研究実績

tag3

 

2009年の研究業績

△各年の研究業績へ

論文一覧

  1. Hideki Yamauchi,Kouhei Miyamura,Masahiro Abo.Proteomic Assessment of Important Proteins for Motor Recovery in a Rat of Important Proteins for Motor Recovery in a Rat Model of Photochemically-Induced Thrombosis.The Journal of Applied Research.2009:vol.9,No.4
  2. Uruma G,Kakuda W,Abo M.“Changes in regional cerebral blood flow in the right cortex homologous to left language areas are directly affected by left hemispheric damage in aphasic stroke patients:Evaluation by Tc-ECD SPECT and novel analytic software”.Eur J Neurol.2009:Nov17
  3. AboM, Kasahara K, Kakuda W, Senoo A. Functional MRI activation in repetition task using block and event-related design. The Journal of Applied Research.2009, 9, 119-122.
  4. Kakuda W, Abo M, kaito N, Senoo A, Watanabe M.Repetitive Low-Frequency Transcranial Magnetic Stimulation Pluse Speech Therapy over a Six-Month Period Improved Naming and Writing. Jikeikai Med J 2009; 56: 31-36
  5. Hashimoto K, Abo M.Abnormal Regional Benzodiazepine Receptor Uptake in the Prefrontal Cortex in Patients with Mild Traumatic Brain Injury. J Rehabil Med 2009.41.661-5
  6. 武原格.嚥下障害の診断-身体所見、局所症状から画像まで.日本医師会雑誌.2009.Vol138.No.9.1743-6
  7. 武原格.高齢者への応急処置・救急疾患とその対策 誤飲・誤嚥.日本医師会雑誌.Vol.138.特別号.272-3
  8. 武原格,林泰史,一杉正仁,渡邉修,安保雅博.脳卒中患者の自動車運転再開についての実態調査.日本交通科学協議会誌.2009.Vol.9.No.1.51-5
  9. 稲田晴生.胃食道逆流と誤嚥性肺炎.日医雑誌.Vol.138.No.9.1789-91
  10. 金森輝光,臼井友一,村松正文,古和田涼子,保木本崇弘,田中真希,姉崎由佳,辰濃尚.多発外傷患者における早期離床について.慈恵医大誌.2010.238
  11. 角田亘,百崎良,宮村紘平,高橋珠緒,横井安芸,福田明子,伊東寛史,冨永あゆ美,梅森拓磨,亀田有美,小林一成,安保雅博.脳卒中後上肢麻痺に対する先進的治療アプローチ:経頭蓋磁気刺激と集中的作業療法の併用療法(NEURO-15).慈恵医大誌.2009.
  12. 小林健太郎,瀬田拓,菅原英和,佐藤ちどり,野口祐子,安保雅博.妊娠後期に脳卒中による片麻痺を合併した1症例.産婦人科の実際.2009.2073-7
  13. 宮野佐年.Medical Rehabilitation 編集企画にあたって.Med Reha.2009.前付1
  14. 岡本隆嗣,杉本真理子.リハビリテーションKey word日常生活機能評価(看護必要度)(解説).臨床リハ.2009.916-7
