研究実績

tag3

 

010年の研究業績

△各年の研究業績へ

論文一覧

  1. Honda M,Hashimoto K, Miyamura K,Goto H, Abo M.Validity and reliability of a computerized cognitive assessment tool‘Higher Brain Functional Balancer’for healthy elderly people.Japanese Journal of Cognitive Neuroscience.2010.Vol12.No.3・4.191-7
  2. Kakuda W, Abo M, Kobayashi K, Momosaki R, Yokoi A, Ito H, Umemori T. Low-frequency rTMS combined with intensive occupational therapy for upper limb hemiparesis after brain tumour resection. Brain Inj. 2010 Oct 1.
  3. Kaji R, Osako Y, Suyama K, Maeda T, Uechi Y, Iwasaki M; GSK1358820 Spasticity Study Group. Botulinum toxin type A in post-stroke upper limb spasticity. Curr Med Res Opin. 2010 Aug;26(8):1983-92.
  4. Kakuda W, Abo M, Kobayashi K, Momosaki R, Yokoi A, Fukuda A, Ishikawa A, Ito H, Tominaga A.Low-frequency repetitive transcranial magnetic stimulation and intensive occupational therapy for poststroke patients with upper limb hemiparesis: preliminary study of a 15-day protocol.Int J Rehabil Res. 2010 Jul 6.
  5. Kakuda W, Abo M, Uruma G, Kaito N, Watanabe M.Low-frequency rTMS with language therapy over a 3-month period for sensory-dominant aphasia: Case series of two post-stroke Japanese patients.Brain Inj. 2010 Jun 22.
  6. Hashimoto K,Goto H,Abo M.Computerized Assessment Tool for Healthy Elderly Persons as a Predictor of Cognitive Function.Jikeikai Med J.2010;57:1-4
  7. Kakuda W,Abo M,Kaito N,Ishilawa A,Tagichi K,Yokoi A.Six-day course of repetitive transcranial magnetic stimulation plus occupational therapy for post-stroke patients with upper limb hemiparesis:A case series study.Disabil Rehabil.2010:32(10):801-7.
  8. Mitani S, Shimizu M, Abo M, Hagino H, Kurozawa Y.Risk factors for second hip fractures among elderly patients. J Orthop Sci. 2010 Mar;15(2):192-7. Epub 2010 Apr 1.
  9. Abo M, Kakuda W.Neuroimaging and neurorehabilitation for aphasia. Brain Nerve. 2010 Feb;62(2):141-9.
  10. Kakuda W, Abo M, Kaito N, Watanabe M, Senoo A. Functional MRI-Based Therapeutic rTMS Strategy for Aphasic Stroke Patients: A Case Series Pilot Study. Int J Neurosci. 2010 Jan;120(1):60-6.
  11. Tanaka T, Hashimoto K, Kobayashi K, Sugawara H, Abo M. Revised version of the ability for basic movement scale (ABMS II) as an early predictor of functioning related to activities of daily living in patients after stroke. J Rehabil Med. 2010 Feb;42(2):179-81.
  12. 橋本圭司.高次脳機能障害リハビリテーション―診断・治療・支援のコツ―.Jpn J Rehabil Med 2010.Vol47.856-61.
  13. 橋本圭司.高次脳機能障害の評価法 評価への戦略.総合リハ.2010.Vol38.No.12.1196-7
