研究実績

tag3

 

2012年の研究業績

△各年の研究業績へ

論文一覧

  1. Uruma G, Hashimoto K, Abo M. A new method for evaluation of mild traumatic brain injury with neuropsychological impairment using statistical imaging analysis for Tc-ECD SPECT. Ann Nucl Med. 2012 Dec 20. [Epub ahead of print]
  2. Abo M,Kakuda W,Watanabe M,Morooka A,Kawakami K,Senoo A.Effectiveness of Low-Frequency rTMS and Intensive Speech Therapy in Poststroke Patients with Aphasia:A Pilot Study Based on Evaluation by fMRI in Relation to Type of Aphasia.Eur Neurol.2012.Vol.68.No.4.199-208
  3. Kakuda W,Abo M,Momosaki R,Yokoi A,Fukuda A,Ito H,Tominaga A,Umemori T,Kameda Y.Combined therapeutic application of botulinum toxin type A,low-frequency rTMS,and intensive occupational therapy for post-stroke spastic upper limb hemiparesis.Eur J Phys Rehabil Med.2012.Vol.48.No.1.47-55
  4. Momosaki R,Abo M,Kakuda W,Kobayashi K.Applicability of the Two-Step Thickened Water Test in Patients with Poststroke Dysphagia:A Novel Assessment Tool for Paste Food Aspiration.Journal of Stroke and Cerebrovascular Diseases.2012 Jun 19
  5. Abo M, Kakuda W, Watanabe M, Morooka A, Kawakami K, Senoo A. Effectiveness of Low-Frequency rTMS and Intensive Speech Therapy in Poststroke Patients with Aphasia: A Pilot Study Based on Evaluation by fMRI in Relation to Type of Aphasia. Eur Neurol 2012;68:199-208
  6. Momosaki R, Abo M, Kakuda W, Kobayashi K. Applicability of the Two-Step Thickened Water Test in Patients with Poststroke Dysphagia: A Novel Assessment Tool for Paste Food Aspiration. J Stroke Cerebrovasc Dis. 2012 Jun 19.
  7. Hashimoto K,Miyamura K,Honda M.Evaluation of Ability for Basic Movement Scale for Children Type T(ABMS-CT)indisabled children.Brain Dev.2012.Vol.34.No.5.349-53
  8. Hashimoto K,Matsui N,Yakuwa H,Miyamura K.Evaluation of the Family-rated Kinder Infant Development Scale(KIDS)for Disabled Children.Jikeikai Medical Journal.2012.59.5-9
  9. Kondo T,Kakuda W,Yamada N,Shimizu M,Hagino H,Abo M.Effect of low-frequency rTMS on motor neuron excitability after stroke.Acta Neurol Scand.2012 Apr 12
  10. Kasahara K, Hashimoto K, Abo M, Senoo A.Voxel- and atlas-based analysis of diffusion tensor imaging may reveal focal axonal injuries in mild traumatic brain injury – comparison with diffuse axonal injury. Magn Reson Imaging. 2012 Jan 26.
