は脳卒中リハビリテーションの質を向上させる.STROKE2014.2014年3月.大阪
  65. 樋口謙次,下地大輔,久保晃,津田泰志,安保雅博.保存期慢性腎臓病3症例における1年間の監視下運動療法の経験.第4回日本腎臓リハビリテーション学会学術集会.2014年3月.福岡
  66. 武原格.脳損傷者の自動車運転再開の実情と身体・高次脳機能.第49回日本交通科学学会.2013年6月.東京
  67. 百崎良.リハビリテーション栄養-リハ効果を高めるための栄養ケア.リハ栄養フォーラム.2013年7月.新潟
  68. 武原格.東京摂食・嚥下研究会の活動を通して.第19回日本摂食・嚥下リハビリテーション学会.2013年9月.岡山
  69. 武原格.NST介入とリハビリ効果.第19回日本摂食・嚥下リハビリテーション学会.2013年9月.岡山
  70. 百崎良.臨床研究のすゝめ.第3回日本リハビリテーション栄養研究会学術集会.2013年11月.新潟

▲ページトップへ

 

Copyright(C) 2007 Department of Rehabilitation Medicine.The Jikei University, School of Medicine. All rights reserved.