  14. 小林健太郎.臨床評価のピットフォール(4)脊髄損傷機能障害.総合リハ.2010.Vol38.No.12.1164-8
  15. 石川篤,角田亘,田口健介,粳間剛,安保雅博.本邦の生活に即した脳卒中後上肢麻痺に対する主観的評価スケール作成の試み-日常生活における「両手動作」と「片手動作」に注目して-.慈恵医大誌.2010.Vol125.No.5.159-67
  16. 荒川わかな,吉澤いづみ,安保雅博.LPGテクニックを用いたリンパ浮腫治療の効果について.慈恵医大誌.2010.Vol125.No.5.153-8
  17. 鈴木尚,船越政範.複数回の脳卒中により複数回入院リハビリテーションを行った症例の検討.臨床リハ.2010.Vol.19.No12.1198-1202
  18. 岡本隆嗣,安東誠一,瀧本泰生,荒川良三,岡田昌信,吉田光男,重信順也,真鍋武聰.専門医が彩る回復期リハビリテーション病棟 在宅復帰を支える回復期リハビリテーション病棟の取り組み.Jpn J Rehabil Med.2010.Vol47.552-8
  19. 青木重陽.当院での半側空間無視の取り組み-脳外傷者を中心に.臨床リハ.2010.Vol19.No.11.1043-7
  20. 木村彰男,安保雅博,川手信行,大迫由佳,陶山和明,前田俊夫,植地泰之,岩崎甫.A型ボツリヌス毒素製剤(Botulinum Toxin Type A)の脳卒中後の上肢痙縮に対する臨床評価-プラセボ対照二重盲検群間比較試験ならびにオープンラベル反復投与試験-.Jpn J Rehabil Med.2010.Vol.47.No.10.714-27
  21. 粳間剛,安保雅博.高次脳機能障害とその症状に対する「治療的環境」.綜合臨床.2010.Vol59.No10.2141-2
  22. 小林健太郎,安保雅博.言語障害.Medical Practice.2010.Vol27.No.10.1688-90
  23. 木村彰男,安保雅博,川手信行,大迫由佳,陶山和明,前田俊夫,植地泰之,岩崎甫.A型ボツリヌス毒素製剤(Botulium Toxin Type A)の脳卒中後下肢痙縮に対する臨床評価-プラセボ対照二重盲検群間比較試験ならびにオープンラベル反復投与試験-.Jpn J Rehabil Med.Vol47.No.9.626-36
  24. 大橋正洋,別府政敏.片麻痺の歩行分析.Jpn J Rehabil Med.Vol47.No.9.597-602
  25. 米本恭三,橋本圭司.インタビュー「リハビリテーション温故知新」第2回 信念が明日を切り拓く.総合リハ.2010.Vol.38.No.9.882-6
  26. 宮村紘平,橋本圭司.Traumatic Brain Injury Model System.臨床リハ.2010.Vol19.No9.888-93
  27. 大橋正洋,林恵子.リハビリテーションと臨床心理 わが国における現状と課題.総合リハ.2010.Vol.38No.8.717-21
  28. 粳間剛,安保雅博.リンパ浮腫治療に関する制度・診断とリハビリテーション治療の役割 テーラーメイド的介入の視点.作業療法ジャーナル.2010.Vol.44.No.9.896-901
  29. 宮野佐年.リハビリテーションと血圧の管理.Med Reha.2010.No.120.73-81
  30. 小林健太郎,小林美加.嚥下訓練のリスク管理.Med Reha.2010.No.120.65-72
  31. 小林一成.リハビリテーションと心負荷.Med Reha.2010.No.120.9-16
  32. 小林一成.ゴール設定に必要な予後予測 脳卒中.総合リハ.2010.Vol 38.No.7.613-21
  33. 佐々木信幸,杉浦實,長尾佳人,曽我敏雄,安保雅博.義足歩行のための下肢切断における注意.Visual Dermatology.2010.Vol 9.No.1.2-4
  34. 殷祥洙.歩行はさらに改善するか.臨床リハ.2010.Vol19.No.7.635-42
  35. 佐々木信幸,安保雅博.当院救命救急センターにおけるリハビリテーション.臨床リハ.2010.Vol19.No5.444-51
  36. 百崎良,安保雅博,猪飼哲夫.透析患者における脳卒中後リハビリテーションの経験.臨床リハ.2010.Vol19.544-8
  37. 武原格.脳損傷者の自動車運転(1)現状と課題.総合リハ.2010.Vol.38 No.5.457-60
  38. 後藤杏里,粳間剛,安保雅博.リハ医のモヤモヤ解決!こんなときどうする?リハ患者の意欲が乏しい.臨床リハ.2010.Vol.19 No.4.393-7
  39. 小林一成.脳卒中患者.臨床リハ.2010.Vol.19 No.4.320-6
  40. 青木重陽.第33回日本高次脳機能障害学会.臨床リハ.2010.Vol.19.No2.188
  41. 鈴木禎,巷野昌子,齋藤有紀.Hyperlexiaおよびambient echolaliaに対して反響誘発試験を行った脳梗塞の1例.Jpn J Rehabil Med.2010.Vol47.54-8
  42. 渡辺基,安保雅博,橋本圭司.認知機能評価とIT.総合リハ.2010.Vol38.No1.15-20
  43. 菅原英和.回復期リハビリテーションチームにおけるITの活用.総合リハ.2010.Vol38.No1.7-14
  44. 佐々木信幸,松本真由美,青木雄二,安保雅博.Stiff Person症候群のリハビリテーションにおける筋弛緩剤と部分体重免荷歩行器訓練の有効性.臨床リハ.2010.Vol19.No1.94-8
  45. 大場秀樹,原譲之,武原格.脳卒中片麻痺:室内歩行レベルで一部家事も行う主婦.臨床リハ.2010.Vol19.No1.59-64