  11. Takekawa T,Kakuda W,Taguchi K,Ishikawa A,Sase Y,Abo M.Botulinum toxin type A injection,followed by home-based functional training for upper limb hemiparesis after stroke.Int J Rehabil Res.2012.Vol.35.No.2.146-52
  12. Kakuda W,Abo M,Shimizu M,Sasanuma J,Okamoto T,Yokoi A,Taguchi K,Mitani S,Harashima H,Urishidani N,Urashima M and The NEURO Investigators.A multi-center study on low-frequency rTMS combined with intensive occupational therapy for upper limb hemiparesis in post-stroke patients.Journal of NeuroEngineering and Rehabilitation.2012.Vol.9.4
  13. Momosaki R,Abo M,Kakuda W,Uruma G.Which Cortical Area Is Related to the Development of Dysphagia after Stroke? A Single Photon Emission Computed Tomography Study Using Novel Analytic Methods.Eur Neurol.2012.Vol.67.No.2.74-80
  14. 草野みゆき、春原則子、渡辺 基、百崎 良、安保雅博.慢性期失語症患者に対する短期集中的リハビリテーションの効果. 高次脳機能研究.2012.32(4).601-608.
  15. 安保雅博、佐々木信幸、竹川 徹、角田 亘.脳卒中上肢麻痺のリハビリテーション -リハビリテーション科専門医としての主張-. Jpn J Rehabil Med.2012.49.916-920.
  16. 渡邉修.病院で行う高次脳機能障害リハビリテーション.臨床リハ.2012.Vol.21.No.11.1060-8
  17. 岡光孝,岡本隆嗣.在宅生活者の生活期リハビリテーションに関する介護支援専門員へのアンケート調査.総合リハ.2012.Vol.40.No.9.1245-51
  18. 杉山光一,武原格.脳損傷者の自動車運転をどのように支援するか-運転再開に際し知っておきたい自動車改造の知識.作業療法ジャーナル.2012.Vol.46.No.2.156-63
  19. 橋本圭司.高次脳機能障害者の生活の実態と支援.臨床作業療法.2012.9.230-4
  20. 百崎良,田部井功,平本淳,山田高広,濱裕宣,小沼宗大,種村陽子,新見昌央.高齢誤嚥性肺炎患者のペースト食誤嚥に対する二段階トロミ水テストの有用性.静脈経腸栄養.2012.Vol.27.No.4.1063-9
  21. 青木重陽.疾患別画像から症状を読む④頭部外傷.臨床リハ.2012.Vol.21.No.8.726-32
  22. 殷祥洙.先進的リハビリテーション医学技術への応用-歩行分析ロボット支援リハビリテーションへの応用-.総合リハ.2012.Vol.40.No.7.983-90
  23. 安保雅博.失語症における脳機能画像とニューロリハビリテーション.脳神経外科ジャーナル.2012.Vol.21.No.7.527-33
  24. 渡邉修.疾患別画像から症状を読む③クモ膜下出血.臨床リハ.2012.Vol.21.No.7.624-30
  25. 船越政範.障害者手帳.総合リハ.2012.Vol.40.No.5.801-5
  26. 橋本圭司.脳外傷による高次脳機能障害.総合リハ.2012.Vol.40.No.5.530-1
  27. 小林一成.脳卒中患者の機能予後.総合リハ.2012.Vol.40.No.5.499-503
  28. 武原格.脳卒中患者の嚥下機能.総合リハ.2012.Vol.40.No.5.481-5
  29. 山田尚基,角田亘,安保雅博.各種疾患に対するボツリヌス治療 脳卒中(上肢痙縮).MB Med Reha.2012.No.144.48-54
  30. 百﨑良.下肢切断のリハビリテーション栄養.MB Med Reha.2012.No.143.89-92
  31. 渡邉光子,沖田啓子,岡本隆嗣,山縣誉志江,栢下淳.摂食・嚥下障害.Nutrition Care.2012.No.39.116-22
  32. 高取隆至,田中直次郎,岡本隆嗣,藤井靖晃,林内香織,丸田佳克,永見隆二,沖田啓子,真鍋武聰.回復期リハビリテーション病棟における脳卒中クリニカルパスの導入と課題.日本クリニカルパス学会誌.2012.Vol.14.No.1.11-5
  33. 安保雅博,竹川徹,角田亘.BoNT-Aを用いて脳卒中後の上肢痙縮に対するリハビリテーション医療を進める.日本医師会雑誌.2012.Vol.141.No.1.100-1
  34. 橋本圭司.精神障害者保健福祉手帳診断書(高次脳機能障害).総合リハ.2012.Vol.40.No.2.193-7