  15. 青木重陽.社会的行動障害へのリハビリテーションアプローチ.臨床リハ.1080-6
  16. 角田亘,安保雅博.抗加齢ホルモン.臨床リハ.1127
  17. 安保雅博,後藤杏里,角田亘,橋本圭司,小林一成.脳卒中リハビリテーションと首都圏における地域連携パス.脳卒中.2009.502-7
  18. 百崎良,安保雅博,平本淳,旗川陽子,草野みゆき.食品物性の違いによる嚥下内視鏡所見の検討.臨床栄養.2009.201-4
  19. 草野みゆき,百崎良.全身状態が嚥下機能に与える影響.呼吸ケアと誤嚥ケア.2009.11-5
  20. 俵祐一,片桐伯真.がん患者に対するリハビリテーションの実際.Med Reha.2009.21-7
  21. 小林健太郎,布施幸子,菅原英和,安保雅博.従来の嚥下訓練では改善が困難と考えられた重度嚥下障害に電気刺激治療が奏功した1例.臨床リハ.1045-9
  22. 片桐伯真.摂食・嚥下障害における経腸栄養と経静脈栄養:全般.MB Med Reha.2009.9.131-7
  23. 佐々木信幸,安保雅博.失語症.臨床リハ.2009.776-81
  24. 小林健太郎.表面筋電図.臨床リハ.2009.828-30
  25. 橋本圭司.高次脳機能障害診断書.臨床リハ.2009.842-6
  26. 粳間剛,安保雅博.MLD(Manual Lymphatic Drainage).2009.753-4
  27. 橋本圭司.IT技術を駆使した認知機能評価.臨床リハ.2009.741-3
  28. 大橋正洋.ピアサポート.臨床リハ.2009.729-33
  29. 橋本圭司.Brain scienceのトピックス.外傷性脳損傷:認知リハビリテーションの進歩.Jpn J Rehabil Med 2009.46.418-22.
  30. 菅原英和,百崎良,小林健太郎,安保雅博.半固形軽腸栄養剤導入により胃食道逆流が著明に改善したワレンベルグ症候群の1例.総合リハ.2009.671-5
  31. 角田亘.脳卒中診療の最新動向~International Stroke Conference2009のトピックを中心に.臨床リハ.2009.651-7
  32. 小林健太郎,瀬田拓.【リハビリテーション関係者が知っておくべき精神科疾患・精神医学】リハビリテーション専門医の立場から.Med Reha.2009.47-51
  33. 橋本圭司.良くなったから社会に戻るのではなく社会に戻ったから良くなる. 総合リハ 2009.493.
  34. 青木重陽.ウェクスラー記憶検査.臨床リハ.2009.433-6
  35. 百崎良,菅原英和,安保雅博.脳卒中患者の退院前訪問指導に関する検討.Jpn J Rehabil Med.2009.18.464-8
  36. 渡邉 修,山口武兼,橋本圭司,猪口雄二,菅原誠.東京都における高次脳機能障害者総数の推計. Jpn J Rehabili Med 2009.46.118-25.
  37. 小林健太郎,安保雅博.呼吸のメカニズム.日在医会誌.2009.194-5
  38. 宮村紘平,柳舜仁,小林一成.Take him out to the rugby game.総合リハ.2009.170-2
  39. 岡本隆嗣.平成20年度診療報酬改定 当院の対応 回復期リハ病棟特化型病院(1)質の担保・向上のエビデンス提示へ.全国回復期リハビリテーション病棟連絡協議会機関誌.2009.24-6
  40. 安保雅博.失語症の回復と機能再編.Jpn J Rehabil Med.2009.32-4
  41. 角田亘,安保雅博.先進的医療技術を駆使した治療戦略.総合リハ.2009.11-6
  42. 橋本圭司.わが国における現状と課題.総合リハ.2009.7-10
  43. 渡邉 修.高次脳機能障害の検査と解釈 ウェクスラー成人知能検査(WAIS-Ⅲ). 臨床リハ. 2009. 18. 44-8.
  44. 橋本圭司.脳外傷による高次脳機能障害者への包括的リハビリテーションの実践.臨床リハ. 2009. 18. 52-7.