▲ページトップへ

 

著書一覧

  1. 安保雅博,角田亘,横井安芸/ほか.rTMSと集中的作業療法による手指機能回復へのアプローチ.三輪書店.2010
  2. 橋本圭司.リハビリテーション入門 失われた機能をいかに補うか.PHP新書.2010
  3. 橋本圭司.高次脳機能を育てる.関西看護出版.2010
  4. 橋本圭司.高次脳機能障害に対する訓練計画.258-61.リハ医とコメディカルのための最新リハビリテーション医学.先端医療研究所.2010
  5. 小林健太郎,安保雅博.嚥下障害に対する治療的電気刺激.244-8.リハ医とコメディカルのための最新リハビリテーション医学.先端医療技術研究所.2010
  6. 後藤杏里・安保雅博.廃用症候群.659-666.新老年学第3版.東京大学出版会.2010
  7. 安保雅博.脳血管障害による運動麻痺のリハビリテーション.今日の治療方針.2010.Vol.52.773-4

▲ページトップへ

 

発表一覧

  1. Momosaki R,Abo M,Kakuda W,Uruma G,Kobayashi K.Which cortical area is related to the development of dysphagia after stroke?:a SPECT study using novel analytic methods.Asian Congress of Neurorehabilitation.(Pattaya,Thailand)12/5~12/8,2010
  2. Wataru Kakuda,Masahiro Abo,Kazashige Kobayashi,Ryo Momosaki,Aki Yokoi,Akiko Fukuda,Atsushi Ishikawa,Hiroshi Ito.Low-frequency rTMS plus intentive occupational therapy improves motor function and reduces apasticity of paretic upper limb in post-stroke patients:A pilot study.6th World Congress for Neurorehabilitation Hofburg Congress Center Vienna,Austria.3/21~3/25,2010
  3. W.Kakuda,M.Abo,K.Kobayashi,R.Momosaki,A.Yokoi,A.Fukuda,H.Ito,A.Tominaga,T.Umemori,Y.Kameda.Combination Treatment of Low-frequency rTMS and Intensive Occupational Thrapy for Poststroke Patients With UpperLimbHemiparesis.International Stroke Conference 2010(San Antonio,Texas)2/24~2/26
  4. 粳間剛,内尾紀彦,上出杏里,竹川徹,安保雅博.軽症脳外傷後遺症による高次脳機能障害をTc-ECD SPECT統計画像解析で診断する基準を確立する試み.第22回日本脳循環代謝学会総会.大阪.2010年11月.
  5. 渡辺基,鎌田麻衣子,安保雅博,吉野眞理子.日本語版The Communicative Effectiveness Indexの作成およびその心理測定学的特徴についての分析.第34回日本高次脳機能障害学会.埼玉.2010年11月
  6. 小林一成,上出良一,河野修三,海渡信義,加藤陽子,赤川直子,大平綾子,中平美雪,大井田亘,八城直子,原田千絵,佐藤直子,渡辺ひさみ,佐藤 淳子.身近で起きている人権侵害「虐待」から患者さんを守るために:家庭内医療問題支援委員会の取り組み・第一報.第107回成医会第三支部例 会.2010年7月
  7. 五十嵐祐介,中山恭秀,福田明子,伊東寛史,来住野健二,川幡麻美,冨永あゆ美,相羽宏,梅森拓磨,亀田有美.ホスピタルフェアにおけるリハビリテーション科の取り組み.第107回成医会第三支部例会.2010年7月
  8. 百崎良,高岸敏晃,角田亘,小林一成.脳卒中患者における家屋改修と退院前訪問指導.第107回成医会第三支部例会.2010年7月
  9. 百崎良,平本淳,山田高広,北川和男,田中久代,石川幹子,出雲正治,栗原香織,鈴木晴美,二瓶尚子,種村陽子,亜厂理恵,師岡あずさ,三輪奈緒,亜厂耕介.NST介入効果の予後予測.第107回成医会第三支部例会.2010年7月
  10. 小林健太郎.【ランチョンセミナー】「嚥下障害の治療的電気刺激」.リハビリテーション・ケア合同研究大会.2010年10月.山形
  11. 巷野昌子,鈴木禎,安保雅博.東京逓信病院における脳卒中患者会開催の試み.第45回日本リハビリテーション医学会関東地方会.2010年3月27日.東京