▲ページトップへ

 

著書一覧

  1. Kakuda W,Abo M.Functional MRI-based strategy of therapeutic rTMS application:a novel approach for post-stroke aphasic patients.In Uner Tan(ed),Latest Findings in Intellectual and Developmental Disabilities Research,In Tech,Rijeka,Croatia,2012
  2. 岡本隆嗣,橋本圭司.2章2.高次脳機能障害者に向き合う姿勢・コミュニケーションのコツ.73-82.転倒・転落を防ぐセーフティマネジメント.金原出版株式会社.2012
  3. 岡本隆嗣,橋本圭司.2章1.高次脳機能障害の医学的理解と社会的理解.64-72.転倒・転落を防ぐセーフティマネジメント.金原出版株式会社.2012
  4. 小林一成.筋委縮性側索硬化症.383-6.標準リハビリテーション医学第3版.東京.医学書院.2012
  5. 安保雅博.脳外傷.341-50.標準リハビリテーション医学第3版.東京.医学書院.2012
  6. 橋本圭司.中枢神経系の損傷.93-102.標準リハビリテーション医学第3版.東京.医学書院.2012
  7. 小林健太郎,布施幸子,小林美加.基礎訓練.180-201.よくわかる嚥下障害第3版.東京.永井書店.2012
  8. 上出杏里,安保雅博.高次脳機能障害合併症例へのリハビリテーション.402-8.腎臓リハビリテーション.東京.医歯薬出版.2012
  9. 堀田智恵,渡邉光子,沖田啓子,杉本真理子,岡本隆嗣.多職種で介入を行った回復期脳卒中患者(仮性球麻痺)の一例.嚥下の臨床 実践編.日本嚥下障害臨床研究会(編集).東京.医歯薬出版.2012
  10. 安保雅博.ボツリヌス療法.The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine 49:  363-367, 2012.

▲ページトップへ

 