▲ページトップへ

 

著書一覧

  1. 脳解剖から学べる高次脳機能障害リハビリテーション入門.安保雅博監修・橋本圭司・上久保毅編著.東京.診断と治療社.2009
  2. 知ってるつもりのリハビリテーションの常識非常識.安保雅博・橋本圭司編著.東京.三輪書店.2009
  3. 高次脳機能リハビリテーション看護.中村俊規監修・橋本圭司・鞆総淳子著.大阪.関西看護出版.2009
  4. 橋本圭司.1人でもできるリハビリテーション.東京.法研.2009.

▲ページトップへ

 

発表一覧

  1. Satoshi Miyano.Evidence and experience based medicine along with narrative basedmedicine.at5th congress of ISPRM in Istanbul.2009年6月
  2. Wataru Kakuda,Masahiro Abo,Nobuyoshi Kaito,Motoi Watanabe.a Novel Approach Stroke Patients:Functional MRI-based Therapeutic rTMS Strategy.INTERNATIONAL STROKE conference.San Diego.2009年2月
  3. 上出杏里.内部障害・難病指定患者を対象に含めたスポーツフェスティバル開催への取り組みについて~医療サポート体制の構築とからだ検定プログラ ムへの試み~.日本体力医学会関東地方会シンポジウムⅡ「ウォーク&ランフェスタ2009」の体力学的意義.2010年3月13日
  4. 佐々木信幸,安保雅博.Stiff Person症候群のリハビリテーションにおける筋弛緩剤と部分体重免荷歩行器訓練の有効性.第42回日本リハビリテーション医学会関東地方会.東京.2009年3月
  5. 角田亘,安保雅博,渡辺基.脳梗塞後の感覚性失語に対する経頭蓋磁気刺激の治療的適用.第33回日本高次脳機能障害学会学術総会.札幌.2009年10月
  6. 渡辺基,青木昌子,鎌田麻衣子,安保雅博,橋本圭司.頭部外傷症例におけるCog Healthを用いた高次脳機能スクリーニングの有用性の検討.第33回日本高次脳機能障害学会学術総会.札幌.2009年10月
  7. 安河内奈々,大橋正洋.複視を主訴とした頭部外傷一例への作業療法の経験.第33回日本高次脳機能障害学会学術総会.札幌.2009年10月
  8. 和田陽介,佐藤友里,橋本育子,中村智之,加藤真理,片桐伯真.抗凝固剤による下肢皮下・筋肉内血腫をきたした3症例.Jpn J Rehabil Med.第25回日本リハビリテーション医学会 中部・東海地方会2009年9月
  9. 粳間剛,角田亘,安保雅博.左半側空間無視の責任病巣-eZIS,vbSEEを用いたBrodmann野レベルでの検討.第21回日本脳循環代謝学会総会.2009年11月
  10. 粳間剛.「【ランチョンセミナー】形態画像と機能画像の融合eZIS,vbSEEを用いた脳循環の評価-高次脳機能障害の診断,評価への応用の可能性について-」第21回日本脳循環代謝学会総会.2009年11月
  11. 百崎良.嚥下障害診療に必要な栄養サポートの基礎知識.第10回なかの摂食・嚥下研究会記念講演会.中野.2009年10月
  12. 小林健太郎.嚥下障害の電気刺激治療.第33回日本高次脳機能障害学会.北海道.2009年10月
  13. 小林健太郎.摂食・嚥下障害の主な原因疾患.第2回摂食・嚥下評価専門研修公開講座.東京.2009年10月
  14. 百崎良,宮村紘平,高橋珠緒,角田亘,小林一成,安保雅博.Wallenberg症候群に対する反復経頭蓋磁気刺激(r-TMS)の使用経験.日本リハビリテーション医学会関東地方会.2009年9月
  15. 荒川わかな,小林健太郎,菅原英和,安保雅博.脳幹部梗塞により重度四肢麻痺を呈した小児のリハビリ経験.日本リハビリテーション医学会関東地方会.2009年9月
  16. 小林健太郎.ランチョンセミナー:嚥下障害の電気刺激治療.第46回日本リハビリテーション医学会学術集会.静岡.2009年6月
  17. 佐藤友里,藤島一郎,片桐伯真,和田陽介,橋本育子,高橋春子,中村智之.頸髄損傷後に咽頭後壁に血腫を伴い嚥下障害を合併した一例.第46回日本リハビリテーション医学会学術集会.静岡.2009年6月
  18. 岡本隆嗣,安保雅博.回復期リハビリテーション病棟における再発脳卒中患者の予後について.第46回日本リハビリテーション医学会学術集会.静岡.2009年6月
  19. 和田陽介,片桐伯真,佐藤友里,橋本育子,中村智之,高橋春子,藤島一郎.嚥下造影検査後の消化器合併症および消化管内バリウム残留の検討.第46回日本リハビリテーション医学会学術集会.静岡.2009年6月
  20. 船越政範,鈴木尚,川田英樹,安保雅博.栃木県における重度障害者用意思伝達装置の交付状況.第46回日本リハビリテーション医学会学術集会.静岡.2009年6月
  21. 高岸敏晃,天本宏,安保雅博.当院における早期アルツハイマー病診断支援システム(VSRAD)の使用経験.第46回日本リハビリテーション医学会学術集会.静岡.2009年6月
  22. 片桐伯真,佐藤友里,橋本育子,和田陽介,中村智之,高橋春子,西村立,藤島一郎.急性期総合病院内での他科との連携からみたリハビリテーション病棟の有効性と課題.第46回日本リハビリテーション医学会学術集会.静岡.2009年6月
  23. 佐々木信幸,安保雅博.脳卒中発症後早期におけるAdvanced Trail Making TestによるAttention Process Training.第46回日本リハビリテーション医学会学術集会.静岡.2009年6月