  12. 酒井亮介,妹尾淳史,赤堀亮,安保雅博.Diffusion Tensor Imageにおける脳卒中後上肢麻痺治療前後の比較.第20回日本保健科学学会学術集会.2010年10月.東京
  13. 百崎良.脳卒中後嚥下障害者における半固形食物性と嚥下動態.第16回日本摂食・嚥下リハビリテーション学会学術大会.2010年9月.新潟
  14. 鈴木禎,巷野昌子,安保雅博.当院における高次脳機能障害への取り組みについて.第47回日本リハビリテーション医学会学術集会.2010年5月.鹿児島
  15. 百崎良,粳間剛,角田亘,小林一成,安保雅博.脳卒中後嚥下障害患者における局所脳血流評価.第47回日本リハビリテーション医学会学術集会.2010年5月.鹿児島
  16. 宮村紘平,西村順裕,小林一成,安保雅博,清水博之.エンテロウイルス71の受容体発現マウス細胞での増殖にかかわるウイルス変異の解析.第47回日本リハビリテーション医学会学術集会.2010年5月.鹿児島
  17. 岡本隆嗣,瀧本泰生,荒川良三,岡田昌信,安東誠一,安保雅博.回復期リハビリテーション病棟における再発脳卒中患者の予後について~第2報 病巣側による検討~.第47回日本リハビリテーション医学会学術集会.2010年5月.鹿児島
  18. 船越政範,鈴木尚,川田英樹,中澤征人,安保雅博.回復期リハビリテーション病棟での日常生活機能評価とFIMとの関係~地方都市における検討~.第47回日本リハビリテーション医学会学術集会.2010年5月.鹿児島
  19. 小林健太郎,荒川わかな,菅原英和,安保雅博.VitalStim Therapyにおける電極の刺激強度設定についての検討.第47回日本リハビリテーション医学会学術集会.2010年5月.鹿児島
  20. 杉本淳,辰濃尚.発症後長期間経過したにもかかわらず経口摂取が可能となった症例について.第47回日本リハビリテーション医学会学術集会.2010年5月.鹿児島
  21. 菅原英和,小林健太郎,荒川わかな,安保雅博.PG加圧バッグを用いた半固形経腸栄養剤の経鼻胃管カテーテルへの注入と実用性の検討.第47回日本リハビリテーション医学会学術集会.2010年5月.鹿児島
  22. 角田亘,安保雅博,小林一成,百崎良.脳卒中後上肢麻痺に対する外来治療としての反復性経頭蓋磁気刺激と集中的作業療法の併用療法.第47回日本リハビリテーション医学会学術集会.2010年5月.鹿児島
  23. 佐々木信幸,安保雅博.タッチパネルPCやTVゲームを用いた高次脳訓練の患者視点からの有用性.第47回日本リハビリテーション医学会学術集会.2010年5月.鹿児島
  24. 殷祥洙,安保雅博.当センターにおける自動車運転再開支援の取り組み.第47回日本リハビリテーション医学会学術集会.2010年5月.鹿児島
  25. 武原格,安保雅博,渡邉修,一杉正仁,林泰史.運転における周辺環境の脳神経活動への影響-近赤外分光法による検討-.第47回日本リハビリテーション医学会学術集会.2010年5月.鹿児島
  26. 青木重陽,日比洋子,鄭健錫,大橋正洋,安保雅博.脳外傷者の歩行能力の転帰.第47回日本リハビリテーション医学会学術集会.2010年5月.鹿児島
  27. 粳間剛,後藤杏里,濱田万弓,安保雅博.言語関連領域局所脳損傷とSLTA成績の関連性:eZISおよびVbSEEを用いたTc-ECD SPECT統計画像解析による検討.第47回日本リハビリテーション医学会学術集会.2010年5月.鹿児島
  28. 後藤杏里,粳間剛,安保雅博.内部障害・難病患者を対象に含めたスポーツフェスティバルの開催について(第2報).第47回日本リハビリテーション医学会学術集会.2010年5月.鹿児島
  29. 荒川わかな,安保雅博,菅原英和,小林健太郎.LPGテクニックを用いたリンパ浮腫治療の効果について.第47回日本リハビリテーション医学会学術集会.2010年5月.鹿児島
  30. 小山照幸.平成20年度診療報酬改定後の全国のリハビリテーション届出医療機関の現状.第47回日本リハビリテーション医学会学術集会.2010年5月.鹿児島
  31. 橋本圭司.高次脳機能障害リハビリテーション-診断・治療・支援のコツ-.第47回日本リハビリテーション医学会学術集会.2010年5月.鹿児島
  32. 安保雅博,山内秀樹.脳損傷モデルとその解析.第47回日本リハビリテーション医学会学術集会.2010年5月.鹿児島
  33. 渡邉修,来間弘展,村上仁之,妹尾淳史,米本恭三,松田雅弘,武原格,林泰史,一杉正仁.機能的MRIおよび機能的近赤外分光法のリハビリテーション医学への応用.第47回日本リハビリテーション医学会学術集会.2010年5月.鹿児島
  34. 角田亘,安保雅博,小林一成,百崎良.脳卒中後上肢麻痺に対する低頻度経頭蓋磁気刺激と集中的作業療法の併用療法.脳卒中学会.2010年4月17日.盛岡

 ▲ページトップへ

 

Copyright(C) 2007 Department of Rehabilitation Medicine.The Jikei University, School of Medicine. All rights reserved.