発表一覧

  1. 海老原一彰,小林健太郎,稲田晴生,安保雅博.後頭蓋窩巨大脳動脈瘤患者へのリハビリテーション経験.第52回日本リハビリテーション医学会関東地方会.2012年9月.東京
  2. 新見昌央,橋本弦太郎,原貴敏,百崎良,角田亘,渡邉修,小林一成,安保雅博.蛋白同化ステロイド経口投与と適切な疼痛治療によって、筋力増強とADL向上を認めた廃用症候群の1例.第52回日本リハビリテーション医学会関東地方会.2012年9月.東京
  3. 原貴敏,小林一成,竹川徹,上出杏里,又吉由紀子,安保雅博.上肢痙縮,上肢機能改善を目的に低頻度磁気刺激治療,ボツリヌス治療,バクロフェン髄腔内投与を試みた経験.第52回日本リハビリテーション医学会関東地方会.2012年9月.東京
  4. 粳間剛,青木重陽,日比洋子,鄭健錫,上出杏里,竹川徹,海老原一彰,安保雅博.Functional SPECTを用いた神経学的後遺症評価の有用性の検討.第52回日本リハビリテーション医学会関東地方会.2012年9月.東京
  5. 宮村紘平,橋本圭司,安保雅博.ダウン症児に対する足底装具療法の効果に関する検討.第52回日本リハビリテーション医学会関東地方会.2012年9月.東京
  6. 橋本健太郎,新見昌央,原貴敏,百崎良,角田亘,渡邉修,安保雅博.頸椎前後方除圧固定術後に生じた嚥下障害に対してバルーン拡張訓練を行った1例.第52回日本リハビリテーション医学会関東地方会.2012年9月.東京
  7. Yoshida Y,Haga Y,Harashima H,Watanabe S,Ono A,Kojima M,Sato T,Ikehara E,Miyano S,Kakuda W,Abo M.CRININAL EFFECTS OF A COMBINED PROTOCOL OF LOW-FREQUENCY REPETITIVE TRANSCRANIAL MAGNETIC STIMULATION  AND AN INTENSIVE REHABILITATION PROGRAM ON GAIT AND LOWER-LIMB MOTOR FUNCTION IN PATIENTS WITH POSTSTROKE HEMIPARESIS.The 3rd Asia-Occeanian Conference of Physical and Rehabilitation Medicine in Conjunction with The XI Annual Scientific Meeting of The Indonesian Physical Medicine and Rehabilitation Association(AOCPRM).BALI,INDONESIA.5/20~23.2012
  8. 岡本隆嗣.「手足の筋肉のつっぱりに対するリハビリテーション療法」.「脳卒中の後遺症治療」広島市民公開講座.2012年9月.広島
  9. 山田尚基.「あきらめていませんか?脳卒中片麻痺」~磁気刺激治療・ボツリヌス療法を取り入れた集中的リハビリテーションの紹介~.脳卒中リハビリテーション市民公開講座in岡山.2012年8月.岡山
  10. 清水陽子,栃本明子,大関恵理,妹尾由美子,立花秀介,田辺学,小笠原孝,立石睦人,山田隆,小林健太郎,松岡浩.重症の嚥下障害を呈し、大量免疫グロブリン療法(IVIG)が有効だった皮膚筋炎の一例.第53回関東リウマチ研究会.2012年6月.東京
  11. 下本真里絵,西住望,林内香織,沖田啓子,岡本隆嗣.当院回復期病棟における嚥下障害患者の予後予測~経口摂取の可否に影響する因子の検討~.一般社団法人日本言語聴覚士協会総会 第13回日本言語聴覚学会.2012年6月.福岡
  12. 安保雅博.脳機能画像に基づいた経頭蓋磁気刺激療法と集中的言語療法による失語症患者へのアプローチ.一般社団法人日本言語聴覚士協会総会 第13回日本言語聴覚学会.2012年6月.福岡
  13. 小林健太郎,荒川わかな,稲田晴生,安保雅博.重度嚥下障害が残存した慢性期脳卒中患者にVitalStim®を用いた1例.第49回日本リハビリテーション医学会学術集会.2012年5月.福岡
  14. 上出杏里,安保雅博.当院における婦人科がん患者を対象とした術後社会復帰の実態調査.第49回日本リハビリテーション医学会学術集会.2012年5月.福岡
  15. 竹川徹,角田亘,海老原一彰,上出杏里,安保雅博.脳卒中慢性期上肢痙縮に対するA型ボツリヌス毒素の治療効果 手指の麻痺で分類した検討.第49回日本リハビリテーション医学会学術集会.2012年5月.福岡
  16. 海老原一彰,竹川徹,角田亘,上出杏里,安保雅博.脳卒中慢性期上肢痙縮に対するA型ボツリヌス毒素の治療効果 全体での検討.第49回日本リハビリテーション医学会学術集会.2012年5月.福岡
  17. 船越政範,鈴木尚,中野真宏,川田英樹,安保雅博.当院における脳卒中地域連携パスの検討~平成24年2月の県内統一パス開始にむけて~.第49回日本リハビリテーション医学会学術集会.2012年5月.福岡
  18. 青木重陽,日比洋子,鄭健錫,大橋正洋,安保雅博.脳外傷の長期経過-当院再入院症例の検討から-.第49回日本リハビリテーション医学会学術集会.2012年5月.福岡
  19. 粳間剛,竹川徹,上出杏里,海老原一彰,安保雅博.SPECT統計画像解析による脳外傷後高次脳機能障害の診断と重症度分類~eZIS/vbSEEを用いて~.第49回日本リハビリテーション医学会学術集会.2012年5月.福岡