  24. 高橋珠緒,宮村紘平,粳間剛,百崎良,小林一成,安保雅博.大脳深部白質病変重症度と退院時FIMとの関連性に関する検討.第46回日本リハビリテーション医学会学術集会.静岡.2009年6月
  25. 田中平,橋本圭司,小林健太郎,菅原英和,安保雅博.ABMS-2の臨床的有用性~都立大塚病院における検討~.第46回日本リハビリテーション医学会学術集会.静岡.2009年6月
  26. 佐々木万弓,小室元,菅俊光,柴田斉子,吉田清和,宮永豊,臼井二美男,梅沢慎吾.QUESTを使用した義足満足度アンケート調査.第46回日本リハビリテーション医学会学術集会.静岡.2009年6月
  27. 粳間剛,宮村紘平,百崎良,高橋珠緒,小林一成,角田亘,安保雅博.新たなSPECT解析法による左半側空間無視症例の局所脳血流評価~症状発現につながる血流低下閾値決定の試み.第46回日本リハビリテーション医学会学術集会.静岡.2009年6月
  28. 渡邉修,武原格,一杉正仁,林泰史,米本恭三.ドライビングシュミレーター操作中の脳血流動態-近赤外分光法による測定-.第46回日本リハビリテーション医学会学術集会.静岡.2009年6月
  29. 殷祥洙,田中平,安保雅博.床反力スペクトル解析の妥当性の検討-脳卒中片麻痺患者の歩行について.第46回日本リハビリテーション医学会学術集会.静岡.2009年6月
  30. 鈴木禎,巷野昌子,安保雅博.当院におけるリハビリテーション科一般病床の現状.第46回日本リハビリテーション医学会学術集会.静岡.2009年6月
  31. 中村智之,橋本育子,高橋春子,佐藤友里,和田陽介,片桐伯真,藤島一郎.精神科入院患者に対する総合病院リハビリテーション科の役割.第46回日本リハビリテーション医学会学術集会.静岡.2009年6月
  32. 後藤杏里,安保雅博.内部障害・難病指定患者を対象に含めたスポーツフェスティバル開催への取り組みについて.第46回日本リハビリテーション医学会学術集会.静岡.2009年6月
  33. 武原格,安保雅博,渡邉修,一杉正仁,林泰史.アンケートによる脳血管障害患者の交通社会復帰の実態調査.第46回日本リハビリテーション医学会学術集会.静岡.2009年6月
  34. 山内秀樹,安保雅博.高齢期の非荷重による骨格筋Akt活性の低下と抵抗運動の介入効果.第46回日本リハビリテーション医学会学術集会.静岡.2009年6月
  35. 山内秀樹,安保雅博.骨格筋への温熱刺激によるAktの活性化と損傷後の再生促進効果.第46回日本リハビリテーション医学会学術集会.静岡.2009年6月
  36. 伊藤敬,佐藤豊,稲田晴生.2度の脳室拡大にPT/STとシャント圧低下が症状の改善をもたらした正常圧水頭症を合併した脳梗塞の1例.第46回日本リハビリテーション医学会学術集会.静岡.2009年6月
  37. 百崎良,粳間剛,高橋珠緒,宮村紘平,小林一成,安保雅博.食品物性の違いによる嚥下内視鏡所見の検討.第46回日本リハビリテーション医学会学術集会.静岡.2009年6月
  38. 橋本育子,藤島一郎,片桐伯真,佐藤友里,和田陽介,高橋春子,中村智之.当院外来腎不全血液透析患者に対する質問紙による嚥下障害スクリーニング.第46回日本リハビリテーション医学会学術集会.静岡.2009年6月
  39. 柴田斉子,佐々木万弓,菅俊光,吉田清和.食道癌術後嚥下障害に対する評価手段の検討.第46回日本リハビリテーション医学会学術集会.静岡.2009年6月
  40. 小林健太郎,菅原英和,安保雅博.クエン酸溶液飲みテストの有用性について.第46回日本リハビリテーション医学会学術集会.静岡.2009年6月
  41. 高橋春子,藤島一郎,中村智之,橋本育子,和田陽介,佐藤友里,片桐伯真,生駒一憲.嚥下造影検査・嚥下内視鏡検査における喉頭蓋の形状の分類.第46回日本リハビリテーション医学会学術集会.静岡.2009年6月
  42. 角田亘,安保雅博.脳卒中後上肢麻痺に対する低頻度経頭蓋磁気刺激と集中的作業療法の併用療法.第46回日本リハビリテーション医学会学術集会.静岡.2009年6月
  43. 安保雅博.FMRIならびにrTMSと集中的リハビリテーションを組み合わせた上肢麻痺機能改善への試み.第46回日本リハビリテーション医学会学術集会.静岡.2009年6月
  44. 片桐伯真.高次脳機能障害の地域リハビリテーションアウトカム~地域格差が生じる中での今後の課題~.第46回日本リハビリテーション医学会学術集会.静岡.2009年6月
  45. 船越政範.脳卒中のリハビリテーション.第12回脳卒中市民シンポジウム.栃木.2009年5月
  46. 安保雅博.脳卒中リハビリテーションと首都圏における地域連携パス.Stroke2009.島根.2009年3月
  47. 角田亘,安保雅博,海渡信義,妹尾淳史,渡邉基.脳卒中後失語症に対する低頻度反復性経頭蓋磁気刺激の外来通院下における長期的導入.Stroke2009.島根.2009年3月
  48. 粳間剛,宮村紘平,百崎良,高橋珠緒,小林一成,角田亘,安保雅博.失語症を呈する慢性期脳卒中患者における代償性局所脳血流増加:新たなSPECT総計画像解析ソフトを用いた検討.第42回日本リハビリテーション医学会関東地方会.2009年3月
  49. 橋本圭司.脳外傷による高次脳機能障害者への包括的リハビリテーションの実践. 第1回愛宕ニューロリハカンファレンス. 東京. 2009年2月

 ▲ページトップへ

Copyright(C) 2007 Department of Rehabilitation Medicine.The Jikei University, School of Medicine. All rights reserved.