  20. 三谷菅雄,山田尚基,清水正人,小畑哲哉,林原雅子,安保雅博,萩野浩.第49回日本リハビリテーション医学会学術集会.2012年5月.福岡
  21. 山内秀樹,安保雅博.非荷重に伴う骨格筋の退行性変化に対するアナボリックステロイド投与と間欠的再荷重の介入効果.第49回日本リハビリテーション医学会学術集会.2012年5月.福岡
  22. 岡本隆嗣,瀧本泰生,安東誠一,荒川良三,岡田昌信,角田亘,安保雅博.脳卒中後上肢麻痺に対する低頻度反復性経頭蓋磁気刺激中の随意運動の効果について.第49回日本リハビリテーション医学会学術集会.2012年5月.福岡
  23. 佐々木信幸,安保雅博.発症早期脳卒中に対する患側高頻度反復性経頭蓋磁刺激(rTMS)の効果と脳血流量との関係.第49回日本リハビリテーション医学会学術集会.2012年5月.福岡
  24. 中野真宏,船越政範,鈴木尚,川田英樹.当院回復期リハビリテーション病棟における高血圧の現状.第49回日本リハビリテーション医学会学術集会.2012年5月.福岡
  25. 百﨑良,安保雅博,小林一成,角田亘,原貴敏,新見昌央.脳卒中リハビリテーション患者に対する分岐鎖アミノ酸の有用性.第49回日本リハビリテーション医学会学術集会.2012年5月.福岡
  26. 宮村紘平,橋本圭司,安保雅博.小児基本動作評価スケールAbility for basic movement scale for children type-Tの信頼性と妥当性の検討.第49回日本リハビリテーション医学会学術集会.2012年5月.福岡
  27. 武原格.嚥下障害の検査 VFとVE:病態の理解.第49回日本リハビリテーション医学会学術集会.2012年5月.福岡
  28. 渡邉修.認知リハビリテーションのエビデンス.第49回日本リハビリテーション医学会学術集会.2012年5月.福岡
  29. 角田亘.経頭蓋磁気刺激を用いたIntensive Neurorehabilitation~Evidenceの構築を目指して~.第49回日本リハビリテーション医学会学術集会.2012年5月.福岡
  30. 武原格,林泰史,安保雅博,米本恭三,渡邊修,一杉正仁.脳障害者の自動車運転3.脳卒中患者の自動車運転再開.第49回日本リハビリテーション医学会学術集会.2012年5月.福岡
  31. 渡邉修,米本恭三,武原格,林泰史,一杉正仁.脳障害者の自動車運転2.総論・運転中の脳機能画像.第49回日本リハビリテーション医学会学術集会.2012年5月.福岡
  32. 角田亘,安保雅博,山田尚基,清水正人.脳卒中後片麻痺患者に対する低頻度rTMSと集中的作業療法の併用療法が、血清BDNF濃度に与える影響.STROKE2012.2012年4月.福岡
  33. 安保雅博.脳卒中上肢麻痺に対するNEURO(集中リハ+経頭蓋磁気刺激療法).脳卒中のリハビリテーション 最先端・次世代研究開発支援プログ ラムシンポジウム失われた感覚を取り戻す-脳との対話によるリハビリ支援ロボットテクノロジー シンポジュウム:2012年3月1日 早稲田大学 西早稲田キャンパス63号館2階
  34. 草野みゆき,渡邊基,安保雅博.慢性期失語症患者に対する短期集中的リハビリテーションの効果.第35回日本高次脳機能障害学会.2012.3月.鹿児島
  35. 藤永直美,奥平奈保子,武原格,加藤元一郎.パントマイム動作が可能な道具の意味記憶障害を呈した一例.第35回日本高次脳機能障害学会.2012.3月.鹿児島
  36. 新見昌央,原貴敏,百﨑良,角田亘,小林一成,安保雅博.脳梗塞を契機にパーキンソン病が疑われた1例.第51回日本リハビリテーション医学会関東地方会学術集会.2012年3月.埼玉
  37. Kakuda W,Abo M,Momosaki R,Niimi M.Application of combined 6-Hz primed low-frequency rTMS and intensive occupational therapy for upper limb hemiparesis after stroke.第3回日本ニューロリハビリテーション学会学術集会.2012年2月.横浜
  38. 山田尚基,角田亘,安保雅博.脳卒中後上肢麻痺患者を対象とした、反復性経頭蓋磁気刺激による両側大脳同時刺激と集中的作業療法の併用療法~パイロット研究~.第3回日本ニューロリハビリテーション学会学術集会.2012年2月.横浜
  39. 新見昌央,角田亘,安保雅博.上肢麻痺を呈する小児脳卒中に対する、高頻度反復性経頭蓋磁気刺激と集中的作業療法の併用療法~パイロット研究~.第3回日本ニューロリハビリテーション学会学術集会.2012年2月.横浜
  40. 安保雅博.脳卒中後遺症のリハビリテーション~磁気刺激、ボツリヌス療法を中心に~.全国回復期リハビリテーション病棟連絡協議会第19回研究大会in京都.2012年2月.京都
  41. 樋口謙次,下地大輔,齋藤愛子,久保晃,宇都宮保典,細谷龍男,安保雅博.保存期CKD患者に対する運動指導の必要性~身体活動質問紙表と行動変容ステージモデルを用いて~.日本腎臓リハビリテーション学会第2回学術集会.2012年1月.仙台

 ▲ページトップへ

 

Copyright(C) 2007 Department of Rehabilitation Medicine.The Jikei University, School of Medicine. All rights reserved.